タタールスタン

タタールスタン
Татарстан (タタール語、ロシア語)
Tatarstan (英語)

Tatarstan.png

タタールスタンはウラル山脈の西方、ヴォルガ川中流に位置する内陸の共和国です。イスラム教スンナ派を信仰するトルコ系民族タタール人は、かつて北アジアからウラル山脈近辺までの広範囲に勢力を広げた遊牧民として知られており、中国や日本でも韃靼(だったん)としてその存在が歴史的文献に残されています。

ロシアを構成する21共和国の中で最大の都市カザンを首都とするタタールスタンは、相対的に人口も多く、経済的にも豊富なエネルギー資源を抱え、石油化学工業を中心に顕著な発展を実現しました。そのためタタール人はロシアに住む少数民族の筆頭格と見なされ、各分野で重要な位置を占めています。ソ連崩壊直前の1990年には分離独立を宣言しましたが、交渉によって1993年にタタールスタン優位の権限分割協定の締結に成功。ロシア残留に同意しながらも広範な自治権を認めさせています。同じく分離独立を目指し、泥沼の紛争に陥ったチェチェンとは対照的ですね。

タタールスタンの国旗は1991年に制定されたもので、タタールスタン政府の公式見解では緑は希望、自由、豊かさを、白は平和、協調、輝かしい未来を、赤は幸せな祖国を築くための戦いと勇気を象徴します。しかし一般には、緑がタタール人、赤がロシア人を表し、白は共和国の二大民族である両者の融和を意味するものと見なされており、タタールスタン政府もこの見方を否定していません。また、緑はイスラム教の聖なる色であり、これを信仰するタタール人の民族色としても知られます。

縦横比:1対2


タタールスタン共和国
Татарстан Республикасы
Республика Татарстан
Republic of Tatarstan


Tatarstan-location.png

連邦管区:沿ヴォルガ連邦管区
面積:約6.8万km² (ロシア全土の約0.40%)
人口:約379万人 (2010年推計)
首都・最大都市:カザン (Kazan)
主要言語:タタール語とロシア語が公用語

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter