削岩姫と歩む東方叙事詩プレイレポ第1回

旗の解説以外ではお久しぶりの嫁ドリルです。国旗記事は楽しんでいただけているでしょうか。国旗学習を通じた国際理解の、ほんのきっかけにでもなれいれば幸いです。

2012年12月に長男を出産し、1女1男の母となった身。彼女と彼の健やかなる成長を願いつつ、趣味である国旗学習やゲーム、そしてお医者様の許可が出ればお酒についての記事を書いていきたいと思います。

さて今回、新しくカテゴリを新設し、PCゲーム『Civilization4』のMODである「東方叙事詩」のプレイレポでも書いてみようと思います。基本的にこのゲームを知っている人向けなので、Civilization4の詳細な解説は省きますが、一言にするなら国家戦略ゲーム。古代から都市を開発し、周辺に勢力圏を拡大して領土を広げ、時に外交、時に戦争でもって国力を高めていく。そしていずれ巧みな外交によって諸国から認められる国になったり、戦争で恐れられる国になったりして、世界の一等国になると勝利、というのが基本的な流れです。

そのMODである東方叙事詩は、本来実在した様々な国家・指導者を東方Projectのキャラクターに置き換えて進むものです。前述の基礎部分は不変ですが、様々な面で東方の世界観を表現するための改変が行われていて、Civと東方両方好きという人にはたまらない一品となっています。ちなみにCiv開発勢も最初からいろんなMODが作られることを考慮していたようで、複雑なゲームの割にはMOD作成が容易なプログラミングが成されているとのこと。そのあたりは専門外なのでよく分かりませんが。

Civ4ScreenShot0000.jpg
では早速やってみましょう。まずは設定から。本当ならいきなりシングルプレイで、敵国の文明も指導者もランダムでやるのが一番実力がはかれるのですが、やっぱり敵対するなら相手は大物じゃなきゃ嫌だということで、カスタムゲームで敵の文明・指導者をあらかじめ指定しています。いずれもラスボス経験者や、二次創作を含め様々な場でメインをはるキャラばかり。こんな中で、その他大勢のうちの一人に過ぎない衣玖さんは生き残れるのか!?

ついでに他のゲーム設定は文明数がうちを入れて11。マップはフラクタル、すなわちどんなマップが作られるか分からないランダムマップ。蛮族はゲーム進攻の加速を阻害するので無し。敵国の属国化や、仲が良くてしょうがない国と1つのチームになれる永久同盟をありに設定しています。CGEは非導入。

難易度はプレイヤーとAI間に差異の生じない(ハンデが一切ない)貴族。勝利条件は他国全てを併呑する征服勝利、世界の人口と土地の大半を占める制覇勝利(たいてい征服勝利の前にこの条件を満たしてしまいます)、文化が「全盛」になった都市を3つ持つと達成する文化勝利、そして博麗会議(非MODでは国連)の多数票を集めることで世界を代表する国と認められる外交勝利の4つに絞ります。他のは特定の文明がひどく有利なので除外。時間勝利(指定のターン数を終えた段階で最もスコアが高い国が勝利)ぐらいは入れても良かったかなぁ。まぁ後の祭りです。

私が今回操るのは永江衣玖。東方Project内ではそんなに目立つキャラではないのですが、最初に見た時以来一目惚れに近いキャラ愛を持ってしまい、東方叙事詩をプレイする時は一貫して彼女を使い続けています。

Civ4ScreenShot0002.jpg
ロード画面や開始時の細かいところにも東方色が反映されてて楽しいです。確かにボムが無くなってからが本当の実力の発揮しどころですもんね。

Civ4ScreenShot0003.jpg
さて、いよいよゲーム開始です。初期には全ての文明に開拓者(都市をつくるのに必要)が与えられており、少なくとも1都市は作れます。左方に見えるのは斥候で、まだ右も左も分からない、自分たちの都市の周りがどうなってるか分からない段階で、少しずつ探索と地図埋めを助けててくれる存在です。文明によって(紅魔館など)はこれが戦士だったりしますが。

それにしても初期立地に資源が貝2つとはついてません。金でもあればよかったんですが、まぁこればかりはコンピュータのきまぐれ。プレイヤーにはどうしようもないです。文句を言わず、開拓者で都市を立てましょう。

Civ4ScreenShot0004.jpg
最初の都市は龍宮。実は衣玖さんと天子の2人は妖怪の山文明に所属する指導者であり、デフォルト設定だと最初の都市名は妖怪の山、になるのですが、どうにも違和感がぬぐえないうえに、同じ妖怪の山文明の指導者(同じ文明でも敵国は敵国)として東風谷早苗を設定してしまったため、自分で決めます。衣玖さんだし、都市名のどこかに龍は入れたいなぁ。

といったところで今回は終了。まだなーんにも始まってないですが、気ままに書いていきますのでよかったら目を通していただければ幸いです。ではでは。

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter