アゼルバイジャン

アゼルバイジャン
Azərbaycan (アゼルバイジャン語)
Azerbaijan (英語)

Flag_of_Azerbaijan.png

アゼルバイジャンはカフカス山脈の南に位置し、東部がカスピ海に面する国です。イスラム教を信仰するトルコ系アゼルバイジャン人は、長らくイラン(ペルシア)の支配を受けていたことから、他のトルコ系民族が信仰するスンナ派とは異なりシーア派を信仰しています。近代以降はロシアに支配権が移り、ソ連時代は連邦を構成する15共和国の1つとなっていましたが、1991年にアゼルバイジャン共和国として独立しました。

現在のアゼルバイジャンは産油国として知られ、世界最古の油田とも呼ばれるバクー油田を抱えます。この油田は19世紀から既に採掘が行われており、現在でもアゼルバイジャンの経済において最重要部分を占めています。ソ連崩壊により外国資本の呼び込みが容易になったことから、カスピ海に眠る新たな油田の開発も進められ、今ではアゼルバイジャンの輸出額の実に9割半が石油とその関連製品で占められるようになりました。一方、過度に石油に依存した経済体制に対する危機感も強く、産業の多角化が課題となっています。

1991年にソ連から独立した際に制定されたアゼルバイジャン国旗には、アゼルバイジャン人がトルコ系かつイスラム教を信仰する民族であることがよく表れています。青はトルコ系民族の伝統色、赤は国民の活力と進歩を表し、緑はイスラム教のシンボルカラーです。中央の三日月と星もまたイスラム教の象徴であり、星から放たれる8つの光は、アゼルバイジャンに住むトルコ系主要8部族を示したものです。ちなみに、アルメニアとイランに挟まれた飛び地としてナヒチェヴァン自治共和国という場所がありますが、ここもアゼルバイジャンの領土です。自治共和国独自の国旗は無く、アゼルバイジャン国旗で代用されています。

縦横比:1対2

【旧国旗】
Azerbaijan DR
ロシア帝国の支配を受けていたアゼルバイジャンは、ロシア革命の混乱に乗じて1918-1920年の短期間だけアゼルバイジャン民主共和国の名で独立していました。その国旗の配色は現在と同じですが、月と星が現国旗よりも大きく、またホイスト側へと寄っている点で異なります。1920年の再併合に伴い廃止。

Azerbaijan SSR (★See below)
ソ連を構成していた15共和国の1つ、アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国の国旗です。1952年から1991年まで用いられました。ソ連時代の各共和国の国旗はソ連国旗にそれぞれの意匠を盛り込んだものでしたが、下部に引かれた青線の意味は不明です。


アゼルバイジャン共和国
Azərbaycan Respublikası
Republic of Azerbaijan

Map_of_Azerbaijan.gif

統計データは原則として2015年時点のもの。

[地理]
位置:アジア (ヨーロッパに分類されることもある)
面積:約8.7万km² (北海道の約1.1倍, 注1)
人口:約975万人
都市人口率:54.6%
首都・最大都市:バクー (ア:Bakı 英:Baku)
民族:アゼルバイジャン人(トルコ系)91%
   レズギン人(北コーカサス系)2%
   アルメニア人1%
   ロシア人1%
   タリシュ人(ペルシア系)1%
   少数のアヴァール人、トルコ人、タタール人など。
言語:アゼルバイジャン語が公用語で、国民の9割の母語。他にレ
   ズギン語、タリシュ語、アヴァール語など少数民族の言語。
   都市部ではロシア語も教育・商用語として用いられる。
宗教:イスラム教93%
    シーア派85%
    スンナ派8%
   キリスト教3%
    正教会、アルメニア使徒教会など。
   無宗教3%

[政治・軍事]
独立:1991年10月18日
国連加盟:1992年3月2日
政治体制:共和制、大統領制
元首:大統領
   直接選挙制、任期5年、再選制限なし。
政府:閣僚評議会(内閣に相当)
   首相および閣僚は大統領が任命、ただし議会の承認が必要。
議会:一院制の国民議会
   125議席。 直接選挙制(小選挙区制)、任期5年。
政党制:新アゼルバイジャン党による一党優位制
    (形式上は多党制)
国政選挙権:18歳以上の国民全て
兵役制度:徴兵制
国防費:14億6000万米ドル
軍組織:アゼルバイジャン軍
    陸軍5万7000人
    海軍2200人
    空軍7900人 (防空軍を含む)

[経済・通信・その他]
中央銀行:アゼルバイジャン中央銀行
通貨:アゼルバイジャン・マナト (manat, AZN)
国内総生産(GDP):530億4700万米ドル
1人当たりGDP:5497米ドル
GDP構成比:農林水産業6.0%
      鉱工業:57.9%
      サービス業36.1%
労働人口:490万人
失業率:5.3%
輸出額:155億9000万米ドル
輸出品:原油が8割半、他に精製石油、天然ガス、砂糖、ナッツ類、金
輸出先:イタリア26%、ドイツ13%、インドネシア7%、フランス7%、チェコ6%
輸入額:97億7400万米ドル
輸入品:機械類、鉄鋼、自動車、タバコ製品、小麦、医薬品、宝飾品、家具
輸入元:ロシア20%、トルコ17%、英国9%、ドイツ7%、イタリア6%
固定電話回線数:179万6000回線
携帯電話回線数:1069万7000回線
国別電話番号:994
ccTLD:.az
インターネット利用者数:約603万人
車両通行:右側通行
平均寿命:72.7歳 (男性69.5歳、女性75.8歳)

[日本との関係]
国交樹立:1992年9月7日
相手公館:大使館 (東京)
駐日相手国人数:121人 (永住者10人)
相手輸出額:1億1000万米ドル
相手輸出品:原油が90%以上、他に精製石油と野菜類、金属くず
日本公館:大使館 (バクー)
在留日本人数:53人 (永住者無し)
日本輸出額:94億8500万米ドル
日本輸出品:機械類、自動車、鉄鋼、精密機器、ゴム製品
現行条約:2006年 技術協力協定

(注1)
分離独立状態にあるナゴルノカラバフを含んだ数値。実際には国土の12%に相当する約1.1万km²を、ナゴルノカラバフ独立派並びにそれを支援するアルメニア軍が占領しており、アゼルバイジャンの施政権は及んでいない。


《国歌「アゼルバイジャン行進曲」》
制定:1918年 (ソ連時代は除く)
作曲:ウゼイル・ハジベヨフ
作詞:アフマド・ジャヴァド

アゼルバイジャン!アゼルバイジャン!
ああ汝、英雄たちの祖国よ!
汝のために我ら全ては命を捧げる!
汝のために我ら全ては血を流す!
汝の三色旗の永からんことを!
汝の三色旗の永からんことを!

幾千の命が汝のために犠牲となり、
汝の地は戦場となった!
生を投げ打ち犠牲となった全ての兵は、
英雄となった!

汝の栄華のため、我らは祈る。汝に命を捧げる。
祖国への真の愛が、心から湧き上がる。
汝の栄誉を守るため、
汝の旗を掲げるため、
汝の栄誉を守るため、
全ての若者は備え、構えている!
輝かしい祖国!栄誉ある祖国よ!
アゼルバイジャン!アゼルバイジャン!
アゼルバイジャン!アゼルバイジャン!

《国名の由来》
紀元前4世紀から紀元後3世紀までこの地に存在した古代王国アトロパテンに由来。アトロパテンの名は後にアラビア語やトルコ系諸言語によって転訛してAzərbaycan(アゼルバイジャン)となった。

アトロパテンは「火の国」を意味するが、その由来はこの地がゾロアスター教(別名、拝火教)の起源であるという説や、地中から噴き出した豊富な天然ガスに引火し、絶えず燃え続けている地があるからなど諸説あり、はっきりしていない。

旧国名
1918-
1920
 アゼルバイジャン民主共和国
(ア)Azərbaycan Demokratik Respublikası
(英)Azerbaijan Democratic Republic
1920-
1991
 アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国
(ア)Azərbaycan Sovet Sosialist Respublikası
(英)Azerbaijan Soviet Socialist Republic



★(c) 2009 Nokka CC BY-SA 3.0

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【タディの国旗の世界】
【駐京雑記】
【ぷらずま式改】
QRコード
QRコード
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Flag counter