アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦
الامارات (アラビア語)
UAE (英語)

Flag_of_the_United_Arab_Emirates.png

アラブ首長国連邦(以下、UAE)はアラビア半島東部に位置し、ペルシア湾に面する国です。国土のほとんどは砂漠であり、古くは沿岸で真珠の養殖と小規模な貿易が細々と行われるだけの貧しい地域でした。しかし1960年代よりアブダビで石油生産が始まってから、地域経済は激変。オイルマネーの流入により一気に近代化と都市化が進み、今では世界有数の産油国として非常に高い所得水準と、一定の国際的地位を確立しています。日本の輸入原油も半分以上がUAEと隣国サウジアラビアからのものということで、日本にとって極めて重要な国と言えましょう。最近ではアブダビの石油と共に、中東の金融・情報センター並びに国際貿易拠点として再開発が進むドバイも有名ですかね。

1971年に建国されたUAEは、それまでイギリスの保護領として休戦海岸(トルーシャル・コースト)と呼ばれていた地域にあったアブダビ、ドバイ、シャルジャ、アジュマン、ウンム・アル=カイワイン、フジャイラの6首長国が1つの連邦として統合し、翌1972年に更にラアス・アル=ハイマが加盟することで現在の国土となりました。現在も連邦を構成する7つの首長国には内政面で広範な自治権が与えられており、それぞれが首長(君主)を頂点する絶対君主制のもとで統治されています。一方、連邦政府の権限は通貨や外交、国防といった連邦全体に関わる事項に留まりますが、そもそも連邦政府の要職は首長やその一族が牛耳っているので、連邦政府と各首長国政府が権限で揉める、なんてことも無いようです。

UAE国旗は1971年の連邦結成時に制定されました。赤、白、黒、緑の配色は汎アラブ色と呼ばれ、アラブ世界全体の連帯を表す色としてアラブ諸国によく使われています。UAEの場合、赤はアラブ人は1つの血を持つという思想と殉教者の血を、緑は国土を、白は中立を、黒はイスラムの勝利と石油資源を表します。また同時に、赤はペルシア湾岸の君主が古くから好んで使ってきた伝統色であり、緑はイスラム教を象徴する色でもあります。

縦横比:1対2

【旧国旗】
Trucial_States.png
イギリスの保護領として休戦海岸(Trucial Coast、トルーシャル・コースト)と呼ばれていた頃の旗です。1968年に制定され、1971年の連邦結成まで地域旗として翻っていました。赤は湾岸の君主の伝統色であり、白は平和を表します。中央に置かれた七角形の星は地域を構成していた7つの首長国を意味し、それをイスラムの象徴である緑で彩色しています。

そもそもこの地域が休戦海岸と呼ばれたのは、目立った産業の無いこの地域の首長が、ヨーロッパからアジアに向かうためこの地域を航行していた各国の船に対してたびたび攻撃を仕掛けて略奪を行っていたのを見かねたイギリスが、1835年に各首長らと休戦協定を結んだことに由来します。以後、イギリスは補助金の支給により略奪行為の動機を潰し、なおかつ各首長の内政自治を認めるという条件付きで、19世紀末までに全首長国を保護国化。この体制は1971年の連邦結成まで続きました。

前述のように、ラアス・アル=ハイマだけが1年遅れで連邦に加入していますが、これは海を挟んだ隣国イランとの領土問題から他の首長国との関係がこじれていたためであり、領土問題が解決した1972年に晴れてUAEに加盟しています。


アラブ首長国連邦
الإمارات العربية المتحدة
United Arab Emirates

Map_of_the_United_Arab_Emirates_.gif

統計データは原則として2015年時点のもの。

[地理]
位置:アジア
面積:約8.4万km² (北海道の約1.1倍)
人口:約958万人
都市人口率:85.5%
首都:アブダビ (ア:أبو ظبي 英:Abu Dhabi)
最大都市:ドバイ (ア:دبي‎‎ 英:Dubai)
主要民族:外国籍89%
        南アジア系(インド人、パキスタン人など)45%
        アラブ人(非UAE国籍)25%
        他のアジア系(東南アジア系とイラン人が主)10%
        少数のヨーロッパ系白人、アフリカ系黒人など。
       UAE国籍11%
        アラブ人がほとんど。
主要言語:アラビア語が公用語で、UAE国籍を持つ者のほとんどが
       母語としている。ただし外国人労働者が住民の8割以上を
       占めるため、国籍や民族をまたぐ言語として英語が広く用
       いられており、事実上の共通語となっている。
主要宗教:イスラム教(国教)77%
        スンナ派66%
        シーア派11%
       キリスト教12%
        ローマ・カトリック教会10%
        正教会1%
        プロテスタント諸派1%
       ヒンドゥー教4%
       仏教2%
       無宗教1%
       ※UAE国籍保有者はイスラム教スンナ派の信徒がほとんど。

[政治・軍事]
独立:1971年12月1日
国連加盟:1971年12月9日
政治体制:立憲君主制、君主に実権、7首長国(注1)による連邦国家
元首:大統領
    アブダビ首長が世襲、任期4年、再選制限なし(注1)。
政府:閣僚評議会(内閣に相当)
    首相はドバイ首長が世襲(注1)。
    その他の閣僚は大統領が任命。
議会:一院制の連邦国民評議会(FNC)
    40議席。半数は選挙によって、もう半数は各首長の任命によって
    就任。ただし選挙枠は各首長が承認した選挙人団による間接選挙
    であり、UAE国籍を持っていてもほとんどの住民に選挙権は無い。
    任期4年。
政党制:無党制(政党禁止)
国政選挙権:連邦を構成する各首長により承認された者のみ、FNC議員
        の選挙権を持つ。外国人に参政権は無く、UAE国籍であっ
        てもほとんどの住民は選挙権を与えられない。
兵役制度:志願制
国防費:228億米ドル
軍組織:連邦国防軍
     陸軍4万4000人
     海軍2500人
     空軍4500人

[経済・通信・その他]
中央銀行:アラブ首長国連邦中央銀行
通貨:アラブ首長国連邦ディルハム (dirham, AED)
国内総生産(GDP):3702億9300万米ドル
1人当たりGDP:4万425米ドル
GDP構成比:農林水産業0.7%
        鉱工業49.5%
        サービス業49.8%
労働人口:514万人(うち85%は外国人労働者)
失業率:不明 (5%以下と推計される)
輸出額:3333億米ドル
輸出品:原油と精製石油が6割弱、他に天然ガス、アルミ製品、再輸出品
輸出先:イラン15%、日本10%、インド9%、中国5%、オマーン4%
輸入額:2439億米ドル
輸入品:機械類、金、ダイヤ、宝飾品、自動車、衣類、鉄鋼、医薬品、穀物
輸入元:中国16%、インド13%、米国10%、ドイツ7%、英国4%
固定電話回線数:220万8000回線
携帯電話回線数:1794万3000回線
国別電話番号:971
ccTLD:.ae
インターネット利用者数:約852万人
車両通行:右側通行
平均寿命:77.5歳 (男性74.8歳、女性80.2歳)

[日本との関係]
国交樹立:1972年5月
相手公館:大使館 (東京)
駐日相手国人数:478人 (永住者無し)
相手輸出額:331億9000万米ドル
相手輸出品:原油が7割、他に天然ガス、精製石油、アルミ製品
日本公館:大使館 (アブダビ)
       総領事館 (ドバイ)
在留日本人数:3708人 (永住者90人)
日本輸出額:101億1000万米ドル
日本輸出品:自動車と部品、機械類、ゴム製品、鉄鋼、精密機器、繊維原料
現行条約:1998年 航空協定
       2014年 原子力協定、租税条約

(注1)
構成国の王家は以下の通り
1.アブダビ首長国 (ナヒヤーン家)
2.ドバイ首長国 (マクトゥーム家)
3.シャルジャ首長国 (カーシム家)
4.アジュマン首長国 (ヌアイム家)
5.フジャイラ首長国 (シャルキー家)
6.ウンム・アル=カイワイン首長国 (ムアッラー家)
7.ラアス・アル=ハイマ首長国 (カーシム家)

アラブ首長国連邦(UAE)を構成する各首長国には絶対君主制に基づく内政自治の枠組みが存在しているが、それとは別に連邦全体の体制を定めるUAE憲法が存在し、各首長はUAEの最高意思決定機関である連邦最高評議会(FSC)の構成員となって、共同で連邦政府を運営することとなっている。ただしFSCの決議通過には、連邦予算の8割を負担する産油国アブダビ、同1割の金融交易国家ドバイの両首長の反対が無いことが条件とされており、実質的にはこの両国がUAEの政治を牛耳っている(残り1割は連邦税で補う)。

予算の負担率は連邦政府の役職にも直結し、UAE憲法の規定上は大統領、首相(副大統領を兼任)はFSCによる互選とされているにもかかわらず、実際にはアブダビ首長が大統領、ドバイ首長が首相兼副大統領を世襲することが慣習化している。一方で他の5首長国も、負担無しで莫大な連邦予算の恩恵を享受できる現体制を原則的に受け入れており、反発は特に起こっていないという。


《国歌「祖国よ、永久(とわ)にあれ」》
制定:1971年 (歌詞が付いたのは1996年)
作曲:ムハンマド・アブデル・ワッハーブ
作詞:アリフ・アル=シェイク・アブドラ・アル=ハッサン

生きよ我が祖国、首長国の連邦よ。
汝は民のために生きてきた。
その教えはイスラム、それを導くはクルアーン(コーラン)。
神(アッラー)の名において、我は汝を強くしてきた。
おお、祖国よ。
我が祖国、我が祖国、我が祖国、我が祖国。

神(アッラー)は時代の悪から汝を守る。
我らは造り、働くことを誓う。
誠意ある働きを、誠意ある働きを。
我らは生きる限り、誠実である。
国は安寧を得、旗は永く翻らん。おお、首長国たちよ。
アラブ主義の象徴。
我ら全ては汝に身を捧げ、血を捧げん。我らの魂を捧げん。
おお、祖国よ。

《国名の由来》
アラビア語ではالإمارات العربية المتحدة(アル=イマーラート・アル=アラビーヤ・アル=ムッタヒーダ)と表記される。アラビア半島の7つの首長国で構成される連邦国家であることが由来。アラビアという地名は古代セム系言語(後のアラビア語の源となった諸言語)で「砂漠」や「日没」を表すとされ、アラブはその形容詞である。国名が長いため、الامارات(アル=イマーラート)と略される場合が多い。これは首長国を表すアラビア語の複数形である。

英語では公式国名の頭文字をとってUAEと表記される場合が多い。日本語の略称は存在せず、公式国名をそのまま表記するか、もしくはUAEを使うことがほとんどだが、「ア首連」と表記する文献も一部にはある。

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【タディの国旗の世界】
【駐京雑記】
【ぷらずま式改】
QRコード
QRコード
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Flag counter