キュラソー

キュラソー
Kòrsou (パピアメント語)
Curaçao (オランダ語・英語)

Flag_of_Curaçao

カリブ海に浮かぶキュラソー島は、オランダの自治領です。南米大陸のベネズエラから北へ約60kmの地点にあり、かつては「オランダ領アンティル」という自治領を構成する6島の1つでした。しかし各島の間隔が遠く、一元的な統治が難しいことから、1986年にまずアルバ島が離脱して単独の自治領となり、残る5島も2010年にオランダ領アンティルを解体しました。その際、キュラソー島とシント・マールテン島の2島は単独の自治領になり、残る3島はオランダ本土に編入され、市に相当する基礎自治体となっています。オランダ領アンティルが持っていた国際的地位は、領域の中核的存在だったこの島が継承しました。

産油国ベネズエラに近いキュラソー島には同国の原油を精製・貯蔵する施設が多く、島の経済の中心となっています。また、中心都市ウィレムスタットは街そのものが世界文化遺産に指定されており、カリブ海の美しい海を利用したビーチリゾートも抱えるため、観光資源にも恵まれています。カクテル好きなら、キュラソーという名のオレンジ・リキュールを思い浮かべる方も多いかもしれません。このお酒はキュラソー島で採れるオレンジ皮の成分を原料としており、島にとっては貴重な特産品となっています。

キュラソー島の旗はオランダ領アンティルの一部だった1984年に制定されたもので、同地域解体後も引き続き用いられています。青は海と空を、黄は海岸に降り注ぐ太陽の光を象徴します。カントン部に置かれた2つの星は、主島であるキュラソー島(有人島)と付属島である小キュラソー島(無人島)、または愛と幸福を象徴します。星の形として五稜星が採用されたのは、キュラソー島民が五大陸全ての人々を歓迎する、という意味合いが込められているためです。

縦横比:2対3


キュラソー地域
Pais Kòrsou
Land Curaçao
Country of Curaçao


location_of_Curaçao

位置:北アメリカ (カリブ海)
面積:約444km² (種子島とほぼ同じ)
人口:約14万人 (2011年推計)
政庁所在地・最大都市:ウィレムスタット (Willemstad)
主要民族:ムラート(黒人と白人の混血)とアフリカ系黒人が大半
       少数のヨーロッパ系白人など
主要言語:オランダ語とパピアメント語が公用語
主要宗教:キリスト教91%
       無宗教5%
政治体制:オランダの自治領
通貨:アンティル・ギルダー (guilder, ANG, 注1)
主要輸出物:石油製品、酒類
主要貿易相手:ベネズエラ、アメリカ、ブラジル
所得水準:高所得地域
ccTLD:.cw (注2)
インターネット利用者数:不明
車両通行:右側通行
国別電話番号:599-9

(注1)
アンティル・ギルダーは旧オランダ領アンティル時代の通貨であり、2013年頃に新通貨カリブ・ギルダーを導入する予定。また、ギルダーはフローリン(florin)と呼び換えられることもある。
(注2)
オランダ領アンティルの.anも当面は併用される予定。

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【タディの国旗の世界】
【駐京雑記】
【ぷらずま式改】
QRコード
QRコード
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Flag counter