バミューダ

バミューダ
Bermuda (英語)

Bermuda.png

イギリス領バミューダは大西洋上に浮かぶバミューダ島、セントジョージ島、ソマーセット島など、大小140近くの島々で構成されます。伝統的に避寒地として利用され、観光業が盛んな土地ですが、近年は金融業が伸張しており、この2大産業がバミューダ経済を支えています。日本ではバミューダ・トライアングルの3点の1つとして知られるでしょうか。

バミューダは17世紀にイギリスの植民地となったものの、当初から自治政府を持ち、段階的な権限拡大を経て、1968年の独自憲法制定後は国防を除いてほぼ独立国に近い自治権を得ています。1995年には独立を問う住民投票が行われましたが、イギリス領であるが故の特権の関係もあり、独立反対派が多数を占めました。

バミューダの旗は1910年に制定されたもので、イギリスのレッド・エンサインを基調としており、フライ側にバミューダの紋章を配置したデザインになっています。紋章では高波に揉まれる船が描かれた盾を、イギリスの象徴である赤い獅子が持っていますが、これは本来アメリカ大陸に向かっていたイギリス船が難破して偶然バミューダに流れ着いたことで、バミューダの植民地化が始まったという歴史を表しています。紋章は1999年に一回り大きく描かれるようになり、現在に至っています。

縦横比:1対2


バミューダ即ちソマーズ諸島
Bermudas or Somers Islands


Bermuda-map.gif

位置:北アメリカ
面積:約54km² (八丈島より少し小さい)
人口:約6.5万人 (2011年推計)
政庁所在地:ハミルトン (Hamilton)
最大都市:セントジョージズ (Saint George's)
主要民族:アフリカ系黒人55%
       ヨーロッパ系白人34%
       ムラート(黒人と白人の混血)6%
主要言語:英語が公用語
主要宗教:キリスト教67%
       無宗教21%
政治体制:イギリスの自治領
通貨:バミューダ・ドル (dollar, BMD)
主要輸出物:ほぼ化学製品(特に薬品)の再輸出のみ
主要貿易相手:アメリカ、イギリス、カナダ、カリブ海諸国
所得水準:高所得地域
ccTLD:.bm
インターネット利用者数:5.7万人 (2010年)
車両通行:左側通行
国別電話番号:1-441

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter