削岩姫・風祝と歩む東方叙事詩プレイレポ第16回

【前回のあらすじ】
幻想郷の人々を、いや幻想郷そのものを奈落の底へ葬り去るかと思われた超大国同士の戦争は、緑豊かな大地を不毛な砂漠に、華やかなる都市を瓦礫の山へと変えながらも、天界・妖怪の山同盟が第三勢力として介入することで、何とか終息の日を迎えることとなった。戦後、博麗会議で各国の元首が一堂に会した際、このような凄惨な戦争を二度と引き起こしてはならないと豊聡耳神子事務総長(神霊廟代表)は高らかに主張し、各国の指導者もおおむねその提案に同意する。民の疲弊、経済の崩壊、政情の混乱などそれぞれの国が逼迫した問題を抱えている中にあっては、全ての指導者にとってこれ以上の拡張は不可能だったに違いないと、後に永江衣玖は回想している。だが会議の帰路、"これで平和が訪れるのですね"と、嬉しそうに語り掛ける早苗に頷きつつも、衣玖にはどうしても腑に落ちないことがあった。一見、あまねく平和と安寧を望んでいるように映る事務総長自身が、提案権を有するにも関わらず、一度も核拡散防止条約を提案していないのだ。あの戦争の被害の際たる要因は核兵器のはず。本当に平和で安全で、健やかなる国際環境を構築することを国の銘としているのなら、何故あの恐ろしい兵器の生産を認め続けるのだろう…? その答えは、諜報庁長官より1枚の信じがたい書類が届けられることで、ようやく導き出された。

Civ4ScreenShot0320.jpg
うわぁ…。核こっわ…。あの世界最強の白玉楼軍がこのありさまとは。やはりあのような兵器は使われるべきではありませんね。単独で挑んでたら我々がああなっていたと思うと恐ろし過ぎる。あとひじりんと早苗さんが同じ色で分かり辛い。

星蓮船の本土には核を落とさなかったせいか、終戦後の白蓮の態度が「用心している」に留まっている。相互通行条約を復活させ、再び友好ポイントを稼ごう。白蓮はもう紫を叩き潰すことしか考えられなくなっているようですし。

Civ4ScreenShot0329.jpg
ここで勝利条件画面を見てみる。なんと神霊廟が文化勝利(3都市で文化力75000)に迫ろうとしている。表向きは諸外国と良い関係を保ち、博麗会議を通じて世界の安定を訴え、人々の生活を第一に考える平和主義国家だと思わせつつ、裏では核保有国である白玉楼の保護下でぬくぬくと内政を拡充し、最後には宗主国すら出し抜いて勝利を収めようとしていたのだ! そのために国際機関であるはずの博麗会議(国連)すら私物化し、人類の英知たる国際法を思うが儘に変え、自国に有利な国際環境を作り出していたんだ! 我々が血で血を洗う戦いをしていた時も、高みの見物を決め込んでほくそ笑んでいたに違いない。何が平和のために、だ! 豊聡耳神子め、ようやく貴様の本性が理解出来たぞ!

このような指導者を野放しにしておくことは出来ない。白玉楼に力が無くなった今、妖精の風上にも置けない卑劣な二枚舌国家を討伐するため、かの連合に宣戦布告を行う! そして国際社会の真実と正義を取り戻すのだ! ついでに世界遺産を接収することがあるかもしれないけど、仕方ないよね!!

Civ4ScreenShot0332.jpg
まずは元人間の里の都市ヴァラーナシーを攻略。先の戦争で白玉楼がせしめたものの、文化押しで飛び地となってしまったもよう。現代機甲部隊11、機械化歩兵4、移動式SAM10、ガンシップ1、そして東方ユニット西行寺幽々子というデススタック。これだけの兵力がこの小さな都市に駐留しているということは、必然的に本土の防備は甘い。向こうの最後のメインスタックに敬意を表し、こちらも現代機甲部隊48、河童ロボ18、東方ユニット河城にとりというヘルスタックで侵攻。現代機甲部隊16体と河童ロボ4体を喪失しながらも、無事に制圧。そして守る気が無いので人間の里に押し付ける。無傷のユニットはそのまま北上し、白玉楼本土へ。

Civ4ScreenShot0333.jpg
続いて賽の河原。こちらも元人間の都市。駐留する兵は海兵隊、自走砲、移動式SAMが1体ずつと極めて脆弱。こちらは1体のユニットも失わずに占領し、また人間の里に返しつつ、無事なユニットを本土侵攻部隊へと合流させる。

Civ4ScreenShot0335.jpg
本土侵攻部隊が核の炎に包まれる! だがダメージを受けたのは先の部隊、しかも現代機甲部隊3機のみの囮です。都市に近づいてきたことに焦って先遣隊に撃ったようですが、本隊はその後ろに控えている現代機甲部隊58、自走砲6、機械化歩兵11、衣玖さんと天子ちゃんなり。更にその後ろには、ヴァラーナシー、賽の河原を攻略した後で無傷だったユニットが続々と幽明結界に進撃中。かかったねゆかりん。

またこのターンで神霊廟が白玉楼から独立。なんて卑怯な! ゆかりんが君の安全のためにどれだけの犠牲を払ってきたか分かっているのかね! それを用済みとなるや否や即座に裏切るなんて、よくもそんなことが出来るな! ここはゆかりんとの戦争を早期に終わらせ、神霊廟に差し向けてくれよう。

Civ4ScreenShot0336.jpg
幽明結界占領! 残りの兵で周りの鬱陶しい蝿も潰していく。早く降伏しないかなー。今回の戦争、別にゆかりんを傷付けたいわけじゃなくて、神霊廟を潰すためについでに巻き込まれてるだけだからね。服属して道さえ提供してくれればそれでいい。

Civ4ScreenShot0337.jpg
でもそれはそれとして、さっき我がスタックに核撃ったよね? こちらは先制して使えば楽になるのを分かってて使わなかったのに、そっちは使ったね? だから受け止めて、今の私のこの気持ち(放射性)。

Civ4ScreenShot0339.jpg
なーんとここで、先ほどまで我々と敵対していた白蓮が参戦。早速庭園に見える枯山水という都市を占領してくれました。さっきまでいくら頼んでも首を縦に振ってくれなかったじゃないですかー。一体どういう風の吹き回しです? 白玉楼と星蓮船の歴史的な対立関係を見てると当然かもしれませんが、もっと早くに来てくださいよぉ。

でもまぁ、これで北方戦線は大丈夫でしょう。あとはゆかりんが降伏するまで叩くのみ。同ターン、レミリアがさとり&レティに宣戦。ワイン派内戦なんて知るかっ!それどころじゃねーんだい!

Civ4ScreenShot0359.jpg
大都市マヨヒガ攻防も危なげなく制す。控えていたのは東方ユニット八雲紫ただ1人。確かに強いけど、それだけに都市を守らせるのは危険だぜゆかりん(ヒガンルトゥールで溶けた可能性もあり)。ダメージ受けるとくるりんと回って可愛い。本当にこの作品のグラフィックは凝って作られてます。ただ彼女には弾幕結界というマイナス昇進を敵ユニットに付加するスペカがあり、これを受けると一定期間、ユニットが毎ターンダメージを受けるようになってしまいます。蓄積すると痛いんだこれが。

無事な現代機甲部隊を西隣のハサンルに派遣。衣玖さんは後続部隊の到着まで、ここで負傷した現代機甲部隊&機械化歩兵とお留守番です。ぱっつんぱっつんの衣装で得意のダンスを披露しながら傷ついた兵士のアイドルになっていく衣玖さんマジフィーバー。

南西の程近くに首都白玉楼がありますが、死の灰によって腐海になってるので旨味が無い割に防備がやたら強固であり、兵を使って不良債権と犠牲を生みに行くようなもんなので攻めません。

Civ4ScreenShot0361.jpg
ハサンルも陥落。また北部の西行妖(さいぎょうあやかし)という都市も星蓮船が取り、いよいよかつての巨大帝国瓦解の序曲が鳴り響き始めました。南方で白玉楼の移動式SAMがうろちょろしているため、数ターンの都市防御でこれらを片付けます。

神霊廟に雨のように降らせていたせいで、ICBMがあと1発になってしまった…。お金の力で緊急生産し、15発を新調します。

Civ4ScreenShot0363.jpg
核の雨に耐えきれなかったのか、神子ちゃんが降伏を打診。試しに首都の割譲を要求するも突っぱねられたので戦争継続。生き残りたいという執念があればそれぐらい安いもんだろうに。命を粗末にする奴なんて私が始末してやる。

神霊廟は国庫もカラ、ターン毎の収入も無しという悲惨な状況になってますが、属国文化勝利というどこぞのマンサみたいな手には乗らない。また勝利直前に裏切ろうって魂胆だろう? 君の計略のせいで苦しんでいる、あの八雲紫と同じように。せめて文化勝利にリーチのかかった3都市を滅ぼすまでは続けるよ。絶対に。

Civ4ScreenShot0364.jpg
ハサンルを一瞬取り返されるも、すぐに再制圧。危ない危ない。操作ミスで防衛に充てるはずの兵力まで西進させてしまいました。同ターン、神霊廟の首都が全盛の文化を達成。時間が無くなってきた。

Civ4ScreenShot0365.jpg
早苗さんが人間の里・白玉楼・星蓮船の3文明が交差する地点にあったレンヌを制圧。白蓮も白玉楼北西端に近いバイヨーヌを得ました。

こちらも負けじと神霊廟領に向かう上での前線基地とする桜花結界を占領しました。しかしゆかりん未だ降伏せず。属国を持っていると降伏しにくくなるらしいのですが、もう神子ちゃんは独立したよ? もう無理しなくていい。早く降伏するんだ。じゃないとうちの兵も疲弊してしまう。ところで、なんで映姫様のユニットが小町だけになってんだろ…?

Civ4ScreenShot0366.jpg
なんだこれ面白いwwとか言ってる間に、白玉楼西部の冥界も星蓮船に落とされました。うーん、このままだとゆかりんがひじりんに服属してしまう可能性があります。それはそれで面倒。こちらも攻勢をかけます。予定外ですが、神霊廟領に向かっていた衣玖隊をストップさせ、首都白玉楼に方向転換。ここにいた兵はその多くが星蓮船との国境付近に集結しており、防備は先ほどよりもかなり軽くなっています。

Civ4ScreenShot0367.jpg
窮地の豊聡耳事務総長、ここでまさかの外交勝利決議を提案。こんな時代に投票なんてやってる場合なんですかねぇ…? また誰も通らんよ。旧ワイン勢は内戦やってるけど、反神霊廟の一点だけは何故か一致しておられる(次ターン、本当に誰も通らず廃案に)。

Civ4ScreenShot0369.jpg
白玉楼を占領。やはり今回の被害は結構大きく、折角編成した侵攻部隊が1/3ぐらい溶けてしまいました。でもここまでくれば、ゆかりんの降伏は確定的。緊急生産を更に急がせる締切直前体制(?)を導入し、国家をユニット生産のためだけの装置に変革。

Civ4ScreenShot0372.jpg
試しに同ターンに外交画面を開いてみたら、やっと降伏の2文字を受け入れてくれました(以前言っていた怖い顔がこれ)。ふぅ、なんとか星蓮船より先に降伏和平に持ち込めましたね。これにより我が国は世界人口の40%、陸地の38%を手中に収める巨大帝国に。どうだい? 庇護するより保護されるほうが、温かくて素敵だろう?

また、属国化した白玉楼の道は自国同様に使うことが出来るようになり、本国からのユニット輸送もかなり時間が短縮されます。もちろんゆかりんも神子ちゃんに宣戦。今までの貸し、存分に返してもらって下さいな。

大局面を制したところで第16回は終了。あと3回もあれば終われるかなぁ。ではノシノシ~

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter