南オセチア

南オセチア
Хуссар Ирыстон (オセット語)
Южная Осетия (ロシア語)
სამხრეთ ოსეთი (グルジア語)
South Ossetia (英語)

South_Ossetia.png

グルジアに2つある未承認国家の1つです。南オセチアはソ連時代のグルジアで自治州を形成していましたが、ソ連末期になると徐々にグルジア国内でグルジア民族主義が勃興。南オセチアでも公用語をグルジア語のみに限定する動きが見られ、更に1990年にはグルジア政府により自治州の廃止が決定されたため、南オセチアの主要民族であるオセット人は反発。1991年に南オセチア共和国の独立を宣言しました。

南オセチアはロシアを構成する21共和国の1つ北オセチア、およびロシア連邦政府からの援助に支えられ、1992年までグルジアと戦い、分離状態の固定化に成功しました。その後もグルジアは南オセチアに対する回収政策を続け、2008年には再び大規模な軍事衝突が発生しましたが、南オセチアの独立は保たれたままです。

国旗は独立宣言の際に制定されたもので、北オセチアと同じデザインのものを使用(縦横比のみ異なる)しています。白は気高く純粋な精神、赤は自由のための闘争、黄は繁栄を表します。南オセチアは北オセチアとの合併を望み、共通のデザインを使用したのでしょう。そのためならロシアへの併合も辞さない態度も示しています。そういえばどことなくロシア国旗にも似ていますね。

縦横比:1対2


南オセチア共和国
Республикæ Хуссар Ирыстон
Республика Южная Осетия
სამხრეთ ოსეთის რესპუბლიკა
Republic of South Ossetia


Map_of_South_Ossetia.gif

統計データは原則として2013年時点のもの。

[地理]
位置:アジア (ヨーロッパに分類されることもある)
面積:約3,900km² (滋賀県より少し小さい)
人口:約5.2万人
首都・最大都市:ツヒンヴァリ (Tskhinvali)
主要民族:オセット人89%
       グルジア人9%
       ロシア人1%
       少数のアルメニア人、ユダヤ人など。
主要言語:オセット語とロシア語が公用語。国民の大半はオセット語を
       を母語として用いるが、ロシア語が民族をまたぐ共通語として
       広く話されており、第二言語として習得している者が多い。他
       にグルジア語など。
主要宗教:正教会に所属するキリスト教徒が大半だが、オセット人固有の
       精霊信仰である「エツェグ・ディン」も民族宗教として重視され、
       影響力は大きい。他に少数のイスラム教、ユダヤ教など。

[政治・軍事]
独立:1991年12月21日(独立宣言)
国連加盟国からの国家承認:4ヶ国
政治体制:共和制、半大統領制
元首:大統領
    直接選挙制。任期5年。3選禁止。
政府:内閣
    首相と閣僚は大統領が任命。
議会:一院制の国会
    34議席。直接選挙制(比例代表制)。任期5年。
政党制:多党制
国政選挙権:18歳以上の国民全て
兵役制度:不明
国防費:不明
軍組織:南オセチア軍
     総数2500~3000人。一部に航空部隊を含むが、大半は陸上
     戦力。国防に関しては実質的に駐留ロシア軍が責任を負う。

[経済・その他]
中央銀行:南オセチア共和国国立銀行
通貨:ロシア・ルーブル (ruble, RUB)
国内総生産(GDP):不明 (1500~2000万米ドルと推計される)
1人当たりGDP:不明 (250~300米ドルと推計される)
GDP構成比:不明
労働人口:不明 (3~4万人と推計される)
失業率:不明
貿易:不明 (大半の物資をロシアに依存)
ccTLD:なし
インターネット利用者数:不明
車両通行:右側通行
国別電話番号:995-34


《国名の由来》
オセット語ではХуссар Ирыстон(フッサール・イリストン)、ロシア語ではЮжная Осетия(ユジナヤ・オセティヤ)、グルジア語ではსამხრეთ ოსეთი(サムフレト・オセティ)と表記される。

カフカス地方にあるオセット人の主要な居住地域をオセチアと呼ぶが、この国はその中の南部を占める(北部はロシア連邦を構成する共和国の1つ、北オセチア・アラニア共和国になっている)。オセットの原義は未詳だが、古グルジア語で「東の地」を表すとする説がある。

オセット語による自称はイリストンで、インド=ヨーロッパ系の単語で「高貴な」を意味するアーリヤに、ペルシア語で「〇〇の土地、国」を意味するstan(スタン)を組み合わせたアーリヤスタンが転訛した名称。イリストンを短縮してイル、と呼ばれることもある。

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter