ニーダーザクセン

ニーダーザクセン
Niedersachsen (ドイツ語)
Lower Saxony (英語)

Flag_of_Lower_Saxony_.png

ニーダーザクセン州はドイツ北西部に位置する州で、バイエルン州に次ぐ国内第2位の面積を持ちます。ニーダー(低い)という言葉が表す通り、南部を除いて州域のほぼ全てが北ドイツ平野の一部であるザクセン低地となっており、その多くにエルベ川やヴェーザー川といった河川が流れることから、古くからその肥沃な土壌で多くの人々が農業を営んできました。広大な州域のほぼ2割が保護区に指定されているこの自然豊かな州は、今でも酪農と畜産を中心に食品産業が発展し、国家の食糧需給を満たすうえで重要な存在となっています。一方で工業大国ドイツらしく、伝統的な造船から現代産業のバロメーターとなっている自動車、そしてハイテク産業である光学、航空、宇宙開発といった分野も基幹産業で、それらの維持・発展に必要な人材を育成する高等教育機関も充実しており、州内のヴォルフスブルクに本社を置くフォルクスワーゲンなど、ニーダーザクセンが生み出した世界的な大企業は非常に大きな影響力を示しています。

中世、この地にはゲルマン系ザクセン人が住み、後に州名の由来ともなりましたが、1つの国家としてまとまることはなく、神聖ローマ帝国時代には多くの領邦に分かれ、統合と分裂を繰り返しながら互いに競い合う状態が続いていました。この情勢は19世紀に入ると変化し、ハノーファー選帝侯の影響力拡大を受け、1806年の神聖ローマ帝国解体、ならびに1814年のナポレオン戦争終結後には、周辺諸邦の多くを併合してハノーファー王国が成立。この地域の大半を領有する強大な国が誕生し、ニーダーザクセン地方にも遅まきながら包括的な枠組みが形成されていきます。しかし、来たるべきドイツ統一後の国家像と主導権をめぐって1866年に勃発したプロイセン・オーストリア戦争(普墺戦争)で、ハノーファーはオーストリア側に付き、敗北。プロイセンは敵対した最後のハノーファー国王ゲオルク5世を廃位したうえ、王国そのものも「お取り潰し」となり、プロイセンの1州として併合することを決定しました。その後、1871年にプロイセンの主導でドイツ帝国が建国してからも、この地の自治は回復されることなく、第二次大戦後の連合国占領時代になってオルデンブルク、ブラウンシュヴァイクといった周辺領域(ブレーメンを除く)が既存のハノーファー州と合併する形で、1946年にようやく現在のニーダーザクセン州が成立したのです。古くからハノーファーを中心とする漠然とした地域感は形成されていたものの、実は第二次大戦後に成立した比較的新しい州なんですね。

州旗はニーダーザクセン州成立5年後の1951年に成立した暫定州憲法の中で初めて制定され、1993年に新しい州憲法が発布された後も引き継がれています。前述のようにハノーファーだけでなく様々な領邦が混在した歴史を持つため、特定の地域のシンボルを用いることなく、地色には黒、赤、黄(金色とも)のドイツ国旗がそのまま流用されています。中央の州章は、かつてこの地の諸邦を統治した数多くの君主が自らのシンボルとして愛用してきた「ザクセンの馬(Sachsenross)」と呼ばれる紋章で、8世紀にこの地を収めたザクセン人の指導者ウィドゥキントが重用したという伝説の馬を、12世紀のザクセン公ハインリヒ3世が紋章として採用したのが由来とされています。ただ地域色の排除に配慮し過ぎた結果、州章を除けばそのまま国旗というあまりに個性の無いデザインとなってしまったため、民間でこの旗が使われることはあまりなく、各地域を収めていた旧領邦の旗が未だに掲げられるケースが多いようです。

縦横比:2対3


ニーダーザクセン州
Land Niedersachsen
State of Lower Saxony


Location_of_Lower_Saxony.png

面積:約4.8万km² (ドイツ全土の約13.34%)
人口:約791万人 (2011年推計)
州都・最大都市:ハノーファー (独:Hannover、英:Hanover)

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【タディの国旗の世界】
【駐京雑記】
【ぷらずま式改】
QRコード
QRコード
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Flag counter