ロシア

ロシア
Россия (ロシア語)
Russia (英語)

Flag_of_Russia.png

世界最大の面積を持つ国ロシアです。その国土はヨーロッパとアジアにまたがり、国内時間は9時間もの幅があります。かつてはソビエト連邦を構成していた15共和国の1つであり、またその中核として大きな影響力を有していました。1991年に独立してからしばらくは経済的な混乱などで国際的な地位は低下しましたが、混乱が落ち着いた現在は豊富な石油・ガス資源をテコに著しい経済成長を達成し、再び大国への道を歩み始めています。

国旗は17世紀、当時海洋国家として隆盛を誇っていたオランダの国旗を参照したもので、同時期にロシア帝国の国旗となりました。その後ソ連成立に伴い廃止されましたが、1991年に復活。1993年より現在のデザインとなりました。スラヴの大国ロシアが採用した白、青、赤の配色は、現在では汎スラヴ色として他のスラヴ系国家も取り入れています。

国旗の配色は、白が高貴と自由、青が名誉と独立、赤が愛と平等を表すと同時に、ベラルーシ人(白ロシア人・白)、ウクライナ人(小ロシア人・青)、ロシア人(大ロシア人・赤)というロシア系主要3民族を象徴します。しかしこの三色のそもそもの由来は、ロシア帝国の前身であるモスクワ大公国が用いた国章の色だとされています。

縦横比:2対3

【旧国旗】
Russian_B-Y-W_flag.png
1858年、皇帝アレクサンドル2世の時代にそれまでの白、青、赤に替わり黒、黄、白の三色旗が制定されました。これはロシア帝国の国章に用いられていた色でしたが、もとはドイツ系の国章色であり、国民は慣れ親しんだ白、青、赤の旗を使い続けました。

結局この旗はドイツ嫌いのアレクサンドル3世により1883年に廃止され、白、青、赤の従来の国旗が復活しました。

Socialist_Russia.png
ソ連を構成していた15共和国の1つ、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の国旗です。1954年から1991年まで用いられました。ソ連時代の各共和国の国旗はソ連国旗にそれぞれの意匠を盛り込んだものでしたが、ロシアはホイスト側に水色の帯を置いた意匠を使用していました。

ロシアはソ連構成共和国の中でもとりわけ広大だったことから、15共和国の中では唯一、形式的ながら連邦制を敷いていました。つまり、ソ連時代のロシアは「連邦の中の連邦」であり、その中に更に自治共和国などを有していたのです。

Russia_(91-93).png
ソ連からの独立直前に制定された国旗です。かつてのロシア帝国の国旗を復活させた意匠ですが、現在のものとは微妙に異なります。青が薄く、縦横比も1対2となっています。1993年に現在のデザインに移行。


ロシア連邦
Российская Федерация
Russian Federation


Russia-map.gif

統計データは原則として2013年時点のもの。

[地理]
位置:ヨーロッパ、アジア
面積:約1709.8万km² (日本のおよそ45.2倍)
人口:約1億4283万人
首都・最大都市:モスクワ (Moscow)
主要民族:ロシア人81%
       タタール人4%
       ウクライナ人2%
       バシキール人1%
       チュヴァシ人1%
       チェチェン人1%
       他にアルメニア人、アヴァール人、ウドムルト人など。
       総民族数は160以上に及ぶ。ロシア人は全土に広が
       っているが、一般に東部内陸や北極地方に近づくほど
       ロシア人比率は低下し、先住民族の領域となる。
主要言語:ロシア語が公用語で、国民の8割が母語とするほか、
       他言語を母語とする民族も第二言語として習得してい
       る場合がほとんど。他にタタール語、ウクライナ語など
       100以上の言語が話され、ロシア語と並んで地域の
       公用語に指定している自治体も多い。
主要宗教:キリスト教(正教会が大半。一部にカトリックなど)47%
       無宗教38%
       イスラム教7%
       伝統宗教1%
       少数の仏教、ユダヤ教など。

[政治・軍事]
建国:882年(初期国家の成立)、1283年(モスクワ大公国の成立)、
    1547年1月16日(モスクワ大公国が国名に「ロシア」を採用)、
    1721年11月2日(ロシア帝国の成立)
独立:1991年12月25日(ソビエト連邦の崩壊)
国連加盟:1945年10月24日 (原加盟国、安保理常任理事国、注1)
政治体制:共和制、大統領制、連邦国家
元首:大統領
    直接選挙制。任期6年。連続しての3選は禁止。
政府:内閣
    首相と閣僚は大統領が任命。ただし首相の
    任命権行使に関しては、下院の承認が必要。
議会:二院制の連邦議会
    ●連邦院(上院)
     170議席。85の連邦構成主体(注2)の首長と現地議会議長
     が自動的に連邦院議員の資格を得る。連邦院自体に任期は
     無く、各連邦構成主体で行われる地方選の度に改選される。
    ●国家院(下院、ドゥーマとも)
     450議席。直接選挙制(比例代表制)。任期5年。
政党制:統一ロシアによる一党優位制
     (形式上は多党制)
国政選挙権:18歳以上の国民全て
兵役制度:徴兵制
国防費:907億4900万米ドル (2012年)
軍組織:ロシア連邦軍 (核兵器保有国)
     陸軍28万5000人
     海軍13万3000人 (海兵隊9000人を含む)
     空軍16万1000人
     戦略ミサイル軍1万8000人
     空挺軍3万5000人

[経済・その他]
中央銀行:ロシア連邦中央銀行
通貨:ロシア・ルーブル (ruble, RUB)
国内総生産(GDP):2兆967億7400万米ドル
1人当たりGDP:1万4591米ドル
GDP構成比:農林水産業4.2%
        鉱工業37.5%
        サービス業58.3%
労働人口:7529万人
失業率:5.8%
輸出額:5150億米ドル
輸出品:原油と石油製品、天然ガス、石炭、金属製品、宝石と貴金属、木材
輸出先:オランダ12%、中国7%、ドイツ6%、イタリア5%、ウクライナ5%
輸入額:3411億米ドル
輸入品:自動車、機械類、化学製品(薬品など)、穀物と食料品、繊維製品
輸入元:中国15%、ドイツ13%、ウクライナ5%、日本5%、米国4%
ccTLD:.ru
インターネット利用者数:8444万人 (2012年)
車両通行:右側通行
国別電話番号:7

(注1)
ソ連として加盟。1991年のソ連崩壊に伴い、加盟資格を継承。
(注2)



《国歌「ロシア連邦国歌」》
制定:2000年
作曲:アレクサンドル・アレクサンドロフ
作詞:セルゲイ・ミハルコフ
備考:1944-1991年までのソ連国歌と同じメロディ

ロシア、聖なる我らが力よ。
ロシア、愛しき我らが国よ。
確固たる意志、偉大なる栄光は、
そなたの遺産として常にあり。

称賛されよ、我らが自由なる祖国よ。
幾世の兄弟なる民の結束よ。
祖先の与えし民の英知よ!
称賛されよ、我らが国よ! 我ら汝を誇らん!

《国名の由来》
ロシア語ではРоссия(ラッスィーヤ)と表記される。かつてこの地に侵入したスウェーデン系バイキングをルスと総称したが、これが後にルーシ(ルースィ)という民族名・国家名となり、現在のロシア人をはじめとする東スラヴ系の民族の祖先となったという。ルスの語源は古ノルマン語で「(舟を)漕ぐ人」を表すruotsi(ルオツィ)。

ロシアという国名がルーシにより用いられたのは1547年、雷帝イヴァン4世が自らの地位名をそれまでのモスクワ大公からロシア・ツァーリ(Царь、王)に改めてからである。しかしこの時はまだ自称に過ぎず、西欧諸国からは従来通り首都名のモスクワ(Москва、マスクヴァー)が国名として認知されていた。対外的にもロシアという国名が認められたのは1721年、大帝ピョートル1世がロシア皇帝(Император、インペラートル)に即位してからのことである。

公式国名の頭文字を略してРФ(エル・エフ)と表記される場合もある。

旧国名
1283-
1547
 モスクワ大公国
 (露)Великое Княжество Московское
 (英)Grand Duchy of Moscow
1547-
1721
 ロシア・ツァーリ国
 (露)Царство Русcкое
 (英)Tsardom of Russia
1721-
1917
 ロシア帝国
(露)Российская Империя
(英)Russian Empire
1917 ロシア共和国
(露)Российская Республика
(英)Russian Republic
1917-
1918
 ロシア・ソビエト共和国
(露)Российская Советская Республика
(英)Russian Soviet Republic
1918-
1991
 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
(露)Российская Советская Федеративная
   Социалистическая Республика

(英)Russian Soviet Federative Socialist
   Republic

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【タディの国旗の世界】
【駐京雑記】
【ぷらずま式改】
QRコード
QRコード
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Flag counter