第25回夏季五輪 (バルセロナ、1992年)

1992年夏季オリンピック大会
Juegos Olímpicos de Verano de 1992 (スペイン語)
Jocs Olímpics d'estiu de 1992 (カタルーニャ語)
Jeux olympiques d'été de 1992 (フランス語)
1992 Summer Olympic Games (英語)

【開催都市】
ESP_.png
バルセロナ、スペイン
Barcelona, España
Barcelona, Espanya
Barcelone, Espagne
Barcelona, Spain


【開催期間】
1992年7月25日-8月9日

【開会宣言】
フアン・カルロス1世 (スペイン国王)

【選手宣誓】
ルイス・ドレステ (スペイン選手団、男子、セーリング)

【参加国・地域】
169ヶ国・地域(旧ソ連統一チームは緑、独立参加選手団は青で示す)
Participating_nations_1992_Summer_Olympics.png
1991年末のソ連崩壊に伴い、旧ソ連を構成していた15の構成国のうち、早くから独立の準備を整えていたバルト三国は単独の選手団を結成した一方で、他の12の旧構成国はIOCへの加盟手続きが間に合わず、特例として、オリンピック旗のもとで旧ソ連統一チームを結成することが認められた。

ユーゴスラビアは当時内戦中であり、それまでのユーゴスラビア社会主義連邦共和国(旧ユーゴ)は崩壊。それに伴い、旧ユーゴを構成していた6共和国のうちクロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナが独立し、今大会で夏季大会初出場を果たした。一方、残る3共和国のうちセルビアとモンテネグロは新たにユーゴスラビア連邦共和国(新ユーゴ)を結成したが、新ユーゴに対しては当時の国際社会から内戦の主犯格と見なされ、制裁が科せられており、旧ユーゴの加盟資格を継承できなかった。そのため、今大会では救済案として、新ユーゴを構成する2共和国に、まだ自国の国内オリンピック委員会を組織できていなかったマケドニアを加えて独立参加選手団という特殊なチームの結成を認め、オリンピック旗のもとで参加することが許可された。なお、独立参加選手団は開会式での入場行進には参加していない。

1991年のアパルトヘイト(人種隔離)政策廃止を受け、南アフリカが1960年のローマ大会以来、32年ぶりに夏季オリンピックに復帰した。ただし国旗についてはアパルトヘイト時代のものが未だ使用されていたため、今大会では代替案として南アフリカ・オリンピック委員会の組織旗が用いられた。

アフガニスタン、ブルネイ、リベリア、ソマリアの4ヶ国は開会式には参加したが、実際の競技には出場しなかったため、参加国には含んでいない(ブルネイは役員のみの派遣、リベリアとソマリアは選手を派遣したが国内事情により競技には一切出場しないまま撤収、アフガニスタンは役員・選手共に派遣は無く、旗手も大会組織委員会があてがった代替人員)。

【参加人数】
9386人 (男子6665人、女子2721人)

【実施競技】
28競技257種目
▼陸上(43種目)
▼競泳(31種目)
▼レスリング(20種目)
▼カヌー(16種目)
▼体操(15種目) - 新体操を含む
▼ボート(14種目)
▼柔道(14種目)
▼射撃(13種目)
▼ボクシング(12種目)
▼重量挙げ(10種目)
▼自転車(10種目)
▼セーリング(10種目)
▼フェンシング(8種目)
▼馬術(6種目)
▼テニス(4種目)
▼卓球(4種目)
▼バドミントン(4種目)
▼飛込(4種目)
▼アーチェリー(4種目)
▼近代五種(2種目)
▼シンクロナイズドスイミング(2種目)
▼バスケットボール(2種目)
▼バレーボール(2種目)
▼ハンドボール(2種目)
▼ホッケー(2種目)
▼サッカー(1種目)
▼水球(1種目)
▼野球(1種目)

続きを読む

第16回冬季五輪 (アルベールヴィル、1992年)

1992年冬季オリンピック大会
Jeux olympiques d'hiver de 1992 (フランス語)
1992 Winter Olympic Games (英語)

【開催都市】
FRA_.png
アルベールヴィル、フランス
Albertville, France


【開催期間】
1992年2月8日-2月23日

【開会宣言】
フランソワ・ミッテラン (フランス大統領)

【選手宣誓】
スルヤ・ボナリー (フランス選手団、女子、フィギュアスケート)

【参加国・地域】
64ヶ国・地域(旧ソ連統一チームは緑色で示す)
Participating_nations_1992_Winter_Olympics.png
1991年末のソ連崩壊に伴い、旧ソ連を構成していた15の構成国のうち、早くから独立の準備を整えていたバルト三国は単独の選手団を結成した一方で、他の12の旧構成国はIOCへの加盟手続きが間に合わず、特例として、オリンピック旗のもとで旧ソ連統一チームを結成することが認められた。ただし、同年夏のバルセロナ大会では12の旧構成国全てが統一チームの一部として参加したのに対し、この冬季大会で統一チームに選手を派遣できたのはロシア、ウクライナ、ベラルーシ、カザフスタン、ウズベキスタン、アルメニアの6ヶ国のみだった。

【参加人数】
1801人 (男子1313人、女子488人)

【実施競技】
12競技57種目
▼スピードスケート(10種目)
▼アルペンスキー(10種目)
▼クロスカントリースキー(10種目)
▼バイアスロン(6種目)
▼フィギュアスケート(4種目)
▼ショートトラックスピードスケート(4種目)
▼スキージャンプ(3種目)
▼リュージュ(3種目)
▼フリースタイルスキー(2種目)
▼ボブスレー(2種目)
▼ノルディック複合(2種目)
▼アイスホッケー(1種目)

続きを読む

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter