北マリアナ諸島

北マリアナ諸島
Notte Mariånas (チャモロ語)
Northern Mariana Islands (英語)

Northern_Mariana_Islands.png

太平洋西部、ミクロネシア地域に位置するマリアナ諸島は、全域がアメリカの海外領土となっています。しかし領有の経緯や統治制度の違いから、諸島最南端のグアムだけは単独の区画となっており、残る地域がマリアナ諸島の名で統治されています。サイパン島が属する、と言えば日本人にとって一気になじみ深い地となるのではないでしょうか。

南隣のグアムと同様、北マリアナ諸島も観光業が盛んな地で、日本人にもよく知られたサイパン島、テニアン島の美しいビーチリゾートは、多くの外国人観光客(大半が日本人ですが)を惹きつけています。一方、政治的にはカリブ海のプエルトリコと同じく「コモンウェルス」と呼ばれる地位にあり、外交・国防をアメリカ政府に委任しながらも、内政面では高度な自治権を与えられています。

北マリアナ諸島の旗は1981年に制定されたもので、かつてアメリカを施政者とする国連信託統治領だったことから、国連旗と同じ青を地色としています(単に海の象徴とする文献もあります)。中央に置かれた星は自治政府の象徴で、その後ろには先住民であるチャモロ人が建造物の基礎として用いていたというラッテ・ストーンという石が置かれています。この意匠の周辺には、チャモロ文化の神聖な歴史と習慣を意味するマーマーという花輪が置かれています。地色の青は、1989年までは現在より明るいライトブルーでした。

縦横比:20対39

【旧地域旗】
Northern_Mariana_Islands_(1972-1981).png
1972年に制定された初代の旗で、当初は非公式の旗という扱いでしたが、1976年に公式な地域旗として承認されました。白い星とラッテ・ストーンというデザインは現在と同じですが、地色の青が濃く、またマーマー(花輪)もありませんでした。1981年に現在の旗が制定されたのに伴い廃止。


北マリアナ諸島自治領
Sankattan Siha Na Islas Mariånas
Commonwealth of the Northern Mariana Islands


location_of_Northern_Mariana_Islands.gif

位置:オセアニア
面積:約464km² (種子島よりわずかに大きい)
人口:約4.6万人 (2010年推計)
政庁所在地・最大都市:サイパン (Saipan)
主要民族:フィリピン系31%
       中国系23%
       先住民(チャモロ人)22%
       他の太平洋諸島民14%
       混血系5%
主要言語:チャモロ語と英語が公用語
主要宗教:キリスト教が大半
政治体制:アメリカの自治領
通貨:米ドル (dollar, USD)
主要輸出物:繊維製品(主に衣類)
主要貿易相手:アメリカ、日本
所得水準:高所得地域
ccTLD:.mp
インターネット利用者数:不明
車両通行:右側通行
国別電話番号:1-670

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter