ココス諸島

ココス諸島 (キーリング諸島)
Cocos Islands (Keeling Islands)
(英語)

Cocos_(Keeling)_Islands.png

ココス諸島(キーリング諸島)はインド洋に浮かぶオーストラリア領の島々で、大小27の島で構成されます。有人島は政庁が置かれるウェスト島と、最大の人口を持つホーム島の2つのみで、特に最北部に位置するノース・キーリング島という無人島は国立公園に指定されるなど、手つかずの自然を残す努力が続けられています。

17世紀に発見されたココス諸島には、19世紀よりイギリス人がマレー人労働者を連れて上陸し、ココナッツのプランテーション栽培を行わせました。やがて土地の所有権はジョン・クルーニーズ=ロスという人物に移り、長らくロス家の私有地として扱われていましたが、封建的なロス家が敷いた搾取体制は、オーストラリア政府(諸島の法的な管轄者)の怒りを買います。結局、1978年に同政府がロス家から諸島を買収し、その売却益も諸島に寄付させました。以後ココス諸島は売却益をもとに翌1979年に設立された協同組合により運営され、オーストラリアの管轄下で一定の自治を行っています。

ココス諸島の旗は2003年に考案され、翌2004年にオーストラリア国旗と併用する形で採用されました。地色の緑と月は住民の大半を占めるマレー人が信仰するイスラム教の象徴であり、カントン部には島の唯一の特産品であるココナッツの木が配されています。また、フライ側に置かれた南十字星はオーストラリア国旗にも見られる意匠であり、ココス諸島とオーストラリアの繋がりを表します。

縦横比:1対2


ココス(キーリング)諸島地域
Territory of Cocos (Keeling) Islands


location_of_Cocos_Islands_and_Christmas_Island.gif

位置:オセアニア (アジアに分類されることもある)
面積:約14km² (北海道の阿寒湖とほぼ同じ)
人口:約600人 (2011年推計)
政庁所在地:ウェスト島 (West Island)
最大都市:ホーム島バンタム地区 (Bantam)
主要民族:マレー人80%
       ヨーロッパ系白人20%
主要言語:英語が事実上の公用語
主要宗教:イスラム教80%
       キリスト教20%
政治体制:オーストラリアの海外領土
通貨:オーストラリア・ドル (dollar, AUD)
主要輸出物:ココナッツ製品(ほぼコプラのみ)
主要貿易相手:オーストラリア
所得水準:未分類
ccTLD:.cc
インターネット利用者数:不明
車両通行:左側通行
国別電話番号:61 (オーストラリアと同じ)

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【タディの国旗の世界】
【駐京雑記】
【ぷらずま式改】
QRコード
QRコード
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Flag counter