ベトナム

ベトナム
Việt Nam (ベトナム語)
Vietnam (英語)

Flag_of_SR_Vietnam.png

ベトナム国旗は通称「金星紅旗」と呼ばれ、一目で社会主義国家ということがわかるデザインになっています。国旗の原型は1941年にベトナム独立同盟(ベトミン)が定めたもので、今の旗との違いは星に少し丸みがあった程度です。これを1945年成立のベトナム民主共和国(後の北ベトナム)が採用し、1955年に星の形を現在の鋭利なものに変更。1976年の南北統一後も引き続き用いられています。

国旗の赤は独立のために流された血、黄色い星が社会主義革命を表します。星から放たれる5つの光は労働者、農民、軍人、知識層、青年という主要な5つの階級を象徴します。また、赤と黄は古くからベトナム人が用いてきた伝統的な配色でもあります。

19世紀後期よりフランスの植民地支配を受けていたベトナムでは、第二次大戦終結と同時に社会主義国家ベトナム民主共和国の樹立が宣言されましたが、影響力を保持したいフランスは1949年、南部に親仏国家(南ベトナム)を樹立。必然的にベトナム民主共和国の領域は北部となり、ベトナムは南北に分断されました。しかしベトナム戦争を経て1976年に北が南を併合する形での統一が実現し、同年中に国名を現在のものに変更。国旗は北ベトナム国旗が引き継がれました(南ベトナムの記事も参照して下さい)。

縦横比:2対3


ベトナム社会主義共和国
Cộng hòa xã hội chủ nghĩa Việt Nam
Socialist Republic of Vietnam


Map_of_Vietnam.gif

統計データは原則として2015年時点のもの。

[地理]
位置:アジア
面積:約33.1万km² (日本の約88%)
人口:約9339万人
都市人口率:33.6%
首都:ハノイ (Hanoi)
最大都市:ホーチミン・シティ (Ho Chi Minh City, 旧サイゴン)
主要民族:キン族(ヴェト族)が人口の86%を占める最大民族であり、
       狭義のベトナム人といえば通常はキン族を指す。政府は
       他に53の少数民族を認定しており、うちタイー族とタイ族
       が約2%ずつ、ムオン、クメール、ホア、ヌン、モンの各民
       族がそれぞれ約1%ずつを占める。
       (タイー族とタイ族は同系統の近縁民族だが別民族扱い)
主要言語:ベトナム語(キン語)が公用語で、キン族の母語として使用
       されるほか、民族をまたぐ共通語として少数民族にも幅広
       く話される。他にタイー語、タイ語、ムオン語など各民族語。
主要宗教:無宗教82%
       仏教(同系列の新興宗教を含む)10%
       キリスト教(ローマ・カトリック教会がほとんど)7%
       少数のイスラム教、ヒンドゥー教、道教など (注1)

[政治・軍事]
独立:1945年9月2日(北ベトナム)、1949年6月14日(南ベトナム)
南北統一:1976年7月2日(北ベトナムが南ベトナムを併合)
国連加盟:1977年9月20日
政治体制:共和制、社会主義国
元首:国家主席
    議会が選出。任期5年。3選禁止。
政府:内閣
    首相は国家主席が、他の閣僚は首相が任命するが、
    いずれの任命権行使にも議会の承認が必要とされる。
議会:一院制の国会
    500議席。直接選挙制(大選挙区制)。任期5年。
政党制:ベトナム共産党による一党制。個人独裁を防ぐため、最高指導者
     である党書記長は国家主席や首相には就かない慣例が定着し、
     共産党書記長、国家主席、首相の3名を中核とするトロイカ体制
     と呼ばれる集団指導体制が敷かれている。
国政選挙権:18歳以上の国民全て
兵役制度:徴兵制
国防費:45億8500万米ドル
軍組織:ベトナム人民軍
     陸軍41万2000人
     海軍4万5000人 (沿岸警備隊を含む)
     空軍3万人
     他に7万人(一部資料では最大15万人)規模と推計される
     国境警備隊も保有し、有事には人民軍の一角として各軍
     と共同で作戦を担う。

[経済・通信・その他]
中央銀行:ベトナム国立銀行
通貨:ドン (dong, VND)
国内総生産(GDP):1935億9900万米ドル
1人当たりGDP:2111米ドル
GDP構成比:農林水産業16.9%
        鉱工業39.1%
        サービス業44.0%
労働人口:5493万人
失業率:3.7%
輸出額:1692億米ドル
輸出品:繊維製品、機械部品、原油、コーヒー豆、米、天然ゴム、魚介類、家具
輸出先:米国21%、中国13%、日本8%、韓国6%、ドイツ4%
輸入額:1610億米ドル
輸入品:機械類、鉄鋼、繊維原料、石油製品、自動車、化学製品、パーム油
輸入元:中国34%、韓国14%、シンガポール7%、日本6%、香港5%
固定電話回線数:589万8000回線
携帯電話回線数:1億2201万3000回線
国別電話番号:84
ccTLD:.vn
インターネット利用者数:4906万人
車両通行:右側通行
平均寿命:73.4歳 (男性70.9歳、女性76.2歳)

[日本との関係]
国交:1973年9月21日 (旧北ベトナムとの国交を継承)
相手公館:大使館 (東京)
       総領事館 (大阪、福岡)
駐日相手国人数:14万9778人 (永住者1万3539人、特別永住者2人)
日本公館:大使館 (ハノイ)
       総領事館 (ホーチミン・シティ)
在留日本人数:1万4695人 (永住者181人)
現行条約:1994年 航空協定
            青年海外協力隊派遣取極
       1995年 租税条約
       1998年 技術協力協定
       2004年 投資協定
       2006年 科学技術協力協定
       2009年 経済連携協定(EPA)
       2012年 原子力協定

(注1)
信教の自由は憲法上は保障されているが、実質的には宗教活動には共産党当局より厳しい制約が設けられており、国民の大半は無宗教となっている。ただ民間信仰を含む多くの土着宗教や、既存の宗教から派生した新興宗教が存在し、1986年に共産党が導入したドイモイ(刷新)と呼ばれる改革・規制緩和政策以降は、信仰を持つ者が増えている。ベトナムは伝統的に仏教の影響を強く受けてきた国であることから、仏教系の新興宗教団体の活動が特に目覚ましく、仏教に独自の教義を織り込んだカオダイ教やホアハオ教はベトナム人固有の民族宗教や道教と融合し、幅広い支持を得ている。

多くの国民は宗教家や信者に制限を加える共産党当局の目をかいくぐることを目的に、表向きは無宗教を謳う。そのためベトナム政府の国勢調査で得られる公式数値では上記のように無宗教が国民の大半を占める。しかし実際には、人口の4~5割程度はベトナムで独自に進化した民間信仰の保持者、15%前後は仏教徒、8%前後はキリスト教徒と考えられており、真の無宗教者は30%前後にまで後退すると推計されている。


《国名の由来》
ベトナム語ではViệt Nam(ヴェト・ナム)と表記される。「越南」という漢字に対応する地名だが、フランスの統治下でローマ字による表記が普及し、1945年のベトナム民主共和国成立後はローマ字表記が正書法となった。英語ではVietnam(ヴィエトナム)と表記される。ベトナム語の国名ではNamの前に空白を設けるが、英語の場合はそのまま1つの単語として書かれることが多い。ただし国連など国際機関においてはViet Namの表記も見られる。

越南は「越の南方」の意味。越とは紀元前600年頃から同334年まで長江南方に存在した王朝の名称で、楚によって滅ぼされたものの、その残存勢力が現在のベトナムの一部に南下し、ベトナム人の祖先になったという。その後長らく南越(ナム・ヴェト)や大越(ダイ・ヴェト)を国号としていたが、1804年に阮朝(グエン朝)の初代皇帝である嘉隆帝によって越南(ヴェト・ナム)に変更された。

旧国名
1945-
1976
 ベトナム民主共和国
(越)Việt Nam Dân chủ Cộng hòa
(英)Democratic Republic of Vietnam

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter