削岩姫・風祝と歩む東方叙事詩プレイレポ第15回

【前回のあらすじ】
永遠亭の併合は、天界・妖怪の山同盟に世界最大の国家という偉大な地位を与えた。だが緩衝国の役割を果たしていた永遠亭が滅亡したことで、これまで均衡を保ってきた諸外国には動揺と混乱が広がることとなる。人間の里を属国化した超大国星蓮船の動きは、隣接するもう1つの超大国白玉楼を刺激し、かねてより対立しながらも絶妙な均衡により保たれてきた両国間のパワーバランスが崩壊。遂に世界が恐れた二大国による全面核戦争が勃発する。「冷戦から熱戦へ」。各国のマスメディアもこの出来事をセンセーショナルに報道し、幻想郷の人々は恐怖の渦中に身を投げ出される格好となった。しかし、ともすれば幻想郷そのものを破壊しかねない未曾有の危機も、もはや修羅として軍事大国路線に傾倒しつつあった永江衣玖にとっては、好機としか映らなかった。これを静観すれば、肥大化し勢いに乗った勝者はいずれ必ず我が国を標的とし、この実り多き豊かな土壌を焼き尽くすだろう。歴史深き街並みを瓦礫の山とせんがため、愛する臣民に隷属を強いるため、遠くない未来に攻め入ってくるのは目に見えている。なればこそ、そうなる前に、全てを打ち破らなければならない。今のうちにせいぜい争うが良い。だが最後に勝つのは、我々だ…っ!

Civ4ScreenShot0287.jpg
白蓮&映姫様に宣戦後、ただちに国境沿いの要塞に立てこもる歩兵をステルス爆撃機で空爆。そしてピソムに控えていた第1隊を寺子屋へ、その南にいた第2隊を、要塞を経て南西の霧雨店へと出撃させる。ピソム北方のボパールは早苗さんが兵を向けているので無視。今回は二方面戦であり、映姫様にとっては輝夜と組んでいた先の戦争よりも難しいでしょう。

どの道、相手の国土が相応に広いため、部隊を分割して専属の攻撃部隊にしたほうが良い。どっちつかずで右往左往していると、例え兵員数や装備で勝っていても大規模な被害はまぬがれない。

Civ4ScreenShot0288.jpg
ステルス爆撃機で寺子屋の防御を焼き尽くし、第1隊の侵攻を援護する。また、画面右端に見えているように、続々と我が軍の新規ユニットが戦線に投入されようとしている。そんなに層が薄くちゃこの壁はぶち抜けないぜ? 映姫様よ。 それにしてもひじりん核ぶっぱしすぎ。ガンジーIIかいな。

Civ4ScreenShot0289.jpg
あんた邪魔やけんすっこんどれ。一応神子ちゃんがレミに対する防波堤にはなっているものの、あの文化力だけが取り柄の国が軍事特化なレミィに勝てるはずがない。どうでもいい技術を渡して停戦させる。これでゆかりんと神子ちゃんも兵力を集中できるはずです。

しかし一時は1000万人を数えたゆかりんの兵員が、660万人にまで落ちている。反面、我が軍は未だ目立った攻撃を受けておらず、890万人と世界最大の軍を保持。これはいけるで工藤。寺子屋に突撃!

Civ4ScreenShot0290.jpg Civ4ScreenShot0291.jpg
第1隊(現代機甲部隊39、移動式SAM1、自走砲6、東方ユニット3体)が寺子屋を、第2隊(現代機甲部隊24、ガンシップ1、移動式SAM5)が霧雨店をそれぞれ占領! そして早苗さんも国境沿いの都市ボパールを制圧したようだ。白蓮・映姫様部隊に兵を集中させられるようになったゆかりん部隊は強力であり、当分は東に兵を割く余裕は無いだろう。今のうちに取れるだけ取る! 寺子屋北部の都市龍神の石像は、ゆかりんの核で死の灰が舞う不毛の地となったため放置。早苗さんが取りに行くかもしれないけどね。

Civ4ScreenShot0292.jpg
やってくれた…やってくれた喃! 早苗さんの先走りを除いて一貫して核を使わなかった我々に対し、よくも、よくもやりおった喃! 許さん、戦争には戦争のルールっちゅうもんがあるじゃろう! それを貴様らは一方的にやぶった。もう許すことは出来ない。目には目を、核には核を。己の浅はかな戦略を恥じるが良い!

Civ4ScreenShot0295.jpg Civ4ScreenShot0296.jpg Civ4ScreenShot0298.jpg
腹いせに人間の里を人間が住める土地ではない絶望の大地にし、全てを殺戮する用意を進める。先に手を出したのはお前たちだ。先に手を出さない代わり、1発殴られたら10発殴り返せというのがうちの方針なのだよ。決してやってはいけないことをした者に、かける慈悲など無い。

Civ4ScreenShot0299.jpg
人間の里の首都が壊滅。もはや路頭に迷ったわずかな民が廃墟をねぐらにしているだけの場所と化した。まだあと30発ぐらいあるので、次撃たれたらまた撃つ。東方ユニットは核でもなかなか溶けないので苛立たしい。

回復の終わった第1隊が北方の慧音宅、第2隊を南方のラクナウに向けて派遣。

Civ4ScreenShot0300.jpg Civ4ScreenShot0302.jpg
空爆と侵攻、そして占領。この三拍子だけで戦争は充分なのだ。そのリズムを破壊し、我々の民を塵にした奴らを許しはしない。憎しみの連鎖、なんとむなしい事だろう。

ラクナウと慧音宅を占領し、第1隊は首都人間の里へ、第2隊はラクナウ北西の大都市稗田家に向かう。

Civ4ScreenShot0304.jpg
Civ4ScreenShot0305.jpg
稗田家を落としたところで、レミリアから恐喝。核攻撃に次ぐ核攻撃で、共同戦線中の2ヶ国以外からの心象は最悪になっている様子。今介入されるのは得策ではないので、そんなもので良ければくれてやる。

Civ4ScreenShot0306.jpg
首都人間の里の攻防。さすがに小町がいるだけあって固く、防備も他都市より強靭。しかし何も追加できない都市では限界があろう。ヒガンルトゥールのせいでスタックのダメージも看過できないレベルになっているものの、敵はごく少数。平押しにするしかない!

Civ4ScreenShot0307.jpg
制圧! みかねた白蓮が停戦を呼びかけてきたものの、我々の目的は人間の里文明の完全降伏と隷属。それが済むまでは停戦などあり得ません。

というのも、神子ちゃんのような自発的属国とは違い、映姫様は先の戦争での敗戦の結果、白蓮に強制的に属国化されているのであって、出来れば独立したいと考えています。反面、宗主国は属国にしてしまった以上、属国に対する保護義務が生じますが、今回のような二正面作戦の場合はいくら強大な軍を保持していようと、戦力が分散されてなかなかこちらに軍を進められません。強制属国は、属国協定を結んだ時点から換算して国土面積が50%以下になってしまうと、「せっかく属国になったのに、我々を保護してくれてないじゃないか!」ということで一方的に宗主国との縁を切り、独立を宣言します。このわずかな独立期間の隙を付いて、今度はこちらが映姫様を属国化してしまおうという算段です。

Civ4ScreenShot0308.jpg
陳腐化した毛皮以外何もないので放置していた小町のだべり場という都市を早苗さんが占領。これで映姫様の国土は属国協定締結時の62%にまで低下しました。あと12%削れば、白蓮は宗主国の資格を失い、晴れて人間の里は独立国に戻るのです。ヤッタネ☆

Civ4ScreenShot0309.jpg
ん? ここは…。どうやら核で兵士が溶け尽くしたものの、追加生産や補充が出来てない都市のようですね。兵站が断たれると稀に起こりますが、いやはや珍しい。兵が駐屯していない都市は、交戦相手国が兵を進めるだけで制圧できます。ここも早苗さんが行くでしょう。2ターン後、労せず都市を獲得。

Civ4ScreenShot0311.jpg
ここでゆかりん&神子ちゃんには一時戦線を離脱していただきます。AIはプレイヤーより外交画面での取引を先に行うことができるため、独立した途端に映姫様があちらの陣営に取られてしまう可能性が大きい。交戦勢力から外れさえすれば強制属国化は不可能になるうえ、自発的属国もあれだけ仲が悪いと受け入れられないでしょうし、これで映姫様を降伏させる準備は整いました。

Civ4ScreenShot0313.jpg
さあ衣玖さん、やっちゃってください! 雷符「神鳴り様の住処」!

このスペカは都市の建造物を破壊すると同時に、雷が落ちた都市で1ターン限定の都市反乱を引き起こすことが可能です。反乱中の都市は文化圏が大幅に縮小するため、一時的にではありますがかなりの領土を削ることが可能。これを使って1ターンだけ前述の62%を50%以下に落とし、人間の里を独立させます。

Civ4ScreenShot0318.jpg
次ターン、思惑通り人間の里は再独立。そして即座に降伏。属国には宗主国の交戦状態がそのまま適用されるので、人間の里は星蓮船に逆宣戦をすることになりました。紫の桜とかいう都市はぶっちゃけいらないので返還。あとは星蓮船と一時的な停戦を結び、ようやく世界大戦は終結です。

ノ ,リ.; ヮ;ノi 2発撃ったら14発も核が帰ってくるなんて思わなかったんです…。

講和会議の席上、聖白蓮は涙ながらにこう漏らし、許しを請うたという。

Civ4ScreenShot0319.jpg
星蓮船の領土から人間の里に行くためには、どうしても白玉楼の領土を通る必要があります。紫と白蓮の仲は最悪のため相互通行条約など結べるはずもなく、こちらを攻撃するには輸送船を用いて海路を使うしかありません。

しかしそれこそ我々の思うつぼ。衣玖さんの2枚目のスペカは都市に海軍ユニットが駐留する状態で使うと、それらのユニットに「順風」という昇進を付けます。これは海軍ユニットの移動力を+2上げるという、世界一周ボーナスよりも強力な昇進で、これを持つ我々の各種艦艇は颯爽と現れては敵艦艇を攻撃し、また素早く逃げるというヒット&アウェイが可能になるのです。兵をやみくもに進軍させるだけが戦争ではありません。地理を覚え、諸国との関係を考慮し、得意とする分野を大いに伸ばしながら、次の一手を考えることも大切なのです。

唯一、画面下方に三途の河という星蓮船の都市がありますが、停戦に伴い我々に割譲されました。これはもともと人間の里の都市。返還しておきましょう。強制属国からの独立は先ほど述べた保護義務の不履行のほかに、領土と人口が宗主国の50%に達することでも成されますが、現在の人間の里は我が国より遥かに小規模な文明に成り下がっており、面積は12%、人口は6%に過ぎません。この1都市を返したところで、独立など到底無理な話。問題無いですね。

激動の世界大戦を終え、第15回は終了。ではでは~ノシ

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter