コミ

コミ
Коми (コミ語、ロシア語)
Komi (英語)

Komi.png

コミ共和国はロシア北西部、ウラル山脈の西麓に位置する平原にあり、国土の7割近くがタイガと呼ばれる針葉樹林の森、1割半が沼沢地に覆われている自然豊かな地です。この国の森林はヨーロッパ最大の原生林と言われ、1995年には「コミの原生林」の名で世界遺産に登録されました。一方で石油や金などの天然資源が豊富なため、資源開発による環境破壊も進んでおり、コミ政府は経済発展か環境保護かという大きな課題に直面しています。

先住民であるコミ人はフィン系であり、もとはフィンランド人やエストニア人と同系列の民族ですが、中世後期以来モスクワ大公国(後のロシア帝国)の影響下に置かれ、ソ連成立後は服役囚の強制労働先として多くのロシア人がコミの地に送り込まれました。そのため現在、共和国の総人口の約6割はロシア人が占めており、コミ人の比率は2割半にまで低下しています。また文化のロシア化も進んでおり、独自のコミ文化の保護が急務となっています。

コミは1992年に自治共和国から共和国に昇格しましたが、その前年の1991年、ロシア国旗を参照した現在の横三色旗を制定しました。青は空と広大さを、緑は希望と富、コミを覆う原生林を、白は美しい雪国コミと国民の純真さを象徴するもので、北極圏に近いコミの風土を旗全体で表現しています。制定当初の縦横比は1対2でしたが、1997年に現在の2対3に改められました。

縦横比:2対3


コミ共和国
Коми Республика
Республика Коми
Komi Republic


Komi-location.png

連邦管区:北西連邦管区
面積:約41.6万km² (ロシア全土の約2.44%)
人口:約90万人 (2010年推計)
首都・最大都市:スィクトゥイフカル (Syktyvkar、スィクティフカルとも)
主要言語:コミ語とロシア語が公用語

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter