バーレーン

バーレーン
البحرين (アラビア語)
Bahrain (英語)

Flag_of_Bahrain.png

中東のバーレーンはペルシア湾に浮かぶバーレーン島を主島とし、ムハッラク島、ウンム・アル=ナサン島などの付属島嶼、そして長年カタールと領有権を争ってきたハワール諸島(2001年、国際司法裁判所の裁定によりバーレーン領に確定)などの島々で構成される島国です。国土の小ささから石油資源は周辺諸国よりも少なく、代わって石油化学工業や金融業で国の繁栄を維持しています。

ペルシア湾岸の各君主は、伝統的に赤い旗を自らの象徴として掲げてきました。これは戦いにおける血を象徴する色であり、バーレーンの場合も同様でしたが、周辺国の旗と区別するため、1820年よりホイスト側に平和の象徴である白い帯が付されました。これが現在のバーレーン国旗の原型となります。

白と赤の境界は当時は直線でしたが、イギリスの保護国時代の1932年よりジグザグの意匠が現れ始め、次第に正式な旗もジグザグへと置き換えられていきます。また、ジグザグの数も1932年当時は28本でしたが、イギリスから独立(1971年)した翌年に8本となり、更に2002年の立憲君主制移行に伴い5本にまで減らされています。この5という数字はイスラム教の五行(注1)を表すそうです。

縦横比:3対5


バーレーン王国
مملكة البحرين
Kingdom of Bahrain


Map_of_Bahrain.gif

統計データは原則として2015年時点のもの。

[地理]
位置:アジア
面積:約765km² (奄美大島より少し大きい)
人口:136万人
都市人口率:88.8%
首都・最大都市:マナーマ (Manama)
主要民族:アラブ人51%(バーレーン国籍46%、外国籍5%)
       アジア系外国人(インド人など南アジア系が大半)45%
       少数のアフリカ系黒人、ヨーロッパ系白人、イラン人など。
主要言語:アラビア語が公用語で、バーレーン国籍を持つ者の母語
       となっているが、ビジネスやメディア、高等教育では英語
       も幅広く使用される。他に外国人労働者は自らの母国語
       も話す。
主要宗教:イスラム教(国教)70%
        シーア派42%
        スンナ派28%
       キリスト教15%
        ローマ・カトリック教会9%
        少数の正教会、プロテスタント諸派も存在
       ヒンドゥー教10%
       仏教2%
       無宗教2%
       ※バーレーン国籍保持者はイスラム教徒がほとんど。

[政治・軍事]
建国:1783年7月23日(ハリーファ家による支配の確立)
独立:1971年8月15日(外交権の回復。内政権はそれ以前より保持)
国連加盟:1971年9月21日
政治体制:立憲君主制、君主に実権
元首:国王
    ハリーファ家による世襲制。原則的に終身制。
政府:内閣
    首相と閣僚は国王が任命。
議会:二院制の国民議会
    ●諮問評議会(上院)
     40議席。国王による任命制。任期4年。
    ●代議評議会(下院)
     40議席。直接選挙制(小選挙区制)、任期4年。
政党制:政党は禁止されているが、より政治主張の緩やかな社会団体の
     結成は認められており、これが政党に代わって国民の意見集約
     を担い、実質的に政党の役割を果たしている。
兵役制度:志願制
国政選挙権:20歳以上の国民全て
国防費:14億100万米ドル
軍組織:王立バーレーン国防軍
     陸軍6000人
     海軍1800人 (沿岸警備隊を含む)
     空軍1500人

[経済・通信・その他]
中央銀行:バーレーン中央銀行
通貨:バーレーン・ディナール (dinar, BHD)
国内総生産(GDP):322億2100万米ドル
1人当たりGDP:2万3396米ドル
GDP構成比:農林水産業0.3%
        鉱工業38.3%
        サービス業61.4%
労働人口:約79万人 (うち4割半が外国人労働者)
失業率:4.1%
輸出額:142億1000万米ドル
輸出品:石油製品、アルミニウム(精錬済み)と同合金、繊維製品、再輸出品
輸出先:サウジアラビア23%、UAE11%、米国8%、日本4%、韓国4%
輸入額:88億4800万米ドル
輸入品:原油、機械類、自動車、リン鉱石、鉄鋼、繊維原料、食料品、金、宝石
輸入元:サウジアラビア29%、米国10%、中国8%、日本7%、豪州5%
固定電話回線数:27万9000回線
携帯電話回線数:251万9000回線
国別電話番号:973
ccTLD:.bh
インターネット利用者数:約128万人
車両通行:右側通行
平均寿命:78.9歳 (男性76.7歳、女性81.1歳)

[日本との関係]
国交樹立:1972年5月2日
相手公館:大使館 (東京)
駐日相手国人数:31人 (永住者無し)
日本公館:大使館 (マナーマ)
在留日本人数:251人 (永住者無し)
現行条約:1998年 航空協定

(注1)
シャハーダ(شهادة, 信仰告白)、サラート(صلاة, 礼拝)、ザカート(زكاة, 喜捨)、サウム(صوم, 断食)、ハッジ(حج, 巡礼)という5つの行為。イスラム教徒が守らなければならないとされる義務。

シャハーダは「アッラーの他に神は無く、ムハンマドはアッラーの使徒である」と述べること。サラートはメッカのカーバ神殿の方角に向かって祈ること。ザカートは貧困に苦しむ者に収入の一部を与えること。サウムはラマダン期間の間、日中の飲食や性行為を断つこと。ハッジは実際にカーバ神殿に赴くこと。


《国名の由来》
アラビア語ではالبحرين(アル=バフライン)と表記される。日本語表記のバーレーンは英語の発音に由来するが、学術・専門分野ではより原語に近いバハレーンと書かれることも多い。

国名はアラビア語で「2つの海」を意味するが、その由来については島の両サイドが海であるからという説と、海の塩水と島の地下にある淡水を表すという説があり、はっきりしていない。

旧国名
1971-
2002
 バーレーン国
(ア)دولة البحرين
(英)State of Bahrain

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter