ミクロネシア

ミクロネシア
Micronesia (FSM)
(英語)

Flag_of_the_Federated_States_of_Micronesia.png

太平洋上に浮かぶ大小600以上の島々から構成されるミクロネシア連邦は、1986年にアメリカの信託統治下から独立した島国です。連邦は首都パリキールのあるポンペイ島のほか、ヤップ島、チューク島、コスラエ島の4島を主要な領土としており、それぞれは周辺島嶼と合わせて一定の自治権を持った州を形成しています。

このうちヤップ州は4州の中で最も伝統的な生活様式が残された島として知られます。連邦の公式な通貨は米ドルであり、日常的な買い物ではヤップの人々も米ドルを使っているものの、冠婚葬祭などの行事や土地の売買といった大きな買い物では、巨大な石を円形に掘って中央に穴をあけた石貨が使われます。これは古くから島で富の象徴とされてきたもので、掘り方が綺麗でなおかつ大きいほど価値が高いとのこと。

国旗は1979年の自治政府発足に伴い制定されたもので、太平洋を象徴する水色に、4州を表す4つの星が配されています。また水色と白という配色は国連旗にも使われていますが、これは独立前の連邦がアメリカを施政者とする国連の信託統治を受けていた経緯を象徴すると共に、星を十字型に配することで南十字星とこの国の主要宗教であるキリスト教を表しています。

縦横比:10対19

【旧国旗】
FSM_(1965-1978).png
かつては同じくアメリカの信託統治下にあったパラオとマーシャル諸島も1つの州としてミクロネシア連邦に参加し、いずれ一緒に独立する予定だったため、1965年制定のこの旗では星の数は6個でした。

しかし自治政府発足前年の1978年に行われた連邦憲法草案に対する住民投票で、パラオとマーシャル諸島は草案を否決。それに伴い両地域は個別に独立への道を歩むこととなり、残った4州が翌1979年に自治政府を結成しました。その際に星の数も4つに減らされています。背景の色も現在の水色より濃いですね。


ミクロネシア連邦
Federated States of Micronesia


Map_of_the_Federated_States_of_Micronesia.gif

統計データは原則として2013年時点のもの。

[地理]
位置:オセアニア
面積:約702km² (対馬とほぼ同じ)
人口:10.4万人
首都:パリキール (Palikir, ポンペイ島)
最大都市:ウェノ (Weno, チューク島)
主要民族:ミクロネシア系諸民族88% (注1)
        チューク人49%
        ポンペイ人24%
        ヤップ人9%
        コスラエ人6%
       アジア系2%
        中国やフィリピンからの出稼ぎ労働者が大半。
       ポリネシア系1%
       他に少数の白人(米国人、豪州人が主)など。
主要言語:英語が公用語で、人口の6割弱が話し、政府機関や中等教育
       以上の教育現場、報道、ビジネスといった公共性の高い分野で
       は筆頭言語となっている。ただし首都パリキールや各州都から
       離れるほど英語の通用度は低くなり、チューク語、ポンペイ語、
       ヤップ語、コスラエ語といった現地語が主流になる。
主要宗教:キリスト教(カトリックとプロテスタント諸派が半々)97%
       少数の仏教、バハーイー教など。

[政治・軍事]
独立:1979年5月10日(連邦結成)、1986年11月3日(完全独立)
国連加盟:1991年9月17日
政治体制:共和制、大統領制、連邦国家
元首:大統領
    議会の特別議席(下記)を占める4名の中から議会が選出。
    任期4年。3選禁止。
政府:内閣(首相職なし)
    閣僚は大統領が任命。
議会:一院制の国会
    14議席。直接選挙制(小選挙区制)。10議席は各州の人口に
    応じて配分される選挙区議席、4議席は各州に1名ずつ配分さ
    れた特別議席。任期は選挙区議席が2年、特別議席が4年。
政党制:無党制 (注2)
国政選挙権:18歳以上の国民全て
兵役制度:なし (正規軍なし)
軍組織:小規模な警察隊を除き、軍事力を持たない。
      国防に関してはアメリカが責任を負う。

[経済・その他]
中央銀行:なし
通貨:米ドル (dollar, USD)
国内総生産(GDP):3億2700万米ドル
1人当たりGDP:3235米ドル
GDP構成比:農林水産業10~15%
        鉱工業10~15%
        サービス業70~75% (2011年推計)
労働人口:不明 (3万人前後と推計される)
失業率:不明 (20%前後と推計される)
輸出額:7540万米ドル
輸出品:魚介類、飲料、果物
輸出先:タイ55%、日本18%、中国13%、韓国8%、メキシコ2%
輸入額:7560万米ドル
輸入品:食料品(特に穀物と肉類)、石油製品、機械類、自動車
輸入元:米国32%、日本18%、韓国17%、豪州8%、中国5%
ccTLD:.fm
インターネット利用者数:2.8万人 (2012年)
車両通行:右側通行
国別電話番号:691

(注1)
ミクロネシア連邦を構成する4州は、それぞれが中核となる主島の名を州名とし、主島と民族的・文化的に近い島々で構成される。そのため国勢調査では州民を1つの民族と見なして算出する。だが実際には、ミクロネシア系諸民族のうち約20%は、委任統治時代に定着した日本人の血も引く日系人であり、主にチューク島とポンペイ島で、現地文化に適応しつつ生活している。

隣接するパラオと同様、日系人の社会的ステータスは総じて高く、初代大統領トシオ・ナカヤマ、第7代大統領で現職のマニー・モリは国家の最高指導者を務めたほか、外交官として駐日大使や国連大使を歴任したマサオ・ナカヤマ(トシオの弟)など、政界における影響は特に強い。スポーツ界でもミクロネシア連邦が初出場した2000年のシドニー五輪で、レジナ・ショウタロウが陸上代表として出場した(ここでのショウタロウは名字であり、選手本人は女性である)。

(注2)
伝統的に政党を結成する政治文化が無く、議会選後に近しい主義の議員が集まって緩やかな会派を形成するに留まる。政党の結成そのものは禁止されていない。


《国名の由来》
ミクロネシアという呼び方はMicronesiaという表記をそのままローマ字読みしたものであり、英語ではマイクロネイシア、もしくはマイクロネイジャと発音される。地理的概念である広義の「ミクロネシア(この国以外にもパラオ、マーシャル諸島、ナウルなどを含む)」との混同を避けるため、公式国名か、それを略したFSMと書かれる場合が多い。

ミクロは「極めて小さな、微細な」といった意味の英単語micro(マイクロ)であり、これに島の集合体を表す際に使われる-nesia(ネシア)を合成した地名。ネシアはギリシャ語で「島々」を意味するνῆσος(ネソス)を語源とする。

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter