ルワンダ

ルワンダ
Rwanda
(ルワンダ語・フランス語・英語)

Flag_of_Rwanda.png

アフリカ中東部に位置する内陸国ルワンダには、古くから独自の王を戴く王国が存在していましたが、19世紀後半から第一次大戦終了まではドイツ、その後はベルギーによる植民地支配を受けてきました。王政自体は植民地統治下で維持されたものの、独立(1962年)前年に廃止され、共和制に移行しました。

以後政情不安が続き、植民地統治下で支配層とされた少数派のハム系ツチ人と、被支配層とされた多数派バントゥー系フツ人の対立が激化。1990年にはルワンダ内戦が勃発し、100万人近い人々が虐殺され、国土は荒廃しました。内戦は1994年に終結し、紆余曲折があったものの、現在では両民族が融和的に復興に取り組んでいます。

現国旗は2001年に新調されたもので、それまでの国旗に存在した赤が排除されています。これは赤が血を表し、内戦を想起させることが理由であり、内戦後のルワンダが平和的に国家建設を行うという決意を象徴しています。配色は青が幸福と平和、黄が国家の発展、緑が繁栄を表します。フライ側上部に置かれた太陽は、国民の団結と啓蒙を象徴しています。

縦横比:2対3

【旧国旗】
Flag_of_Rwanda_(1962-2001).png
1962年の王政廃止に伴い制定された国旗です。ルワンダは同年独立を達成し、2001年までこの国旗を掲げていました。赤、黄、緑の三色は汎アフリカ色ですが、実はこの三色旗は王政時代から既に用いられており、共和制移行に伴い中央にアルファベットのRが追加されました。

赤は独立のために流された血、黄は自由と平穏、緑は希望と信頼を表します。共和制移行により追加された中央のRは、「Rwanda(ルワンダ)はRévolution(革命)後のRéférendum(国民投票)を経て成立したRépublique(共和国)である」という建国の経緯を当時の公用語であるフランス語で表記した際、重要な4語が全てRを頭文字とすることに由来します。


ルワンダ共和国
Repubulika y'u Rwanda
République du Rwanda
Republic of Rwanda


Map_of_Rwanda.gif

統計データは原則として2013年時点のもの。

[地理]
位置:アフリカ
面積:約2.6万km² (四国の約1.4倍)
人口:約1178万人
首都・最大都市:キガリ (Kigali)
主要民族:黒人諸部族がほとんどで、うち8割半をフツ族が、1割強を
       ツチ族が占め、二大民族となっている。他にトゥワ族などの
       小規模な部族が存在し、都市部では極少数の白人やイン
       ド系も居住している。
主要言語:ルワンダ語、フランス語、英語の3公用語。ルワンダ語はフツ
       族とツチ族の双方の共通語であり、国民のほとんどが母語と
       して使用する。また、南隣のルンディ(ルンジ)語との相互理解
       性も高く、同一の言語と見なされる場合もある。フランス語は
       独立以来、政府機関や教育など公共性の高い分野における
       筆頭言語として扱われてきたが、2000年代後半以降は英語
       に取って代わられる傾向にある。東アフリカの共通商用語であ
       るスワヒリ語は公的な地位を与えられていないが、ビジネス用
       語として広く用いられる。
主要宗教:キリスト教(2/3がカトリック。1/3がプロテスタント諸派)93%
       イスラム教(スンナ派がほとんど)5%
       無宗教1%
      
[政治・軍事]
建国:15世紀頃(ルワンダ王国の成立)
独立:1959年7月25日(自治国)、1962年7月1日(正式独立)
国連加盟:1962年9月18日
政治体制:共和制、大統領制
元首:大統領
    直接選挙制。任期7年。3選禁止。
政府:閣僚評議会(内閣に相当)
    首相と閣僚は大統領が任命。
議会:二院制の国会
    ●元老院(上院)
     26議席。12議席は各地方議会が選出。8議席は大統領が
     少数派代表者を任命。4議席は主要政党間の協議で選任。
     2議席は国内の主要大学が選出。任期8年。
    ●代議院(下院)
     80議席。53議席は直接選挙(小選挙区制)で選出。24議席
     は各地方議会が選出。残る3議席のうち2議席は青年層の代
     表者、1議席は障害者団体の代表に割り当てられている。任
     期5年。
政党制:ルワンダ愛国戦線による一党優位制
     (形式上は多党制)
国政選挙権:18歳以上の国民全て
兵役制度:志願制
国防費:7300万米ドル (2012年)
軍組織:ルワンダ国防軍
     陸軍3万2000人
     空軍1000人

[経済・その他]
中央銀行:ルワンダ国立銀行
通貨:ルワンダ・フラン (franc, RWF)
国内総生産(GDP):74億3100万米ドル
1人当たりGDP:703米ドル
GDP構成比:農林水産業31.9%
        鉱工業14.8%
        サービス業53.3%
労働人口:不明 (500万人前後と推計される)
失業率:不明 (5%未満と推計される)
輸出額:5億8400万米ドル
輸出品:鉱石(錫、ニオブ、タングステン、タンタルなど多様)、コーヒー豆、茶
輸出先:タンサ゚ニア22%、ケニア13%、コンゴ民主12%、中国10%、マレーシア9%
輸入額:19億3700万米ドル
輸入品:機械類、石油製品、自動車、鉄鋼、食料品(穀物が主)、化学製品
輸入元:ウガンダ14%、ケニア12%、中国9%、UAE8%、インド7%
ccTLD:.rw
インターネット利用者数:94万人 (2012年)
車両通行:右側通行
国別電話番号:250


《国名の由来》
バントゥー系言語で「千の丘」を表すwanda(ワンダ)に、土地を表す定冠詞Rが付加された国名。その名の通り、国土には小高い丘が多く、起伏の激しい地形をしている。

2003年に制定された現行憲法ではRepublic of Rwandaが公式の英語表記とされているが、それまでは特に規定が無かったため、形容詞を用いたRwandan Republicと書かれることも多かった。

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter