サモア

サモア
Sāmoa (サーモア) (サモア語)
Samoa (サモゥア) (英語)

Flag_of_Samoa.png

南太平洋、ポリネシア地域に浮かぶサモア諸島は、西部がサモア独立国という主権国家、東部はアメリカ領サモアという海外領土となっています。19世紀よりこの島々の領有権を争っていたドイツとアメリカが、1899年に協定を結び、西経171度線を境に西部をドイツ領、東部をアメリカ領と定めました。西サモアはその後統治国の変更を経て1962年に独立しましたが、東サモアは現在もアメリカ領サモアの名で同国の統治下に留まり続けています。このように国際的地位や統治形態は異なりますが、東西とも主要民族はポリネシア系サモア人であり、サモア語と英語を公用語とし、住民のほとんどがキリスト教を信仰するなど、多くの共通点もあります。

上記のような経緯で西サモアの領有権を獲得したドイツですが、第一次大戦で敗北したことにより、全ての植民地の放棄を義務付けられました。西サモアもその例外ではなく、1919年に国際連盟の委任統治領としてニュージーランドの施政下に置かれ、第二次大戦後に発足した国際連合もニュージーランド施政のまま信託統治領へと移行させました。地位や統治国の変化はあったものの、サモア人の伝統的な統治機構は温存され、各地を統括する首長は1962年の独立後も国内政治に大きな影響力を持っています。また、アメリカ領サモア(東サモア)との関係は分断前と比べて縮小されているとはいえ、未だ精神的な紐帯は太く根付いており、一部では同地の合併を求める声も聞かれます。しかし1997年に西サモアが独断で国名をサモア独立国と改称したこと(後述)などをめぐり、両者が対立する場面もしばしば見られます。

国旗の原型は信託統治時代の1948年、後に初代共同元首(大首長)となるトゥプア・タマセセ・メアオレとマリエトア・タヌマフィリ2世によって制定されており、独立後もその旗が引き続き国旗として使われています。カントン部には太平洋諸国によく使われている南十字星が配されており、同地域間での連帯意識がうかがえます。作成当時、星の数はニュージーランド国旗に倣って4つでしたが、1949年に5つに変更されました。また、赤、青、白の三色はサモア人の伝統色としてアメリカ領サモアの旗でも使われていますが、特に赤は勇気と忠誠を表す色として尊ばれています。また、青は愛国心と自由、白は純潔の象徴です。

縦横比:1対2


サモア独立国
Mālō Sa'oloto Tuto'atasi o Sāmoa
(マーロー・サッオロト・トゥットアタシ・オ・サーモア)

Independent State of Samoa
(インディペンデント・ステイト・オブ・サモゥア)


Map_of_Samoa.gif

統計データは原則として2015年時点のもの。

[地理]
位置:オセアニア
面積:2842km² (佐賀県より少し大きい)
人口:約19.0万人
都市人口率:19.1%
首都・最大都市:アピア (サ・英:Apia)
主要民族:ポリネシア系サモア人92%
       ユーロネシアン(白人とサモア人の混血)7%
       少数のヨーロッパ系白人など。
主要言語:サモア語と英語が公用語。サモア語は国民のほとんどが
       母語として用いるが、主に口語として話され、政府機関に
       おける公文書などは英語が優先される。国民の4割前後
       は両言語を併用することができる。
主要宗教:キリスト教98%
        サモア会衆派キリスト教会32%
        ローマ・カトリック教会19%
        モルモン教15%
        メソディスト派14%
        ペンテコステ派8%
        セヴンズデー・アドヴェンティスト教会4%
        他に少数のバプテスト教会、福音派、聖公会など。
       バハーイー教1%
       ※他国ではキリスト教を名乗る新興宗教、として異端とされる
        ことも多いモルモン教だが、サモアではキリスト教の一派と
        して扱われる。

[政治・軍事]
独立:1962年1月1日
国連加盟:1976年12月15日
政治体制:立憲君主制(注1)、議院内閣制
元首:オ・レ・アオ・オ・レ・マーロー(「国家元首」のサモア語表記)
    議会による間接選挙制、任期5年、再選制限なし。
政府:内閣
    国家元首が議会最大会派の指導者を首相に任命。
    他の閣僚は首相の指名に基づき、国家元首が任命。
議会:一院制の立法議会
    49議席。47議席は直接選挙制(小選挙区と大選挙区を併用)。
    ただし被選挙(立候補)権は「マタイ」と呼ばれる伝統的な首長層
    に限られる。残る2議席は移民系の住民やユーロネシアンの代表
    枠である。任期5年。
政党制:人権擁護党による一党優位制
     (形式上は多党制)
国政選挙権:21歳以上の国民全て
兵役制度:なし (正規軍なし)
備考:小規模な警察隊と沿岸警備隊を除き、軍事力を持たない。
    国防に関してはニュージーランドが責任を負う。

[経済・通信・その他]
中央銀行:サモア中央銀行
通貨:タラ (tala, WST)
国内総生産(GDP):8億200万米ドル
1人当たりGDP:4005米ドル
GDP構成比:農林水産業10~15%
        鉱工業25~30%
        サービス業60~65% (2014年推計)
労働人口:4.9万人
失業率:不明 (5~10%と推計される)
輸出額:2750万米ドル (2014年)
輸出品:魚介類、飲料、イモ類、コプラ、再輸出品
輸出先:豪州43%、ニュージーランド10%、米国10%、米領サモア6%、日本5%
輸入額:3億4130万米ドル (2014年)
輸入品:精製石油、鉄鋼、機械類、肉類、穀物、砂糖、自動車、化学薬品
輸入元:ニュージーランド22%、シンガポール20%、中国14%、米国9%、韓国7%
固定電話回線数:1万1000回線
携帯電話回線数:11万3000回線
国別電話番号:685
ccTLD:.ws
インターネット利用者数:約5.6万人
車両通行:左側通行
平均寿命:73.8歳 (男性70.8歳、女性76.8歳)

[日本との関係]
国交樹立:1973年3月27日
相手公館:大使館 (東京)
駐日相手国人数:74人 (永住者24人)
相手輸出額:136万米ドル (2014年)
相手輸出品:魚介類が9割以上、他に飲料
日本公館:大使館 (アピア)
       ※現地に日本大使館は存在するが、形式上、サモアは
        駐ニュージーランド大使館が兼轄することとなっており、
        駐ニュージーランド大使が公式資料上は駐サモア大使
        を兼ねている。その上で、アピアに大使代行として部下
        を駐在させ、大使としての外交業務や通常の領事事務
        を委任している。
在留日本人数:87人 (永住者14人)
日本輸出額:439万米ドル (2014年)
日本輸出品:自動車、プラスチック製品、機械類、鉄鋼、精密機器
現行条約:1971年 青年海外協力隊派遣取極
       (国交樹立前だが、国家としては既に相互に承認していた)

(注1)
サモアの国家元首は議会により5年ごとに選出される。この選出規定に着目し、サモアの元首の地位を議院内閣制下の象徴的な大統領に相当するものと見なし、その政体を共和制と記す資料もある(ただし初代元首マリエトア・タヌマフィリ2世だけは終身制で、独立時から2007年5月の死去まで国家元首の地位にあった)。

しかし実際には、元首への選任資格は地方のリーダーとなっている首長の中でもとりわけ有力な4家(マリエトア家、トゥプア・タマセセ家、マタアファ家、トゥイマレアリイファノ家)に限られる。特定の権威ある世襲家系の中から選挙により元首位が決定される国家体制は、中世ヨーロッパの一部で見られたような「選挙王政」に近いものと見なされうる。よってこの当サイトでは、サモアの政治体制を立憲君主制と記している。

サモアの政治体制をどちらと呼ぶにせよ、サモアは首相率いる内閣が議会の信任のもとに統治権を行使し、実質的に政治の実権を握る議院内閣制の国であり、国民による選挙を通じて召集される議会が内閣を選出・信任するため、国家元首の地位や権限は形式的・象徴的なものである。


《国歌「自由の旗」》
制定:1962年
作曲・作詞:サウニ・リガ・クレサ

サモアよ、立ち上がれ! そなたの冠たる旗を掲げよ!
サモアよ、立ち上がれ! そなたの冠たる旗を掲げよ!
翻る旗の星を見よ。
それはサモアのためにイエス(・キリスト)が天に召された証。
おお、サモアよ、自らの力を永久に堅く抱け。
恐れるな。神は我らの創造者にして、我らの自由そのものなり。
サモアよ、立ち上がれ! そなたの冠たる旗を掲げよ!

《国名の由来》
「モアの地」の意。サは地名を表すサモア語の接頭語であり、モアはサモアを含むポリネシア地域で創造神として崇められているタンガロアの息子の名だという。また、ニュージーランドに生息していた巨鳥モア(現在は絶滅)はその化身とされる。

1997年までの国名は西サモア(Western Samoa)。その名の通り、サモア諸島の西部を領有する国であることから。現在でもその名残として、国別ドメインは.ws、通貨タラのコードもWSTとなっているほか、国名変更後も慣例的に西サモアと呼ばれることがある。特に諸島東部を領域とするアメリカ領サモアではこの傾向が顕著で、国名変更の際には「西だけが単独でサモア全土を代表するような国名を名乗ることは、同じサモア人である我々を無視した行為」として抗議している。

旧国名
1961-
1997
 西サモア独立国
(サ)Mālō Sa'oloto Tuto'atasi o Sāmoa i Sisifo
  (マーロー・サッオロト・トゥットアタシ・オ・サーモア・イ・シシフォ)
(英)Independent State of Western Samoa
  (インディペンデント・ステイト・オブ・ウェスタン・サモゥア)

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter