ポルトガル

ポルトガル
Portugal (ポルトガル語・英語)

Flag_of_Portugal.png

南ヨーロッパのイベリア半島南西部を占めるポルトガルは、1139年に王国として建国されました。1510年代からは、後に大航海時代と呼ばれることとなるヨーロッパ人の世界進出政策で先導的な役割を果たし、ブラジルなど各地に植民地を建設したことで知られます。

しかし16世紀後半より、対外膨張主義の行き過ぎによっておろそかになった内政、他の列強諸国の台頭などの要因から国力は徐々に衰退していきます。1910年には民衆の不満が爆発する形で革命が発生し、王政廃止と共和制移行が宣言されました。現国旗は革命翌年の1911年に、それまでの青と白の国旗を緑と赤に改める形で制定されています。緑は希望と誠実さ、赤は王政打倒の革命で流された血を象徴します。

2つの色の境目には簡略化された国章と天球儀が配されていますが、5つの青い盾は初代ポルトガル王アフォンソ1世が1139年のオーリッケの戦いで駆逐した5人の敵王、もしくはイエス・キリストの5つの聖痕を、7つの黄色い砦はイスラム教徒からの国土回復運動(レコンキスタ)の中で1252年に国王アフォンソ3世が奪還した城塞を表すとされます。天球儀は大航海時代に活躍したポルトガル人の偉業と航海技術を称えるものです。

縦横比:2対3

【旧国旗】
Kingdom_of_Portugal.png
ポルトガル王国は伝統的に白地の中央に王冠と国章を配した国旗を使用してきましたが、1830年にこの白地のホイスト側を青に置き換えた国旗が制定され、王政打倒までの80年間にわたって用いられました。青と白はポルトガル王家の紋章の色です。


ポルトガル共和国
República Portuguesa
Portuguese Republic


Map_of_Portugal.gif

統計データは原則として2015年時点のもの。

[地理]
位置:ヨーロッパ
面積:約9.2万km² (北海道の約1.1倍)
人口:1061万人
都市人口率:63.5%
首都・最大都市:リスボン (ポ:Lisboa, 英:Lisbon)
          ※ポルトガル語での発音はリジュボアに近い。
主要民族:ポルトガル人(古代イベリア先住民とケルト系などの混血)が
       約95%を占める。残り5%は外国籍の移民で、ポルトガル語圏
       諸国(ブラジル、カーボベルデ、アンゴラ、ギニアビサウなど)と
       EU諸国民(イギリス、ルーマニア、スペインなど)が多い。他に
       ウクライナ人など。
主要言語:ポルトガル語が公用語で、国民の大半が母語として使用する
       ほか、移民も生活上の共通語として用いる。北東部の一角で
       はミランダ語と呼ばれるスペイン語・ポルトガル語双方の影響
       を受けた独自言語も話され、地域公用語として認められる。
主要宗教:キリスト教84%
        ローマ・カトリック教会81%
        プロテスタント諸派3%
       無宗教または明示していない14%
       少数のイスラム教、ユダヤ教、バハーイー教など。

[政治・軍事]
建国:1139年7月25日
国連加盟:1955年12月14日
政治体制:共和制、議院内閣制
元首:大統領
    直接選挙制。任期5年。3選禁止。
政府:閣僚評議会(内閣に相当)
    大統領が議会最大会派の指導者を首相に任命。
    他の閣僚は首相の指名に基づき、大統領が任命。
議会:一院制の共和国議会
    230議席。直接選挙制(比例代表制)。任期4年。
政党制:社会党と社会民主党による緩やかな二大政党制。
     この国の社会民主党は他国の同名政党とは異なり、
     中道右派の保守政党として、中道左派の社会党と
     対峙している。
国政選挙権:18歳以上の国民全て
兵役制度:志願制
国防費:43億8000万米ドル
軍組織:ポルトガル軍
     陸軍2万6000人
     海軍9700人
     空軍7200人

[経済・通信・その他]
中央銀行:ポルトガル銀行 (注1)
通貨:ユーロ (euro, EUR, 注1)
国内総生産(GDP):1989億3100万米ドル
1人当たりGDP:1万9222米ドル
GDP構成比:農林水産業2.4%
        鉱工業21.9%
        サービス業75.7%
労働人口:517万人
失業率:11.3%
輸出額:522億1000万米ドル
輸出品:機械類、自動車と部品、繊維製品、石油製品、ワイン、木材、果物
輸出先:スペイン25%、フランス12%、ドイツ12%、英国7%、米国5%
輸入額:616億9000万米ドル
輸入品:原油、機械類、天然ガス、自動車、化学製品(特に医薬品)、鉄鋼
輸入元:スペイン33%、ドイツ13%、フランス7%、イタリア5%、オランダ5%
固定電話回線数:468万3000回線
携帯電話回線数:1171万5000回線
国別電話番号:351
ccTLD:.pt
インターネット利用者数:693万人
車両通行:右側通行
平均寿命:79.5歳 (男性76.1歳、女性82.8歳)

[日本との関係]
国交樹立:1860年8月3日
相手公館:大使館 (東京)
駐日相手国人数:993人 (永住者176人)
日本公館:大使館 (リスボン)
駐日相手国人数:594人 (永住者320人)
現行条約:1974年 査証(ビザ)相互免除取極
       1978年 漁業協定
       2013年 租税条約
       2015年 ワーキング・ホリデー査証協力覚書

(注1)
ヨーロッパ連合(EU)が統一通貨としてユーロを導入して以降、通貨発行権や金融政策の方針決定権はヨーロッパ中央銀行が担うようになり、ユーロ導入国が本来設置していた中央銀行はその傘下にある執行組織に改組された。ユーロ導入国の各中央銀行総裁はヨーロッパ中央銀行政策理事会の一員となり、連携してヨーロッパ中央銀行の政策を決定し、それに基づいて各国内での業務執行に当たることとされる。

なお、ユーロ導入前にポルトガル銀行が発行していた通貨はポルトガル・エスクード(escudo, PTE)である。


《国名の由来》
ポルトガル語ではPortugal(ポルトゥガル)と表記され、日本語表記もこの読み方に基づいている。英語でも表記は同じだが、読みはポーチュゴルもしくはポーチュゴーに近い。

古代ローマ時代、イベリア半島北西部(現在のポルト市周辺)にはケルト系民族であるGallaeci(ガラエキ人)が住んでおり、同地域をラテン語で「ガラエキの港」を意味するPortus Gale(ポルトゥス・ガーレ)と呼んだ。またガーレは「穏やかな」という意味も持つため、「穏やかな港」とも訳すことができる。これがやがてイベリア半島西部を表す広域的な地名となり、転訛してポルトガルという国名となった。

旧国名
1139-
1471
 ポルトガル王国
(葡)Reino de Portugal
(英)Kingdom of Portugal
1471-
1815
 ポルトガル・アルガルヴェ連合王国
(葡)Reino Unido de Portugal e Algarves
(英)United Kingdom of Portugal and the Algarves
1815-
1825
 ポルトガル・ブラジル・アルガルヴェ連合王国
(葡)Reino Unido de Portugal, Brasil e Algarves
(英)United Kingdom of Portugal, Brazil and
   the Algarves
1825-
1910
 ポルトガル王国
(葡)Reino de Portugal
(英)Kingdom of Portugal

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter