ハカス

ハカス (ハカシア)
Хакасия (ハカス語、ロシア語)
Khakassia (英語)

Khakassia.png

ハカス共和国はロシア中部に位置し、シベリアの一部を構成します。中央アジアに近く、同地域の住民の多くを占めるトルコ系諸民族(特にキルギス人)とハカス人は近縁とされていますが、宗教的には同地域で主流となっているイスラム教スンナ派ではなく、キリスト教のロシア正教会の信徒です。

共和国の総人口における基幹民族の比率の低さは、ロシアに存在する21の共和国の中でカレリアに次ぐ第2位。基幹民族であるはずのハカス人の割合は12%程度であり、逆に80%近くはロシア人となっています。それだけロシア化が進んだ国というわけですが、逆に言えばハカス人固有の文化の保護が難しくなっており、ハカス語の使用人口は今ではわずか6万人にまで減ってしまいました。

ハカス共和国の国旗にはロシア国旗に使われる三色に、永遠の生命を象徴する緑、森羅万象をつかさどる金色の太陽が配されています。緑地に金色の太陽、という意匠はそのままでもハカス人の民族旗として用いられますが、ロシアの一部であることを表すためにこの三色が付け加えられました。

縦横比:1対2

【旧国旗】
Khakassia_1992-1993.png

ハカス共和国の国旗は1992年に制定されましたが、当初は太陽の色が黒く、また旗の面積の大半を占める三色もロシア国旗と同じ順番に並べられていました。この黒はハカス人が先祖代々受け継いできた民族の知恵を表します。

制定翌年の1993年にまず太陽が金色に変更され、次いで2003年に三色の順番が上から青、白、赤となり、現在に至ります。


ハカス共和国
Хакасия Республиказы
Республика Хакасия
Republic of Khakassia


Khakassia-location.png

連邦管区:シベリア連邦管区
面積:約6.2万km² (ロシア全土の約0.36%)
人口:約53万人 (2010年推計)
首都・最大都市:アバカン (Abakan)
主要言語:ハカス語とロシア語が公用語

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【タディの国旗の世界】
【駐京雑記】
【ぷらずま式改】
QRコード
QRコード
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Flag counter