アディゲ

アディゲ (アディゲア)
Адыгей (アディゲ語)
Адыгея (ロシア語)
Adygea (英語)

Adygea.png

ロシア南西部のカフカス(コーカサス)地方に位置するアディゲ共和国は、地理的に近いカバルダ・バルカル共和国のカバルド人や、カラチャイ・チェルケス共和国のチェルケス人と同系統のアディゲ人を基幹民族としています。アディゲ人は後にカフカス先住民と呼ばれるこれらの民族の中でも最も古い歴史を持っており、一説にはアディゲ人から全てのカフカス系民族が派生したといいます。アディゲ人は紀元前8000年頃には既にカフカス地方北西部を拠点に数々の国家を築いており、首都マイコープの近郊には当時の遺跡が数多く存在します。

アディゲ共和国の経済は農業と林業が中心で、麦類や茶、葉タバコなどが栽培されています。肥沃な土壌も手伝って、小規模な領土でありながら生産性も悪くありません。しかしロシアの中でもとりわけ貧しい地域であるカフカス地方に位置し、農林業などの第一次産業以外に特に目ぼしい産業もなく、チェチェン紛争に端を発する地方内の政情不安も相まって、経済的には停滞を続けています。

1992年に制定されたアディゲ共和国国旗は、地色に緑を用い、その中に3本の矢と12の星を描いた意匠となっています。緑はアディゲ人が信仰するイスラム教の聖なる色であると同時に、国土を覆う森林や草木の象徴です。3本の矢はアディゲ人を含むカフカス先住民族を構成する3つの部族を、アーチ状になった9つの星はその中でも有力な貴族階級を、残る3つの星は市民階級を表し、全体でカフカス先住民族の団結を意味します。また、矢は伝統的に平和を表す民族的シンボルでもあります。

縦横比:1対2


アディゲ共和国
Адыгэ Республик
Республика Адыгея
Republic of Adygea


Adygea-location.png

連邦管区:南部連邦管区
面積:約7600km² (ロシア全土の約0.04%)
人口:約44万人 (2010年推計)
首都・最大都市:マイコープ (Maykop)
主要言語:アディゲ語とロシア語が公用語

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter