バチカン

バチカン
Civitas Vaticana (キウィタース・ウァティカーナ) (ラテン語)
Città del Vaticano (チッタ・デル・ヴァティカーノ) (イタリア語)
Vatican City (ヴァティカン・シティ) (英語)

Flag_of_the_Vatican_City_(Holy_See).png

バチカン市国はイタリアの首都ローマ市内に位置する世界最小の独立主権国家であり、キリスト教の最大宗派「ローマ・カトリック教会」の最高権威者であるローマ教皇(法王)を頂点とする特異な宗教国家として知られます。国土面積は東京ディズニーランドより小さく、人口も1000人に満たないのですが、全世界10億人以上のカトリック信徒に対して多大な影響力を持っており、潜在的な力は非常に強いと言えます。国家そのものが世界文化遺産に指定されており、域内にはサンピエトロ大聖堂、システィナ礼拝堂といった著名な宗教建造物がそびえるほか、教皇の公邸となっているバチカン宮殿と、その眼前に広がる古代ローマのコロッセオを模した大広場は、イタリア国内外からカトリック信者だけでなく多くの人々が訪れる一大観光地となっています。

教皇はかつて教皇領(教皇国家)の名で、本拠地ローマを中心にイタリア各地に領土を持っていましたが、近代に入るとサルデーニャ王国が強力に推進したイタリア統一運動(リソルジメント)の一環として、北部の領地を1861年に接収されました(同年イタリア王国建国)。8世紀から続いた伝統的な支配地を侵された教皇庁はこれに抗議し、イタリア政府との関係は冷却化しましたが、国家統一を大義名分としたイタリアの進出は止まらず、1870年には遂に最後の領地にして本拠地でもあるローマも併合し、自らの首都と定めました。ここにきて教皇庁はイタリア政府との関係を断絶するに至り、当時の教皇ピウス9世は抗議の意味を込めて自らを「バチカンの囚人」と呼び、ローマ市内のバチカンの丘に引きこもるようになります。カトリック信仰のお膝元であるイタリアが、その総本山に見放されるという事態は、ローマ問題の名でイタリアのみならずカトリック世界全体で議論を巻き起こしましたが、1922年に政権を奪取したベニト・ムッソリーニはカトリック教会の支持獲得を狙い、教皇庁との和解と関係改善に着手。結果、1929年にイタリア政府と教皇庁の間でラテラノ条約が結ばれ、かつての土地所有権を教皇庁が放棄する代わりに、イタリア国内でカトリック教会に特別な地位を与えること、そしてバチカンの丘とその周辺一画を教皇が率いる独立国家とすることが認められ、バチカン市国が建国されたのです。

バチカン市国の国旗は1929年の建国と同時に制定されましたが、黄(金色)と白という国旗の配色は教皇庁所属の衛兵の帽子の色とされ、1825年より既に教皇領の旗として用いられていました。フライ側には14世紀より教皇のシンボルとされてきた紋章が配されており、『新約聖書』のマタイ伝において聖ペテロ(後に初代ローマ教皇に指定された人物)がイエス・キリストより授けられたという天国への2つの鍵、教皇が宗教上保持している三大権力(司祭権、司牧権、教導権)を象徴する教皇の三重冠で構成されています。縦横比はスイス国旗と同様、1対1の正方形となっています。

縦横比:1対1


バチカン市国
Status Civitatis Vaticanæ
(スタトゥス・キウィターティス・ウァティカーネ)

Stato della Città del Vaticano
(スタート・デッラ・チッタ・デル・ヴァティカーノ)

Vatican City State
(ヴァティカン・シティ・ステイト)


Map_of_the_Vatican_City.gif

統計データは原則として2015年時点のもの。

[地理]
位置:ヨーロッパ
面積:約0.44km² (東京ディズニーランドの約85%)
人口:約800人
都市人口率:100% (都市国家)
首都・最大都市:バチカン (羅:Civitas Vaticana 英:Vatican City)
          都市国家であり、国家全体で1つの都市を形成する。
主要民族:統計無し。各国のカトリック教会の聖職者とスイス人衛兵が
       市国の公務に当たる際、一時的にバチカンの国籍を取得
       する。公務終了後はバチカン国籍を返上し、もとの国籍に
       戻る必要がある。
主要言語:ラテン語が公用語 (注1)
主要宗教:キリスト教ローマ・カトリック教会(国教)100%

[政治・軍事]
独立:1929年2月11日
国連加盟:非加盟 (投票権の無いオブザーバーとして参加)
政治体制:絶対君主制(選挙王政)
元首:ローマ教皇(法王)
    全世界のカトリック枢機卿のうち、教皇庁が任命した80歳未満の
    枢機卿(上限120人)の中から互選される。ただし自分自身への投
    票は認められない。この教皇選出プロセスをコンクラーヴェという。
    教皇は自らの意志での退位は認められるが、原則として終身制。
政府:教皇庁(法王庁)
    外務・総務を管轄する国務長官が事実上の首相格。
    構成員は全員枢機卿であり、教皇が任命。
議会:市国委員会
    7議席。委員は全員枢機卿であり、教皇が任命。委員長は市国内
    の実務も統括するため、行政府としての側面もある。任期5年。
政党制:無党制
国政選挙権:80歳未満の枢機卿のみ。
兵役制度:なし (正規軍なし)
備考:少数の憲兵が市国領内を警備するほか、スイス人衛兵隊(注2)が
    教皇警護を担当。有事の際はイタリア軍がバチカンを防衛する。

[経済・通信・その他]
中央銀行:聖座財産管理局
通貨:ユーロ (euro, EUR, 注3)
経済備考:通常の国家と同様の経済活動は行われず、主に
       教皇庁資産の運用、切手やコインの販売、各国
       の教会や信者からの献金などで活動資金を捻出
       している。
電話回線数:統計無し
国別電話番号:379
ccTLD:.va
車両通行:右側通行
平均寿命:統計無し (市国内での出産と死亡が想定されていない)

[日本との関係]
国交樹立:1942年3月
相手公館:大使館 (東京, 注4)
駐日相手国人数:5人 (永住者無し)
日本公館:大使館 (ローマ, 注4)
在留日本人数:0人 (駐バチカン大使館職員は実際にはローマに居住
             しているため、バチカン在留邦人には含まれない)
現行条約:1999年 外交旅券保持者への査証(ビザ)相互免除取極

(注1)
ラテン語は既に死語であり、日常的にはイタリア語が話される(ラテン語は教会の公式行事などでのみ儀礼的に使用)。下記のスイス人衛兵隊では主にドイツ語が使われるほか、教皇庁の外交言語としてはフランス語が用いられる。

(注2)
1505年に教皇ユリウス2世が常備軍設立を決め、当時ヨーロッパ有数の強さで知られたスイスに兵員の確保を要請した故事から、現在まで教皇庁の私有部隊としてスイスから供給され続けている。衛兵となる資格は、カトリック教徒のスイス国民かつ30歳までの男性であること。現在は主に儀礼的な役割を担うに過ぎないが、教皇の身辺警護など運用上の強化も図られ、伝統的な武器に加えて重火器の訓練なども行われている。

(注3)
かつてはイタリア・リラ(lira, ITL)と、その付属通貨として硬貨のみ発行されていたバチカン・リラ(lira, VAL)を併用していた。その後、イタリアの通貨がユーロに移行したのに伴い、ヨーロッパ連合(EU)非加盟国ながら、特例でユーロ使用が認められた。

(注4)
東京に駐在するバチカンの大使館は「ローマ法王庁大使館」を正式な名称としている。また、バチカン国内には他国の大使館を置く土地が無いため、他国の駐バチカン大使館は市国を取り囲むイタリアの首都ローマに置かれている。


《国歌「教皇行進曲」》
制定:1949年
作曲:シャルル・グノー
作曲:アントニオ・アッレグラ

おお、幸福なるローマ。おお、貴きローマ。
ローマで血を流せし、ペトロの聖座よ。
ペトロ、天国の鍵を授けられし者。
教皇、汝はペトロの後継者。
教皇、汝は教え導く者にして、信者を授堅せし者。
教皇、天地を繋ぐ汝は、神に最も近いしもべであり、
福音の伝導者であり、信徒に伝え授ける者である。
教皇、汝は地上におけるキリストの代理者であり、
荒波に囲まれた岩であり、闇夜を照らすかがり火である。
汝は自らの権威によって、平和を守護し、結束を管理し、
注意深き自由の番人とならん。

教皇、汝は決して砕けぬ岩なり。
その岩の上に神の聖堂が立つ。

教皇、汝は地上におけるキリストの代理者であり、
荒波に囲まれた岩であり、闇夜を照らすかがり火である。
汝は自らの権威によって、平和を守護し、結束を管理し、
注意深き自由の番人とならん。

おお、幸福なるローマ。おお、貴きローマ。

《国名の由来》
ローマにあるバチカンの丘に由来する国名で、バチカンはラテン語で「神託」や「預言」を意味するvaticinari(ウァティキナリ)を語源とする。バチカンの丘は初代教皇とされる聖ペテロが殉教した地とされ、後にカトリック教会の本拠地となった。国内にはサンピエトロ大聖堂があり、教皇庁に与える土地としてふさわしい場所だと考えられたという。ちなみにサンピエトロは「聖ペテロ」のイタリア語名。

ローマ教皇の最高権威を表す言葉として「聖座」があるが、国際機関においてはこれを国名のかわりとして使用する場合もある。例えばバチカンは正式な国連加盟国ではないが、投票権の無いオブザーバーとして国連総会に参加することを認められており、その際に「バチカン市国」ではなく聖座(英語ではthe Holy See (ザ・ホーリー・シー))を用いている。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京ディズニーランド アクセス

東京ディズニーランド ディズニー・ハロウィーン 2006 【Disneyzone】商品価格:1,890円レビュー平均:4.94 東京ディズニーランドの年間の収入は 東京ディズニーランドの年間の収入は年間で、東京ディズニーランドはいくらくらいもうけてるんですかね? 5億円とかは普通?...

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【タディの国旗の世界】
【駐京雑記】
【ぷらずま式改】
QRコード
QRコード
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Flag counter