サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島

サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
South Georgia and South Sandwich Islands
(英語)

SGSSI.png

南アメリカ大陸の南東部、南大西洋に浮かぶサウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島(以下、SGSSI)は、イギリスの海外領土です。1775年にイギリス海軍のジェームズ・クック(キャプテン・クック)により領有が宣言されて以降、同じくイギリス領のフォークランド諸島の一部として統治されてきましたが、1985年に同諸島から分離し、単独の領域となりました。

南極大陸に近く土地は不毛ですが、かつては捕鯨基地として栄え、最盛期の1909年に行われた人口調査では720人の漁民が暮らしていました。しかしその後、捕鯨の禁止に伴い人口はみるみるうちに減少し、現在は限りなく無人島に近い状態にあります。サウスジョージア島の停泊地グリトヴィケンにある各施設の管理者と、極地研究の基地で勤務する研究者以外に住民はおらず、あとは南極周遊船に乗った観光客が時折訪れる程度です。

SGSSIの旗は1985年にフォークランド諸島から分離した際に考案され、1992年に公式に採用されました。イギリスのブルーエンサインを基調とした旗であり、フライ側にはイギリスの象徴である獅子を象った盾に、島のいたる所で見られるオットセイやマカロニペンギン、トナカイを組み合わせた紋章が描かれています。紋章下部のリボンにはラテン語で「獅子(イギリス)は自らの島を守る」と書かれています。

縦横比:1対2


サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
South Georgia and South Sandwich Islands


SGSSI_location.gif

位置:南アメリカ
面積:約3903km² (滋賀県よりわずかに小さい)
人口:30人 (2010年推計)
政庁所在地・最大都市:グリトヴィケン (Grytviken、サウスジョージア島)
主要民族:イギリス国籍の白人
主要言語:英語が公用語
主要宗教:キリスト教
政治体制:イギリスの海外領土
通貨:英ポンド (pound, GBP)
主要輸出物:魚介類、記念品(切手)
主要貿易相手:イギリス
所得水準:未分類
ccTLD:.gs
インターネット利用者数:不明
車両通行:左側通行
国別電話番号:500 (フォークランド諸島と同じ)

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter