ドミニカ共和国

ドミニカ共和国
República Dominicana (レプブリカ・ドミニカーナ) (スペイン語)
Dominican Republic (ドミニカン・リパブリック) (英語)

Flag_of_the_Dominican_Republic.png

中央アメリカ、カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島のうち東部を統治する国で、同じくカリブ海にあるドミニカ国との区別をつけるため、ほとんどの場合でドミニカ共和国と正式名称で呼ばれます。日本では野球選手を多く輩出する国として有名ですね。

ドミニカ共和国は幾度と無く他国に占領された歴史を持ちます。1821年に一度スペインから独立したものの、翌1822年に隣国ハイチに占領され、1844年に再独立を果たしました。しかしその後もスペインによる再併合やアメリカの占領を経て、ようやく独立を確立しました。

青は神と平和を、赤は祖国と独立のために流された血を、白十字はキリスト教と自由を表し、中央の国章は聖書と十字架を組み合わせたもので、月桂樹と椰子の葉で囲まれています。その上部には国の標語である「神・祖国・自由」、下部には「ドミニカ共和国」と、それぞれスペイン語で書かれています。民間では国章を省いた国旗もよく使われます。

【旧国旗】
Former_Dominican_Republic.png

現国旗のもととなった1844年制定の国旗です。それまでイスパニョーラ島全域を支配していたハイチの国旗を参照したもので、2度目のスペインによる併合(1861年)まで用いられました。1865年に再び独立してからは、現国旗が使用されています。



ドミニカ共和国
República Dominicana (レプブリカ・ドミニカーナ)
Dominican Republic (ドミニカン・リパブリック)

Map_of_Dominican_Republic.gif

統計データは原則として2015年時点のもの。

[地理]
位置:北アメリカ (カリブ海)
面積:約4.9万km² (九州のおよそ1.4倍)
人口:約1065万人
都市人口率:79.0%
首都・最大都市:サントドミンゴ (西・英:Santo Domingo)
主要民族:ムラート(白人と黒人の混血)72%
       ヨーロッパ系白人16%
       アフリカ系黒人11%
       少数の移民(大半がハイチ国籍。他にアラブ人)。
主要言語:スペイン語が公用語で、国民の98%が母語として使用する
       が、先住民言語(特にアラワク語)やフランス語の影響を強く
       受けているため、標準的なスペイン語の共通語であるカステ
       ィーリャ語とは異なるクレオール言語として用いられることが
       大半で、標準スペイン語は政府機関などの公的な機関で用
       いられる程度。他にハイチ・クレオール語、フランス語など。
主要宗教:キリスト教97%
        ローマ・カトリック教会78%
        福音派17%
        セブンズデー・アドヴェンティスト教会1%
       無宗教2%
       少数のバハーイー教、ヴードゥー教など。

[政治・経済]
独立:1821年12月1日(スペインから)、1844年2月27日(ハイチから)
国連加盟:1945年10月24日(原加盟国)
政治体制:共和制、大統領制
元首:大統領
    直接選挙制、任期4年、3選禁止。
政府:内閣(首相職なし)
    閣僚は大統領が任命。
議会:二院制の国民議会
    ●元老院(上院)
     32議席。直接選挙制(小選挙区制)。任期4年。
     国家を構成する31州、および単独で州と同格の
     地位を持つ首都サントドミンゴから、1名ずつ選出。
    ●代議院(下院)
     190議席。直接選挙制(比例代表制)。任期4年。
政党制:ドミニカ解放党とドミニカ革命党による二大政党制
国政選挙権:18歳以上の国民全て(軍人を除く)。ただし既婚者
        に限り、年齢に関わらず選挙権が与えられる。
兵役制度:志願制
国防費:4億5300万米ドル
軍組織:ドミニカ共和国軍
     陸軍2万6000人
     海軍1万人
     空軍1万人

[経済・通信・その他]
中央銀行:ドミニカ共和国中央銀行
通貨:ドミニカ・ペソ (peso, DOP)
国内総生産(GDP):671億300万米ドル
1人当たりGDP:6373米ドル
GDP構成比:農林水産業5.3%
        鉱工業33.2%
        サービス業61.5%
労働人口:501万人
失業率:14.0%
輸出額:95億2300万米ドル
輸出品:再輸出品、衣類、タバコ製品、ニッケル製品、バナナ、カカオ豆、履物、酒類
輸出先:米国43%、ハイチ17%、カナダ8%、インド5%、中国4%
輸入額:168億6000万米ドル
輸入品:精製石油、天然ガス、機械類、化学薬品、自動車、鉄鋼、繊維原料
輸入元:米国42%、中国9%、ベネズエラ6%、トリニダード・トバゴ5%、メキシコ4%
固定電話回線数:130万5000回線
携帯電話回線数:879万7000回線
国別電話番号:1-809, 1-829, 1-849
ccTLD:.do
インターネット利用者数:約551万人
車両通行:右側通行
平均寿命:78.2歳 (男性75.9歳、女性80.5歳)

[日本との関係]
国交樹立:1934年11月
相手公館:大使館 (東京)
駐日相手国人数:643人 (永住者192人)
相手輸出額:8030万米ドル
相手輸出品:再輸出品、履物、カカオ豆、タバコ製品、コーヒー豆、銅くず
日本公館:大使館 (サントドミンゴ)
在留日本人数:793人 (永住者576人)
日本輸出額:3億1700万米ドル
日本輸出品:自動車、機械類、精密機器、二輪車、ゴム製品、化学繊維
現行条約:1957年 査証(ビザ)相互免除取極
       1985年 青年海外協力隊派遣取極
       2006年 技術協力協定


《国名の由来》
首都サントドミンゴ(Santo Domingo)の名に由来し、独立に際して国名にも採り入れられた。この地に都市を建設しサントドミンゴと名付けたのはクリストファー・コロンブスの弟バルトロメとされているが、この名にした理由ははっきりとはわかっていない。有力な説としてはコロンブス兄弟の父の名ドメニコ、中世ラテン語で「安息日」を表すDies Dominica(ディエス・ドミニカ)、キリスト教の聖人である聖ドミニコなどがある。

同じカリブ海のドミニカ国との混同を避けるため、ドミニカ共和国という公式国名で言及されることがほとんど。

旧国名
1821-
1822
 ハイチ・スペイン人共和国
(西)República del Haití Español
  (レプブリカ・デル・アイティ・エスパニョール)

(英)Republic of Spanish Haiti
  (リパブリック・オブ・スパニッシュ・ヘイティ)

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter