高知県

高知
Kochi
(英語)

Flag_of_Kochi.png

高知は四国地方の南部に位置する県で、内陸の山間部から沿岸部の平野を経て太平洋に注ぐ数多くの河川を抱えることで知られます。特に中西部を流れる四万十川は日本最後の清流として名高く、その他にも四国最南端であり海を見渡せる岬を抱え、愛媛との県境に日本有数のカルスト台地を持ち、日本の地質百選にも選ばれた鍾乳洞「龍河洞」があるなど、自然が作り出した数多くの絶景が高知を彩っています。

この地はかつて土佐国と呼ばれ、幕末には坂本龍馬をはじめとする多数の名士を生み出しました。明治に入ると薩摩(鹿児島)、長州(山口)、肥前(長崎と佐賀)と共に新政府の人材を輩出し、薩長土肥と呼ばれて近代国家建設の原動力となった歴史を持ちます。戦後連合軍の占領下に置かれた日本を強力なリーダーシップで率い、主権回復に邁進した吉田茂もこの県出身ですしね。一方、現在の高知県は自然が作り出した前述の絶景のほか、地酒や各種野菜、そして一本釣りで全国的に有名なカツオなど豊富な食材・名産品を抱える美食の地としてその地位を確固たるものとしており、幕末の志士揺籃の地であることも相まって、観光業が盛んとなっています。

高知県旗はマルーン(栗色)と呼ばれる赤茶系の地色に、1953年制定の県章を配したものですが、告示等で県旗に関する正式な規定を定めておらず、上記の県旗は慣例的な存在です。この県章は旧名である土佐のひらがな表記「とさ」をを図案化したもので、同時に円形は県民の協力と平和を、中央に突き出た頂点は県勢の向上を表します。公式な見解はそれなのですが、実際にはそのように見ようとするとかなり無理のある図案化であることは、旗章学者をはじめ多くの有識者から指摘されており、「土」と高知の「コ」の図案化とした方が適切、という意見もあります。

縦横比:規定は無いが、慣例的に2対3が用いられる


高知県
Kochi Prefecture


Kochi-map.gif

地方:四国地方
面積:7105km² (日本全体の約1.88%)
人口:約75万人 (2011年推計)
県庁所在地・最大都市:高知 (Kochi)

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter