ケイマン諸島

ケイマン諸島
Cayman Islands
(英語)

Cayman_Islands.png

キューバの南方、カリブ海に浮かぶケイマン諸島は、グランドケイマン、リトルケイマン、ケイマンブラックという3つのサンゴ礁の島々から成るイギリス領地域です。1670年の植民地化以降、長らくイギリス領ジャマイカの付属地として統治されていましたが、1962年にジャマイカが独立国となったため、今では単独の自治政府を持つ海外領土となりました。1976年からはオリンピックにも独自に参加しています。

ケイマン諸島は租税回避地(タックス・ヘイヴン)として世界的に有名で、海外の多くの金融企業が形式上の本社をここに置いています。これらの企業は実際にケイマン諸島の領内に会社を構えるわけではなく、書類上の本社所在地を先進国に比べて課税が緩いケイマン諸島とすることで税負担を軽減でき、また人口5万人程度のケイマン諸島にとっても、これらの企業からもたらされるわずかな収入だけでも貴重な外貨獲得源なのです。一方、古くからスキューバダイビングの名所としても知られることから、年間100万人近い外国人観光客が訪れており、観光業は金融業と並ぶ主要産業となっています。

ケイマン諸島の旗は1958年に制定されたもので、イギリスのブルーエンサインを基調としています。フライ側に置かれた紋章は、イギリスを象徴する黄色い獅子、カリブ海を表す盾と領域を構成する3つの島を意味する3つの星、かつての特産品だったロープ、ジャマイカとの繋がりを示すパイナップル(ジャマイカの特産品)、海洋民としての歴史を表す亀で構成されています。紋章の下のリボンには『旧約聖書』の詩篇24の一説「主(神)は海に地の基を据える」が英語で書かれています。

縦横比:1対2


ケイマン諸島
Cayman Islands


Cayman_Islands_location.png

位置:北アメリカ (カリブ海)
面積:約264km² (壱岐島のおよそ2倍)
人口:約5.7万人 (2011年推計)
政庁所在地・最大都市:ジョージタウン (George Town、グランドケイマン島)
主要民族:ムラート(白人と黒人の混血)40%
       アフリカ系黒人20%
       ヨーロッパ系白人20%
主要言語:英語が公用語
主要宗教:キリスト教81%
       無宗教6%
政治体制:イギリスの海外領土
通貨:ケイマン諸島ドル (dollar, KYD)
主要輸出物:再輸出品、船舶(大半がヨット)、魚介類、塩
主要貿易相手:ブラジル、スペイン、アメリカ、フランス、イタリア
所得水準:高所得地域
ccTLD:.ky
インターネット利用者数:約2.3万人 (2009年)
車両通行:左側通行
国別電話番号:1-345

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter