第26回夏季五輪 (アトランタ、1996年)

1996年夏季オリンピック大会
1996 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1996 (フランス語)

【開催都市】
USA.png
アトランタ、アメリカ合衆国
Atlanta, USA
Atlanta, ÉUA


【開催期間】
1996年7月19日-8月4日

【開会宣言】
ビル・クリントン (アメリカ大統領)

【選手宣誓】
テレサ・エドワーズ (アメリカ選手団、女子、バスケットボール)

【参加国・地域】
197ヶ国・地域
Participating_nations_1996_Summer_Olympics_.png
1972年のミュンヘン大会以来、内戦によりオリンピックに参加できなかったカンボジアが、24年ぶりにオリンピックに復帰した。

【参加人数】
1万342人 (男子6822人、女子3520人)

【実施競技】
29競技271種目
▼陸上(44種目)
▼競泳(32種目)
▼レスリング(20種目)
▼体操(16種目) - 新体操を含む
▼カヌー(16種目)
▼射撃(15種目)
▼ボート(14種目)
▼自転車(14種目)
▼柔道(14種目)
▼ボクシング(12種目)
▼重量挙げ(10種目)
▼セーリング(10種目)
▼フェンシング(10種目)
▼馬術(6種目)
▼バドミントン(5種目)
▼テニス(4種目)
▼卓球(4種目)
▼バレーボール(4種目) - ビーチバレーを含む
▼飛込(4種目)
▼アーチェリー(4種目)
▼バスケットボール(2種目)
▼ハンドボール(2種目)
▼サッカー(2種目)
▼ホッケー(2種目)
▼近代五種(1種目)
▼シンクロナイズドスイミング(1種目)
▼水球(1種目)
▼野球(1種目)
▼ソフトボール(1種目)

続きを読む

第25回夏季五輪 (バルセロナ、1992年)

1992年夏季オリンピック大会
Juegos Olímpicos de Verano de 1992 (スペイン語)
Jocs Olímpics d'estiu de 1992 (カタルーニャ語)
Jeux olympiques d'été de 1992 (フランス語)
1992 Summer Olympic Games (英語)

【開催都市】
ESP_.png
バルセロナ、スペイン
Barcelona, España
Barcelona, Espanya
Barcelone, Espagne
Barcelona, Spain


【開催期間】
1992年7月25日-8月9日

【開会宣言】
フアン・カルロス1世 (スペイン国王)

【選手宣誓】
ルイス・ドレステ (スペイン選手団、男子、セーリング)

【参加国・地域】
169ヶ国・地域(旧ソ連統一チームは緑、独立参加選手団は青で示す)
Participating_nations_1992_Summer_Olympics.png
1991年末のソ連崩壊に伴い、旧ソ連を構成していた15の構成国のうち、早くから独立の準備を整えていたバルト三国は単独の選手団を結成した一方で、他の12の旧構成国はIOCへの加盟手続きが間に合わず、特例として、オリンピック旗のもとで旧ソ連統一チームを結成することが認められた。

ユーゴスラビアは当時内戦中であり、それまでのユーゴスラビア社会主義連邦共和国(旧ユーゴ)は崩壊。それに伴い、旧ユーゴを構成していた6共和国のうちクロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナが独立し、今大会で夏季大会初出場を果たした。一方、残る3共和国のうちセルビアとモンテネグロは新たにユーゴスラビア連邦共和国(新ユーゴ)を結成したが、新ユーゴに対しては当時の国際社会から内戦の主犯格と見なされ、制裁が科せられており、旧ユーゴの加盟資格を継承できなかった。そのため、今大会では救済案として、新ユーゴを構成する2共和国に、まだ自国の国内オリンピック委員会を組織できていなかったマケドニアを加えて独立参加選手団という特殊なチームの結成を認め、オリンピック旗のもとで参加することが許可された。なお、独立参加選手団は開会式での入場行進には参加していない。

1991年のアパルトヘイト(人種隔離)政策廃止を受け、南アフリカが1960年のローマ大会以来、32年ぶりに夏季オリンピックに復帰した。ただし国旗についてはアパルトヘイト時代のものが未だ使用されていたため、今大会では代替案として南アフリカ・オリンピック委員会の組織旗が用いられた。

アフガニスタン、ブルネイ、リベリア、ソマリアの4ヶ国は開会式には参加したが、実際の競技には出場しなかったため、参加国には含んでいない(ブルネイは役員のみの派遣、リベリアとソマリアは選手を派遣したが国内事情により競技には一切出場しないまま撤収、アフガニスタンは役員・選手共に派遣は無く、旗手も大会組織委員会があてがった代替人員)。

【参加人数】
9386人 (男子6665人、女子2721人)

【実施競技】
28競技257種目
▼陸上(43種目)
▼競泳(31種目)
▼レスリング(20種目)
▼カヌー(16種目)
▼体操(15種目) - 新体操を含む
▼ボート(14種目)
▼柔道(14種目)
▼射撃(13種目)
▼ボクシング(12種目)
▼重量挙げ(10種目)
▼自転車(10種目)
▼セーリング(10種目)
▼フェンシング(8種目)
▼馬術(6種目)
▼テニス(4種目)
▼卓球(4種目)
▼バドミントン(4種目)
▼飛込(4種目)
▼アーチェリー(4種目)
▼近代五種(2種目)
▼シンクロナイズドスイミング(2種目)
▼バスケットボール(2種目)
▼バレーボール(2種目)
▼ハンドボール(2種目)
▼ホッケー(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼水球(1種目)
▼野球(1種目)

続きを読む

第24回夏季五輪 (ソウル、1988年)

1988年夏季オリンピック大会
1988년 하계 올림픽 (韓国・朝鮮語)
1988 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1988 (フランス語)

【開催都市】
KOR.png
ソウル、大韓民国(韓国)
서울, 대한민국(한국)
Seoul, Republic of Korea (South Korea)
Séoul, République de Corée (Corée du Sud)


【開催期間】
1988年9月17日-10月2日

【開会宣言】
盧泰愚/ノ・テウ (韓国大統領)

【選手宣誓】
許載/ホ・ジェ (韓国選手団、男子、バスケットボール)
孫米娜/ソン・ミナ (韓国選手団、女子、ハンドボール)

【参加国・地域】
159ヶ国・地域
Participating_nations_1988_Summer_Olympics.png
韓国での開催に反発し、北朝鮮がボイコットした。また、北朝鮮と友好関係にあったアルバニア、キューバ、マダガスカル、セーシェル、エチオピア、ニカラグアも今大会に参加しなかった。

ブルネイは今大会に競泳競技の役員を派遣し、開会式にも参加したが、選手の派遣は無かったため、参加国には含めていない。

【参加人数】
8451人 (男子6249人、女子2202人)

【実施競技】
26競技237種目
▼陸上(42種目)
▼競泳(31種目)
▼レスリング(20種目)
▼体操(15種目) - 新体操を含む
▼ボート(14種目)
▼射撃(13種目)
▼ボクシング(12種目)
▼カヌー(12種目)
▼重量挙げ(10種目)
▼自転車(9種目)
▼フェンシング(8種目)
▼セーリング(8種目)
▼柔道(7種目)
▼馬術(6種目)
▼テニス(4種目)
▼卓球(4種目)
▼飛込(4種目)
▼アーチェリー(4種目)
▼近代五種(2種目)
▼シンクロナイズドスイミング(2種目)
▼バスケットボール(2種目)
▼バレーボール(2種目)
▼ハンドボール(2種目)
▼ホッケー(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第23回夏季五輪 (ロサンゼルス、1984年)

1984年夏季オリンピック大会
1984 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1984 (フランス語)

【開催都市】
USA.png
ロサンゼルス、アメリカ合衆国
Los Angeles, USA
Los Angeles, ÉUA


【開催期間】
1984年7月28日-8月12日

【開会宣言】
ロナルド・レーガン (アメリカ大統領)

【選手宣誓】
エドウィン・モーゼス (アメリカ選手団、男子、陸上)

【参加国・地域】
140ヶ国・地域
Participating_nations_1984_Summer_Olympics.png
前回、ソビエト連邦の首都モスクワで開催された第22回夏季大会を西側諸国が集団でボイコットしたことに対する報復として、ソビエト連邦、東ドイツ、ポーランド、チェコスロバキア、ハンガリー、北朝鮮、キューバなどの東側(社会主義)諸国がボイコットした。ただし、ボイコットの表面上の理由は1983年の米軍によるグレナダ侵攻に抗議するためであった。

その中でも、ソビエト連邦の影響からある程度自立していたユーゴスラビアやルーマニア、対米関係が急速に改善していた中華人民共和国(中国)など、社会主義圏の一部とみなされていた国の中にも、独自の判断で参加した国は多かった。

なお、イランとリビアはソビエト連邦主導のボイコットには加わっていないが、いずれも反米政権の急先鋒であり、独自にボイコットを決めた。

【参加人数】
6798人 (男子5224人、女子1567人)

【実施競技】
24競技221種目
▼陸上(41種目)
▼競泳(29種目)
▼レスリング(20種目)
▼体操(15種目) - 新体操を含む
▼ボート(14種目)
▼ボクシング(12種目)
▼カヌー(12種目)
▼射撃(11種目)
▼重量挙げ(10種目)
▼フェンシング(8種目)
▼自転車(8種目)
▼柔道(8種目)
▼セーリング(7種目)
▼馬術(6種目)
▼飛込(4種目)
▼近代五種(2種目)
▼シンクロナイズドスイミング(2種目)
▼アーチェリー(2種目)
▼バスケットボール(2種目)
▼バレーボール(2種目)
▼ハンドボール(2種目)
▼ホッケー(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第22回夏季五輪 (モスクワ、1980年)

1980年夏季オリンピック大会
Летние Олимпийские игры 1980 (ロシア語)
1980 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1980 (フランス語)


【開催都市】
URS_(1955-1980).png
ソビエト連邦、モスクワ
Москва, СССР (Советский Союз)
Moscow, USSR (Soviet Union)
Moscou, URSS (Union soviétique)


【開催期間】
1980年7月19日-8月3日

【開会宣言】
レオニード・ブレジネフ (ソビエト連邦最高会議幹部会議長)

【選手宣誓】
ニコライ・アンドリアノフ (ソビエト連邦選手団、男子、体操)

【参加国・地域】
80ヶ国・地域
Participating_nations_1980_Summer_Olympics.png
1979年12月のソ連軍によるアフガニスタン侵攻、および事実上の傀儡政権の樹立に反発して、冷戦期の西側諸国の多くが対抗措置を採った。アメリカ、日本、西ドイツ、韓国などは今大会をボイコットしたほか、イギリス、フランス、イタリア、オーストラリアのように参加しても開会式には出なかったり、国旗や国歌は使わないといった様々な方法で、幅広く抗議の意思が示された。なお、リベリアは開会式には参加したが、直後にボイコットに加わり競技には出場しなかったため、参加国には含まれない。

中華人民共和国(中国)は1979年のIOC理事会でオリンピックへの復帰が認められたが、中ソ対立の影響により対米関係を重視するようになっていた当時の状況を鑑み、アメリカ主導のモスクワ大会ボイコット運動に加わった。また、同理事会の決議によって、それまでの「中華民国」の名での参加が認められなくなった台湾も猛反発し、ボイコットすることとなった。

イランは1979年2月の革命により親米の帝政が倒れ、新たに誕生したイスラム神権体制のもとでアメリカへの対決姿勢を鮮明にしていたが、それと同時に、宗教の価値を否定する社会主義国家ソ連が、隣国であり同じくイスラム圏の一員であるアフガニスタンに侵攻したことにも激しく抗議しており、今大会をボイコットした。このように、必ずしも西側諸国の一員というわけではなくとも、独自の判断で今大会に参加しなかった国も存在する。

【参加人数】
5259人 (男子4135人、女子1123人)

【実施競技】
23競技203種目
▼陸上(38種目)
▼競泳(26種目)
▼レスリング(20種目)
▼体操(14種目)
▼ボート(14種目)
▼ボクシング(11種目)
▼カヌー(11種目)
▼重量挙げ(10種目)
▼フェンシング(8種目)
▼柔道(8種目)
▼射撃(7種目)
▼自転車(6種目)
▼馬術(6種目)
▼セーリング(6種目)
▼飛込(4種目)
▼近代五種(2種目)
▼アーチェリー(2種目)
▼バスケットボール(2種目)
▼バレーボール(2種目)
▼ハンドボール(2種目)
▼ホッケー(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第21回夏季五輪 (モントリオール、1976年)

1976年夏季オリンピック大会
Jeux olympiques d'été de 1976 (フランス語)
1976 Summer Olympic Games (英語)

【開催都市】
CAN_.png
カナダ、モントリオール(モンレアル)
Montréal, Canada
Montreal, Canada


【開催期間】
1976年7月17日-8月1日

【開会宣言】
エリザベス2世 (カナダ女王)

【選手宣誓】
ピエール・サンジャン (カナダ選手団、男子、重量挙げ)

【参加国・地域】
92ヶ国・地域(うち最初の3日間だけ参加した4ヶ国は灰色で示す)
Participating_nations_1976_Summer_Olympics_.png
当時、南アフリカはアパルトヘイト(人種隔離)政策に対する国際的な制裁の一貫として、国際スポーツ大会から締め出されていたが、大会に先立ってニュージーランドのラグビーチームが南アフリカへの遠征を実行したため、反発した他のアフリカ諸国はIOCに対してニュージーランドの今大会への参加禁止処分を要請した。しかしIOCがそれを受け入れなかったため、コンゴ政府の呼びかけでアフリカ諸国の大半(および同調したガイアナとイラク)が今大会をボイコットすることとなった。なお、アフリカ諸国の中でもセネガルとコートジボワールは最後まで正式参加し、エジプト、カメルーン、モロッコ、チュニジアの4ヶ国は最初の3日間のみ競技に参加したため、参加国に含まれる(ただしエジプトは開会式には不参加)。

また、カナダ政府は1970年に中華人民共和国と国交を樹立していたため、中華民国(台湾)選手団の受け入れに消極的であり、少なくとも「中華民国」という名では参加を認めない方針を採った。これに反発し、中華民国(台湾)選手団は今大会をボイコットした。一方、中華人民共和国もこの時点ではまだIOCに復帰していなかったため参加資格が無く、中台双方が参加しない大会となった。

【参加人数】
6073人 (男子4812人、女子1260人)

【実施競技】
23競技198種目
▼陸上(37種目)
▼競泳(26種目)
▼レスリング(20種目)
▼体操(14種目)
▼ボート(14種目)
▼ボクシング(11種目)
▼カヌー(11種目)
▼重量挙げ(9種目)
▼フェンシング(8種目)
▼射撃(7種目)
▼自転車(6種目)
▼馬術(6種目)
▼セーリング(6種目)
▼柔道(6種目)
▼飛込(4種目)
▼近代五種(2種目)
▼アーチェリー(2種目)
▼バスケットボール(2種目)
▼バレーボール(2種目)
▼ハンドボール(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼ホッケー(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第20回夏季五輪 (ミュンヘン、1972年)

1972年夏季オリンピック大会
Olympische Sommerspiele 1972 (ドイツ語)
1972 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1972 (フランス語)

【開催都市】
GER_.png
ミュンヘン、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)
München, Bundesrepublik Deutschland
Munich, Federal Republic of Germany
Munich, République fédérale d’Allemagne


【開催期間】
1972年8月26日-9月10日

【開会宣言】
グスタフ・ハイネマン (ドイツ大統領)

【選手宣誓】
ハイディ・シューラー (ドイツ選手団、女子、陸上)

【参加国・地域】
121ヶ国・地域
Participating_nations_1972_Summer_Olympics.png

【参加人数】
7113人 (男子6052人、女子1060人)

【実施競技】
23競技193種目
▼陸上(38種目)
▼競泳(29種目)
▼レスリング(20種目)
▼体操(14種目)
▼ボクシング(11種目)
▼カヌー(11種目)
▼重量挙げ(9種目)
▼フェンシング(8種目)
▼射撃(8種目)
▼ボート(7種目)
▼自転車(7種目)
▼馬術(6種目)
▼セーリング(6種目)
▼柔道(6種目)
▼飛込(4種目)
▼近代五種(2種目)
▼アーチェリー(2種目)
▼バレーボール(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼バスケットボール(1種目)
▼ハンドボール(1種目)
▼ホッケー(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第19回夏季五輪 (メキシコシティ、1968年)

1968年夏季オリンピック大会
Juegos olímpicos de verano 1968 (スペイン語)
1968 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1968 (フランス語)

【開催都市】
MEX_.png
メキシコシティ (シウダー・デ・メヒコ)、メキシコ
Ciudad de México, México
Mexico City, Mexico
Ville de Mexico, Mexique


【開催期間】
1968年10月12日-10月27日

【開会宣言】
グスタボ・ディアス・オルダス (メキシコ大統領)

【選手宣誓】
パブロ・ガリード (メキシコ選手団、男子、陸上)

【参加国・地域】
112ヶ国・地域
Participating_nations_1968_Summer_Olympics.png
※北朝鮮は夏季大会初参加を目指し、キューバに選手団を待機させてい
  たが、IOCが韓国への配慮から「朝鮮民主主義人民共和国」という
  公式国名での参加を認めなかったたため反発し、選手団を引き揚げさ
  せた(この名称問題は次期大会までに解消した)。

【参加人数】
5557人 (男子4774人、女子783人)

【実施競技】
20競技172種目
▼陸上(36種目)
▼競泳(29種目)
▼レスリング(16種目)
▼体操(14種目)
▼ボクシング(11種目)
▼フェンシング(8種目)
▼カヌー(7種目)
▼ボート(7種目)
▼自転車(7種目)
▼射撃(7種目)
▼重量挙げ(7種目)
▼馬術(6種目)
▼セーリング(5種目)
▼飛込(4種目)
▼近代五種(2種目)
▼バレーボール(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼バスケットボール(1種目)
▼ホッケー(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第18回夏季五輪 (東京、1964年)

1964年夏季オリンピック大会
1964 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1964 (フランス語)

【開催都市】
JPN.png
東京、日本
Tokyo, Japan
Tokyo, Japon


【開催期間】
1964年10月10日-10月24日

【開会宣言】
裕仁/ひろひと (日本天皇)
※昭和天皇の本名。日本では天皇・皇族をはじめとして、高貴な人物の
  本名は諱(いみな)と呼ばれ、直接その名で言及することをはばかる習
  慣がある。

【選手宣誓】
小野喬/おの・たかし (日本選手団、男子、体操)

【参加国・地域】
93ヶ国・地域
Participating_nations_1964_Summer_Olympics.png
1962年にインドネシアで開催されたアジア競技大会に、同国政府が政治上の理由から中華民国(台湾)とイスラエルを招待しなかったことへの制裁として、「スポーツに対する政治の非介入」を理念として掲げるIOCはインドネシアの加盟資格を停止。それに反発し、インドネシアは新興国競技大会(GANEFO)という対抗大会を1963年に開催した。これに対してIOCはGANEFO参加選手の今大会出場を禁止したため、インドネシアは選手団を派遣していたにも関わらず、開会式直前に帰国することとなった(翌年の政権交代により関係修復)。なお、北朝鮮も選手団を派遣していたが、インドネシアと親密に関係にあったため、同調して選手団を引き揚げさせた。

また、南アフリカはアパルトヘイト(人種隔離)政策に対する国際的な制裁の一貫として、1962年にIOCから追放された。以後、南アフリカ政府が同政策を廃止する意向を示し、1991年に加盟資格が復活するまでの29年間にわたり、南アフリカは国際スポーツ大会から締め出されることとなった。

リビアは今大会でのオリンピック初参加を目指して男子陸上選手1人を派遣し、開会式には参加したが、その唯一の選手が棄権したため、参加国には含めていない。

【参加人数】
5137人 (男子4457人、女子680人)

【実施競技】
21競技163種目
▼陸上(36種目)
▼競泳(18種目)
▼レスリング(16種目)
▼体操(14種目)
▼ボクシング(10種目)
▼フェンシング(8種目)
▼カヌー(7種目)
▼ボート(7種目)
▼重量挙げ(7種目)
▼自転車(7種目)
▼馬術(6種目)
▼射撃(6種目)
▼セーリング(5種目)
▼飛込(4種目)
▼柔道(4種目)
▼近代五種(2種目)
▼バレーボール(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼バスケットボール(1種目)
▼ホッケー(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第17回夏季五輪 (ローマ、1960年)

1960年夏季オリンピック大会
Giochi olimpici estivi 1960 (イタリア語)
1960 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1960 (フランス語)

【開催都市】
ITA_.png
ローマ、イタリア
Roma, Italia
Rome, Italy
Rome, Italie


【開催期間】
1960年8月25日-9月11日

【開会宣言】
ジョヴァンニ・グロンキ (イタリア大統領)

【選手宣誓】
アドルフォ・コンソリーニ (イタリア選手団、男子、陸上)

【参加国・地域】
83ヶ国・地域
Participating_nations_1960_Summer_Olympics.png
※スリナムは今大会での初参加を目指し、開会式には参加したが、唯一
  の選手がスケジュール調整の不備で参加出来なかったため、参加国
  には含まれなかった。

【参加人数】
5351人 (男子4738人、女子613人)

【実施競技】
19競技150種目
▼陸上(34種目)
▼レスリング(16種目)
▼競泳(15種目)
▼体操(14種目)
▼ボクシング(10種目)
▼フェンシング(8種目)
▼カヌー(7種目)
▼ボート(7種目)
▼重量挙げ(7種目)
▼自転車(6種目)
▼射撃(6種目)
▼セーリング(5種目)
▼馬術(5種目)
▼飛込(4種目)
▼近代五種(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼バスケットボール(1種目)
▼ホッケー(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第16回夏季五輪 (メルボルン、1956年)

1956年夏季オリンピック大会
1956 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1956 (フランス語)

【開催都市】
AUS_flag.png
メルボルン、オーストラリア
Melbourne, Australia
Melbourne, Australie

※オーストラリアの当時の検疫法の関係上、馬術競技のみスウェーデン
  の首都ストックホルムで実施された。

【開催期間】
1956年11月22日-12月8日
※馬術競技のみ同年6月11日-17日に先行実施。

【開会宣言】
エディンバラ公フィリップ (オーストラリア女王エリザベス2世の夫)

【選手宣誓】
ジョン・ランディ (オーストラリア選手団、陸上、男子)

【参加国・地域】
67ヶ国・地域+馬術競技のみ参加の5ヶ国(灰色で表示)
Participating_nations_1956_Summer_Olympics_.png
※1956年10月勃発のスエズ動乱(第二次中東戦争)に英仏イスラエル
  の3ヶ国が介入したことに反発し、レバノンとイラクがボイコット。エジプト
  も動乱前に先行参加していた馬術競技を除いて不参加。また、同年10
  月-11月のハンガリー動乱にソ連を中核とした東欧社会主義圏が介
  入したことへの批判を込めて、スペイン、スイス、オランダが先行実施
  の馬術競技以外をボイコット。そして中華民国(台湾)の参加に抗議し、
  中華人民共和国(中国)がボイコット。中国は1958年にIOCを脱退し、
  1979年まで復帰せず。

【参加人数】
3347人 (男子2963人、女子384人)

【実施競技】
19競技151種目
▼陸上(33種目)
▼レスリング(16種目)
▼体操(15種目)
▼競泳(13種目)
▼ボクシング(10種目)
▼カヌー(9種目)
▼ボート(7種目)
▼フェンシング(7種目)
▼射撃(7種目)
▼重量挙げ(7種目)
▼自転車(6種目)
▼馬術(6種目) - 別地で先行実施
▼セーリング(5種目)
▼飛込(4種目)
▼近代五種(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼バスケットボール(1種目)
▼ホッケー(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第15回夏季五輪 (ヘルシンキ、1952年)

1952年夏季オリンピック大会
Kesäolympialaiset 1952 (フィンランド語)
1952 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1952 (フランス語)

【開催都市】
FIN_.png
ヘルシンキ、フィンランド
Helsinki, Suomi
Helsinki, Finland
Helsinki, Finlande


【開催期間】
1952年7月19日-8月3日

【開会宣言】
ユホ・クスティ・パーシキヴィ (フィンランド大統領)

【選手宣誓】
ヘイッキ・サヴォライネン (フィンランド選手団、体操、男子)

【参加国・地域】
69ヶ国・地域
Participating_nations_1952_Summer_Olympics_201504081822486b6.png

【参加人数】
4932人 (男子4411人、女子521人)

【実施競技】
19競技149種目
▼陸上(33種目)
▼レスリング(16種目)
▼体操(15種目)
▼競泳(11種目)
▼ボクシング(10種目)
▼カヌー(9種類)
▼ボート(7種目)
▼フェンシング(7種目)
▼射撃(7種目)
▼重量挙げ(7種目)
▼自転車(6種目)
▼馬術(6種目)
▼セーリング(5種目)
▼飛込(4種目)
▼近代五種(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼バスケットボール(1種目)
▼ホッケー(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第14回夏季五輪 (ロンドン、1948年)

1948年夏季オリンピック大会
1948 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1948 (フランス語)

【開催都市】
GBR.png
ロンドン、イギリス
London, Great Britain (United Kingdom)
Londres, Grande-Bretagne (Royaume-Uni)


【開催期間】
1948年7月29日-8月14日

【開会宣言】
ジョージ6世 (イギリス国王)

【選手宣誓】
ドナルド・フィンレー (イギリス選手団、陸上、男子)

【参加国・地域】
59ヶ国・地域
Participating_nations_1948_Summer_Olympics___20150408182247dee.png
※日本とドイツは第二次大戦によって前々回大会(第12回大会)および
  前回大会(第13回大会)が中止に追い込まれたことに対して責任を負
  うものとされ、今大会への参加が禁止された。なお、イタリアは当初、
  日本とドイツと共に三国同盟を組んでいたが、大戦中の政権交代に伴
  っていち早く連合国側に降伏したため、参加禁止を免れた。

【参加人数】
4360人 (男子3916人、女子444人)

【実施競技】
20競技154種目
▼陸上(33種目)
▼芸術(18種目、スポーツを題材とした作品への採点競技)
▼レスリング(16種目)
▼競泳(11種目)
▼体操(9種目)
▼カヌー(9種目)
▼ボクシング(8種目)
▼フェンシング(7種目)
▼ボート(7種目)
▼自転車(6種目)
▼馬術(6種目)
▼重量挙げ(6種目)
▼セーリング(5種目)
▼射撃(4種目)
▼飛込(4種目)
▼近代五種(1種目)
▼サッカー(1種目)
▼バスケットボール(1種目)
▼ホッケー(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第13回夏季五輪 (ロンドン、1944年、中止大会)

1944年夏季オリンピック大会
1944 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1944 (フランス語)

【開催都市】
GBR.png
ロンドン、イギリス
London, Great Britain (United Kingdom)
Londres, Grande-Bretagne (Royaume-Uni)


【中止理由】
前回に引き続き、第二次大戦により開催不可能となり、中止。夏季大会は冬季大会とは異なり、中止された大会も回次に含むため、この第13回大会は「欠番」扱いとなり、次の大会は第14回大会の名で開催された。

第12回夏季五輪 (東京、1940年、中止大会)

1940年夏季オリンピック大会
1940 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1940 (フランス語)

【開催都市】
JPN.png
東京、日本
Tokyo, Japan
Tokyo, Japon


【中止理由】
日中戦争の影響から、1938年に東京が開催権返上をIOCに通知。IOCは代替地としてフィンランドの首都ヘルシンキでの開催を決めたが、こちらも第二次大戦の勃発により開催不可能となり、結局大会そのものが中止された。夏季大会は冬季大会とは異なり、中止された大会も回次に含むため、この第12回大会は「欠番」扱いとなり、次の大会は第13回大会とされた(だが第13回大会も戦争により中止された)。

第11回夏季五輪 (ベルリン、1936年)

1936年夏季オリンピック大会
Olympische Sommerspiele 1936 (ドイツ語)
1936 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1936 (フランス語)

【開催都市】
GER_(1935-1945).png
ベルリン、ドイツ
Berlin, Deutschland
Berlin, Germany
Berlin, Allemagne


【開催期間】
1936年8月1日-8月16日

【開会宣言】
アドルフ・ヒトラー (ドイツ総統)

【選手宣誓】
ルドルフ・イスマイヤ (ドイツ選手団、重量挙げ、男子)

【参加国・地域】
49ヶ国・地域
Participating_nations_1936_Summer_Olympics_20150408181945d7c.png
※ハイチは開会式には参加したが、実際の競技は棄権により出場しな
  かったため、参加国から除外している。

【参加人数】
4484人 (男子4123人、女子361人)

【実施競技】
22競技148種目
▼陸上(29種目)
▼芸術(19種目、スポーツを題材とした作品への採点競技)
▼レスリング(14種目)
▼競泳(11種目)
▼体操(9種目)
▼カヌー(9種目)
▼ボクシング(8種目)
▼フェンシング(7種目)
▼ボート(7種目)
▼自転車(6種目)
▼馬術(6種目)
▼重量挙げ(5種目)
▼セーリング(4種目)
▼飛込(4種目)
▼射撃(3種目)
▼近代五種(1種目)
▼サッカー(1種目)
▼バスケットボール(1種目)
▼ハンドボール(1種目)
▼ホッケー(1種目)
▼ポロ(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第10回夏季五輪 (ロサンゼルス、1932年)

1932年夏季オリンピック大会
1932 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1932 (フランス語)

【開催都市】
USA_48_stars.png
ロサンゼルス、アメリカ合衆国
Los Angeles, USA
Los Angeles, ÉUA


【開催期間】
1932年7月30日-8月14日

【開会宣言】
チャールズ・カーティス (アメリカ副大統領)

【選手宣誓】
ジョージ・カルナン (アメリカ選手団、フェンシング、男子)

【参加国・地域】
37ヶ国・地域
Participating_nations_1932_Summer_Olympics__20150408181943f3d.png
※世界恐慌により経済的余裕を失った国が多く、前回と比べて参加国が
  大幅に減少したほか、参加国であっても選手団の規模の縮小を余儀な
  くされた。

【参加人数】
1917人 (男子1715人、女子202人)

【実施競技】
17競技130種目
▼陸上(29種目)
▼レスリング(14種目)
▼芸術(13種目、スポーツを題材とした作品への採点競技)
▼競泳(11種目)
▼体操(11種目)
▼ボクシング(8種目)
▼フェンシング(7種目)
▼ボート(7種目)
▼自転車(6種目)
▼馬術(6種目)
▼重量挙げ(5種目)
▼セーリング(4種目)
▼飛込(4種目)
▼射撃(2種目)
▼近代五種(1種目)
▼ホッケー(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第9回夏季五輪 (アムステルダム、1928年)

1928年夏季オリンピック大会
Olympische Zomerspelen 1928 (オランダ語)
1928 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1928 (フランス語)

【開催都市】
NED_.png
アムステルダム、オランダ
Amsterdam, Nederland
Amsterdam, Netherlands
Amsterdam, Pays-Bas


【開催期間】
1928年7月28日-8月12日

【開会宣言】
ヘンドリック王子 (オランダ女王ウィルヘルミナの夫。元ドイツ貴族)

【選手宣誓】
ヘンリー・デニス (オランダ選手団、サッカー、男子)

【参加国・地域】
46ヶ国・地域
Participating_nations_1928_Summer_Olympics_20150408181941527.png

【参加人数】
3248人 (男子2937人、女子311人)

【実施競技】
17競技122種目
▼陸上(27種目)
▼レスリング(13種目)
▼芸術(13種目、スポーツを題材とした作品への採点競技)
▼競泳(11種目)
▼体操(8種目)
▼ボクシング(8種目)
▼フェンシング(7種目)
▼ボート(7種目)
▼馬術(6種目)
▼自転車(6種目)
▼重量挙げ(5種目)
▼飛込(4種目)
▼セーリング(3種目)
▼近代五種(1種目)
▼サッカー(1種目)
▼ホッケー(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第8回夏季五輪 (パリ、1924年)

1924年夏季オリンピック大会
Jeux olympiques d'été de 1924
(フランス語)
1924 Summer Olympic Games (英語)

【開催都市】
FRA_.png
パリ、フランス
Paris, France


【開催期間】
1924年5月4日-7月27日

【開会宣言】
ガストン・ドゥメルグ (フランス大統領)

【選手宣誓】
ジョルジュ・アンドレ (フランス選手団、陸上、男子)

【参加国・地域】
44ヶ国・地域
Participating_nations_1924_Summer_Olympics_.png
※ドイツのみ前回大会に引き続き、オリンピックへの参加を禁止されてい
  た。また中国は開会式には参加したが、実際の競技には出場しなかっ
  たため、参加国に含めなかった。

【参加人数】
3256人 (男子3102人、女子154人)

【実施競技】
20競技131種目
▼陸上(27種目)
▼レスリング(13種目)
▼競泳(11種目)
▼射撃(10種目)
▼体操(9種目)
▼ボクシング(8種目)
▼フェンシング(7種目)
▼ボート(7種目)
▼自転車(6種目)
▼馬術(5種目)
▼芸術(5種目、スポーツを題材とした作品への採点競技)
▼飛込(5種目)
▼テニス(5種目)
▼重量挙げ(5種目)
▼セーリング(3種目)
▼近代五種(1種目)
▼サッカー(1種目)
▼ラグビー(1種目)
▼ポロ(1種目)
▼水球(1種目)

続きを読む

第7回夏季五輪 (アントワープ、1920年)

1920年夏季オリンピック大会
Jeux olympiques d'été de 1920
(フランス語)
Olympische Zomerspelen 1920 (オランダ語)
1920 Summer Olympic Games (英語)

【開催都市】
BEL_.png
アントウェルペン(アントワープ)、ベルギー
Anvers, Belgique
Antwerpen , België
Antwerp, Belgium


【開催期間】
1920年8月14日-9月12日

【開会宣言】
アルベール1世 (ベルギー国王)

【選手宣誓】
ヴィクトル・ボワン (ベルギー選手団、フェンシング、男子)
※今大会から導入

【参加国・地域】
29ヶ国・地域
Participating_nations_1920_Summer_Olympics_.png
※第一次大戦の敗戦国は、大戦によって前回大会(第6回大会)が中止
  に追い込まれたことに対する責任を負うものとされ、ドイツ、オーストリ
  ア、ハンガリー、ブルガリア、トルコは今大会への参加が禁止された。
  なお、イタリアは当初、ドイツとオーストリアと共に三国同盟を組んでい
  たが、大戦勃発直後に連合国側との秘密協定に基づいて鞍替えした
  ため、戦後は戦勝国として扱われることとなり、参加禁止を免れた。

【参加人数】
2674人 (男子2596人、女子78人)

【実施競技】
25競技158種目
▼陸上(29種目)
▼射撃(21種目)
▼セーリング(14種目)
▼競泳(10種目)
▼アーチェリー(10種目)
▼レスリング(10種目)
▼ボクシング(8種目)
▼馬術(7種目)
▼フェンシング(6種目)
▼自転車(6種目)
▼テニス(5種目)
▼芸術(5種目、スポーツを題材とした作品への採点競技)
▼飛込(5種目)
▼ボート(5種目)
▼重量挙げ(5種目)
▼体操(4種目)
▼フィギュアスケート(3種目、当時は夏季五輪で実施)
▼サッカー(1種目)
▼ラグビー(1種目)
▼ホッケー(1種目)
▼アイスホッケー(1種目、当時は夏季五輪で実施)
▼近代五種(1種目)
▼ポロ(1種目)
▼水球(1種目)
▼綱引き(1種目)

続きを読む

第6回夏季五輪 (ベルリン、1916年、中止大会)

1916年夏季オリンピック大会
Olympische Sommerspiele 1916
(ドイツ語)
1916 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1916 (フランス語)

【開催都市】
GER_(1871-1918).png
ベルリン、ドイツ
Berlin, Deutschland
Berlin, Germany
Berlin, Allemagne


【中止理由】
第一次大戦勃発により開催が不可能となり、中止。夏季大会は冬季大会とは異なり、中止された大会も回次に含むため、この第6回大会は「欠番」扱いとなり、次の大会は第7回大会の名で開催された。

第5回夏季五輪 (ストックホルム、1912年)

1912年夏季オリンピック大会
Olympiska sommarspelen 1912
(スウェーデン語)
1912 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1912 (フランス語)

【開催都市】
SWE.png
ストックホルム、スウェーデン
Stockholm, Sverige
Stockholm, Sweden
Stockholm, Suède


【開催期間】
1912年7月6日-7月22日

【開会宣言】
グスタフ5世 (スウェーデン国王)

【参加国・地域】
28ヶ国・地域 (日本初参加)
Participating_nations_1912_Summer_Olympics.png

【参加人数】
2409人 (男子2356人、女子53人)

【実施競技】
17競技107種目
▼陸上(30種目)
▼射撃(18種目)
▼競泳(9種目)
▼テニス(8種目)
▼レスリング(5種目)
▼フェンシング(5種目)
▼馬術(5種目)
▼芸術(5種目、スポーツを題材とした作品への採点競技)
▼体操(4種目)
▼セーリング(4種目)
▼ボート(4種目)
▼飛込(4種目)
▼自転車(2種目)
▼近代五種(1種目)
▼サッカー(1種目)
▼水球(1種目)
▼綱引き(1種目)

続きを読む

第4回夏季五輪 (ロンドン、1908年)

1908年夏季オリンピック大会
1908 Summer Olympic Games
(英語)
Jeux olympiques d'été de 1908 (フランス語)

【開催都市】
GBR.png
ロンドン、イギリス
London, Great Britain (United Kingdom)
Londres, Grande-Bretagne (Royaume-Uni)

※当初はイタリアの首都ローマで開催される予定だったが、1906年にイ
  タリア南部のヴェズヴィオ火山が噴火し、ローマも甚大な被害を受けた
  ため、ローマは開催権を返上。ロンドンが急遽、代替開催地として選ば
  れた。

【開催期間】
1908年4月27日-10月31日

【開会宣言】
エドワード7世 (イギリス国王)

【参加国・地域】
22ヶ国・地域
Participating_nations_1908_Summer_Olympics.png

【参加人数】
2025人 (男子1980人、女子44人)

【実施競技】
24競技110種目
▼陸上(26種目)
▼射撃(15種目)
▼レスリング(9種目)
▼自転車(7種目)
▼競泳(6種目)
▼テニス(6種目)
▼ボクシング(5種目)
▼フェンシング(4種目)
▼セーリング(4種目)
▼ボート(4種目)
▼フィギュアスケート(4種目、当時は夏季五輪で実施)
▼アーチェリー(3種目)
▼モーターボート(3種目)
▼体操(2種目)
▼飛込(2種目)
▼ラケッツ(2種目、スカッシュの原型)
▼サッカー(1種目)
▼ラグビー(1種目)
▼ホッケー(1種目)
▼ラクロス(1種目)
▼ポロ(1種目)
▼水球(1種目)
▼ジュ・ド・ポーム(1種目、古式テニス)
▼綱引き(1種目)

続きを読む

第3回夏季五輪 (セントルイス、1904年)

1904年夏季オリンピック大会
1904 Summer Olympic Games
(英語)
Jeux olympiques d'été de 1904 (フランス語)

【開催都市】
USA_45_stars.png
セントルイス、アメリカ合衆国
St. Louis, USA
Saint-Louis, ÉUA


【開催期間】
1904年7月1日-11月23日
※同年実施のセントルイス万博と並行して実施されたため、競技の実施
  が散発的となり、開催期間が長期に及んだ。ただ、第2回パリ大会のよ
  うに万博の付属イベントとしては扱われず、形式上は独立した大会とし
  で開催された。

【開会宣言】
デーヴィッド・フランシス (元セントルイス市長、セントルイス万博組織委員長)

【参加国・地域】
12ヶ国・地域+混合チーム
Participating_nations_1904_Summer_Olympics.png
※当時、オリンピック運動の中核地域であったヨーロッパから隔絶された
  都市での開催だったこと、国際関係の急展開(日露戦争の勃発、英仏
  協商の成立など)で情勢が流動化していたことなどを理由に、参加国が
  激減し、前回の半数しかチームが集まらなかった。また、前回に続いて
  参加した国も、そのほとんどが選手団の規模の大幅縮小を余儀なくさ
  れていた。

【参加人数】
650人 (男子644人、女子6人)

【実施競技】
17競技94種目
▼陸上(25種目)
▼体操(11種目)
▼競泳(9種目)
▼自転車(7種目)
▼ボクシング(7種目)
▼レスリング(7種目)
▼アーチェリー(6種目)
▼フェンシング(5種目)
▼ボート(5種目)
▼テニス(2種目)
▼ゴルフ(2種目)
▼飛込(2種目)
▼重量挙げ(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼ラクロス(1種目)
▼綱引き(1種目)
▼ロック(1種目、アメリカ式クロッケー)

続きを読む

第2回夏季五輪 (パリ、1900年)

1900年夏季オリンピック大会
Jeux olympiques d'été de 1900
(フランス語)
1900 Summer Olympic Games (英語)

【開催都市】
FRA_.png
パリ、フランス
Paris, France


【開催期間】
1900年5月14日-10月28日
※同時開催のパリ万博の付属イベントとして、散発的に競技が実施され
  たため、開催期間が長期に及んだ。

【開会宣言】
無し
※同上の理由により、公式な開会宣言は成されなかった。

【参加国・地域】
24ヶ国・地域+混合チーム
Participating_nations_1900_Summer_Olympics.png

【参加人数】
997人 (男子975人、女子22人)

【実施競技】
20競技90種目
▼陸上(23種目)
▼射撃(9種目)
▼競泳(7種目)
▼フェンシング(7種目)
▼セーリング(7種目)
▼アーチェリー(6種目)
▼ボート(4種目)
▼テニス(4種目)
▼馬術(3種目)
▼クロッケー(3種目)
▼自転車(2種目)
▼ゴルフ(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼体操(1種目)
▼クリケット(1種目)
▼バスク・ペロタ(1種目)
▼水球(1種目)
▼ポロ(1種目)
▼ラグビー(1種目)
▼綱引き(1種目)

続きを読む

第1回夏季五輪 (アテネ、1896年)

1896年夏季オリンピック大会
Θερινοί Ολυμπιακοί Αγώνες 1896
(ギリシャ語)
1896 Summer Olympic Games (英語)
Jeux olympiques d'été de 1896 (フランス語)

【開催都市】
GRE_until_1978.png
アテネ、ギリシャ
Αθήνα, Ελλάς
Athens, Greece
Athènes, Grèce


【開催期間】
1896年4月6日-4月15日

【開会宣言】
ゲオルギオス1世 (ギリシャ国王)

【参加国・地域】
12ヶ国・地域+混合チーム
Participating_nations_1896_Summer_Olympics.png

【参加人数】
176人 (全員男子)

【実施競技】
9競技43種目
▼陸上(12種目)
▼体操(8種目)
▼自転車(6種目)
▼射撃(5種目)
▼競泳(4種目)
▼フェンシング(3種目)
▼テニス(2種目)
▼重量挙げ(2種目)
▼レスリング(1種目)

続きを読む

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter