ガーンジー

ガーンジー
Guernsey (英語・フランス語)

Guernsey.png

ガーンジーはフランスとイギリスの間にあるチャンネル諸島のうち、ガーンジー島とその周辺にある7つの小島を領域とする地で、イギリス王室の属領です。一般的にはイギリスの領土のように扱われますが、正確にはあくまでイギリスという「国家」の領土(British territory)ではなく、イギリスの「王室」の領土(Crown dependency)です。よってイギリスの法律は適用されず、内政自治権を持ち、外交と国防のみイギリス政府に委託している保護国のようなものと言えます。

ガーンジーはフランスに近く、歴史的にノルマンディー地方(フランスの北西部)の一部とされてきた経緯から、英語と共にフランス語が広く通用します。特産品は園芸品やガーンジー牛からとれる乳製品ですが、同じチャンネル諸島のジャージーと同様、低い税率を利用した金融業が盛んで、世界的には租税回避地(タックス・ヘイヴン)と見なされています。

長らくガーンジー独自の旗は制定されず、イングランド国旗で代用されてきましたが、1985年に新たな旗が導入されました。この旗はイングランド国旗の赤十字の中に金色の十字を組み込んだもので、かつてのノルマンディー公ギヨーム2世がイングランドを征服する戦いに挑む際、当時のローマ教皇アレクサンデル2世に賜った金色の十字架をモチーフとしたものとのこと。ちなみにギヨーム2世は1066年にイングランド征服(ノルマン・コンクエスト)を成功させ、ノルマン朝を樹立。ウィリアム1世と改名して初代国王となり、後のイギリス王室の基礎を築いた人物として知られます。

縦横比:2対3


ガーンジー管区
Bailiwick of Guernsey
Bailliage de Guernesey


Location_of_Guernsey.gif

位置:ヨーロッパ
面積:約78km² (支笏湖とほぼ同じ)
人口:約6.5万人 (2011年推計)
政庁所在地・最大都市:セントピーターポート (Saint Peter Port)
主要民族:イギリス人とノルマン系フランス人がほとんど
主要言語:英語とフランス語が公用語
主要宗教:キリスト教がほとんど
政治体制:イギリス王室の属領
王家:イギリスの王家
通貨:ガーンジー・ポンド (pound, GGP, 注1)
主要輸出物:花などの園芸品、乳製品、農産物(トマトなどの野菜が主)
主要貿易相手:イギリス、フランス
所得水準:高所得地域
ccTLD:.gg
インターネット利用者数:約4.8万人 (2009年)
車両通行:左側通行
国別電話番号:44 (イギリスと同じ)

(注1)
ガーンジー・ポンドの価値は英ポンド(pound, GBP)と等価に固定されているほか、英ポンド自体も日常的に流通している。

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter