削岩姫と歩む東方叙事詩プレイレポ第9回

【前回のあらすじ】
永遠亭との戦争を成功裏に収束させ、弱小国と思われていた祖国の秘めたる力を世界に誇示した永江衣玖。領土も戦争前の1.4倍に拡大し、ようやく中堅国の仲間入りを果たした。だが、戦勝の知らせに浮かれる民を温かい目で見守る彼女の脳内からは、愛する臣民のたゆまぬ忠勤の成果を奪い去ろうとする、憎き大国の指導者たちの顔が離れず、未だそれらの国々と渡り合うに足りない己の指導力の無さを、ひしひしと痛感していた。そんな折、祖国の窮地を救う大商人が相次いで誕生したとの一報が届く。「神は我々を見捨ててはいない」。そう確信した衣玖は、今やただ一人、自分を信じ心からの友情を育んでくれた"あの人"に文をしたためる。今こそ手を取ろう、共に生き、そして戦おう、と。

Civ4ScreenShot0145.jpg Civ4ScreenShot0147.jpg
神子ちゃん、早苗と技術取引。神子ちゃんは社会制度に酒の自由を採用し、いち早くビール派に対する対決姿勢を改めたため、態度が一気に好転しました。職業軍人と引き換えに酒主権(神授王権)と火薬、105Gをゲット。属国でさえなければ防衛協定も結びたかったんですけどねぇ。残念です。火薬の入手で騎士と象さんを胸甲騎兵にアップグレード。もう象牙は必要ないため、霊夢との象牙と銅の交換を打ち切る。どうせ鉄を輸出してますし。

ここで獲得した酒主権に職業軍人を付け、親友早苗に転売。いずれも重要技術である活版印刷天文学を入手しました。天文学で龍宮にあるロードス島の巨神像が陳腐化してしまうのは痛いけど、これを取らないと科学的手法から生物学医術のツリーが埋められません。背に腹は代えられないってやつですね。モタモタしてるとシド寿司を他国に取られてしまいます。

373ターン目、2連大商人の2人目が神霊廟に到着。またも2550Gを荒稼ぎ。次ターンで東方技術判定見切りの研究が完了し、やっと3人目の東方ユニットを生産可能に。といっても、もう河城にとりしか残っていませんが。次の研究は科学的手法にすぐ行きたいところですが、民主主義を選択。神子ちゃんが奴隷解放を採用したせいで、旧永遠亭領の各都市で幸福問題が深刻化しており、早目にこちらも奴隷解放を採用しておきたい。

Civ4ScreenShot0149.jpg
酒主権・740Gと引き換えに霊夢が化学をくれるそうな。コストを考えればかなりお得な取引。取りこぼす可能性が濃厚だった技術なので助かります。これで工房の出力が大幅に上がり、工業都市である地龍原と玄龍閣の重要性が飛躍的に高まりました。

Civ4ScreenShot0150.jpg
キャーイクサーンな過去の遺物を背景に、河城にとり生産(胸デカくね…?)。早苗が守谷三人衆をそろえるという珍しいこと(大抵にとりか天子が彼女に取られる)をしてくれたので、有力な内政ユニットが残ってくれました。彼女の初段スペカである河童「スピン・ザ・セファリックプレート」には河童ロボを召喚するという効果がありますが、このユニットは都市で建築中の建造物にハンマーを追加し、生産速度を大幅に早めてくれるという効果があります(その代わり河童ロボは消滅します)。

もちろんこの河童ロボは攻城兵器としても活動できますが、ぶっちゃけ弱いので、最初期を除いてはあんまりそうやって使うことはないですねぇ。最初は1体しか召喚できませんが、使えば使うほど、そしてにとりが成長するほど召喚できる数は増えます。早速ウェストポイントを建造中の地龍原に派遣。

382ターン目、民主主義獲得。奴隷解放を採用。続いて今度こそ科学的手法を研究。ああ、パルテノン神殿が陳腐化してしまう…。でもこれを取らないと医術に行けないので決断。

Civ4ScreenShot0151.jpg
白蓮との技術交換で共通規格を獲得。森林を残したままハンマーを産出してくれる製材所が建築可能になるという微妙な効果ですが、それよりもライフリングにツリーを進められるようになるのがとても大きい。ルネサンス期から工業化時代のユニット大型近代化はまさにこの技術によるものと言ってよく、それに足を掛けておくだけでも意味のある取引だったと思います。向こうはもう鋼鉄も持ってるけどな!

Civ4ScreenShot0152.jpg
ランダムイベント発生。同じビール派の同胞たる天界と妖怪の山で、更に絆が深まる。早苗、いや早苗さん…。あんただけや、うちみたいなんを好いてくれるんは…。外交画面で確認してもデレッデレです。永久同盟後、彼女の足を引っ張ることの無きよう、国力を高めなければ。

388ターン目、科学的手法を獲得。さて石油は…。

Civ4ScreenShot0155.jpg
首都龍宮近辺(海上含む)に3ヶ所。迷いの竹林の北方2タイル目にも1つ発見。意外と黄金立地だった。世界地図を見ると、地霊殿と神霊廟の2ヶ国には全く石油資源が存在しない様子。人間の里には1つありましたが、海上油田のためかなり後にならないと採油できません。輸出に回せる余力があるのは天界、妖怪の山、紅魔館、白玉楼、氷精連合。ただし紅魔館も2つの油田のうち1つが海上のため、余剰分は当分無し。永遠亭の石油は宗主国である人間の里に召し上げられる可能性も高く、両国の従属関係に亀裂が生じるかもしれません。これは良い知らせです。特に地霊殿は味方の少ないお金持ち文明。内燃機関が完成したら売りつけましょう。産油国の強さを見せてやるのです。

396ターン目、相変わらず企業設立願望を持つ者には心臓に悪い、企業設置音が鳴り響く。神霊廟でマイニング社が設立されたもよう。ふぅ…、シド寿司取られたかと思った。ビビらせないでおくれ。

400ターン目、生物学の研究を終了。続いていよいよ医術へ。あと14ターン、なんとしても先行していて欲しい。次ターンで地龍原にウェストポイント建造完了。既に地龍原には英雄叙事詩も作られており、これによってユニットの生産に特化した軍事都市へと変貌を遂げる。

411ターン目、因幡休憩所にて大科学者誕生。以前生まれた大醸造者と合わせ、2度目の黄金期に突入する。そして…

Civ4ScreenShot0159.jpg
414ターン目にして、当初からの目的だったシド寿司社が遂に設立可能に! すぐさま龍宮に設立。あとは銀行を必要数建てて、龍宮にウォール街を作れば、もうお金に困ることはありません。いやぁ~、本当に良かった。これで少なくともユニットのアップグレードは出来るようになります。そのために次はライフリングを研究し、軍を近代国民軍へと再編成します。ついでに社会体制を普通選挙制に移行。

Civ4ScreenShot0160.jpg
次ターン、早苗さんが共産主義の研究を完了。永久同盟が解禁される最初の技術であり、全力で早苗さんにプロポーズ。これまでの数々の熱烈なアプローチの結果、彼女もこれを承諾し、遂に両国が一体化。これで一気に世界トップクラスの連合として国際社会に躍り出ました。うぅ…貢ぎ貢がれ合った関係をひたすら続けて良かった…。これからは2人で頑張ろう! 幸せになろうね!

めでたい知らせと共に第9回は終了。ではではノシノシ。


《属国と永久同盟》
Civにおける国家間連合には大きく分けて2つあり、1つが前からちょこちょこと用語として言及してきた属国。そしてもう1つがこの永久同盟です。両者の決定的な違いは「技術を共有するかどうか」。前者はあくまで個別の国家であり、どちらかが宣戦された場合は宗主国に属国保護義務が、宗主国がどこかに宣戦した場合は属国に共同で軍事行動を実施する義務が生じます(属国には単独宣戦権無し)。

ですが、特に自発的属国の場合はいずれかのタイミングで独立を選択する可能性が常につきまといます。そのうえ双方が持つ技術や資源は互いにひた隠しにする可能性もあり、宗主国が資源譲渡を要求して属国に断られるとすぐさま互いに戦争状態に突入するなど、同盟とはいえギスギスした関係が続きます。当座の味方を得るには都合が良いのですが、自発的属国化の場合にはいつ見切りをつけられるか分からないという恐怖感が宗主国を常に苦しめます。精神衛生上良くないため、国力で自国がよほど上位につけていない限りは、私はこれを持ちかけられても基本的には断りますね。

一方、後者の永久同盟は双方が持つ技術を共有し、締結後も同じ技術を同時に研究すれば双方の研究力を足してより早くなり、諜報力も両国の諜報ポイントの平均値が採られるなど、より一体的なチームとしての性格が濃くなります。こちらは属国協定のように破棄することは出来ず、どちらかが完全に滅亡するか、いずれかの文明が勝利するその時まで、文字通り永久に1つの連合として互いを支え合い続けることになります。

一応、スコアは別々に換算されますが、異なる文明同士が永久同盟を結んだ場合は同盟相手専用のユニットや建造物も自国で生産可能となるなど、非常に強力で堅固に結びついた同盟です。また、永久同盟相手のAIはその後様々な資源を支援物資としてプレイヤーにもたらしてくれるようになり、都市の割譲のような非常に大きな取引を除けばほぼプレイヤーの意向に沿って交易をしてくれるようになります。私はこれを結婚、永久同盟相手の選別を嫁探しと呼んでいます。普通のBtSで相手が男性の場合は婿探しですね。

永久同盟締結には非常に高い壁が複数存在するものの、Civプレイ中に妙に懐いてくれる国がいたら、これを狙ってみるのも戦略的にとても大きな意義があります(永久同盟はBtSのカスタムゲーム特有のシステムであり、無印やWL、またBtSでも通常のシングルプレイでは締結不可能なので注意)。もちろん仲の良いAI同士が結ぶこともあり、その場合は強大な敵が立ち塞がる可能性があることも考慮しなければなりません。自分は特定の国と仲良くし、一方で他国同士の仲は徹底的に裂いておくのが、後半の展開を有利にするポイントと言えます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter