削岩姫・風祝と歩む東方叙事詩プレイレポ第19回

【前回のあらすじ】
遂に切って落とされた最終戦争の火蓋。持てる力の全てを注ぎ、過剰なまでの兵力で電撃作戦を決行した天界・妖怪の山同盟と3人の従者は戦況を優位に進め、相次ぐ核の雨にも耐えながら、星蓮船の中核部へと侵入していく。兵も民も、この過酷な時代を生き抜いた全ての者たちに感謝しながら、永江衣玖は自らも勇んで戦場を駆けた。その隣には、愛しく頼もしいいつものパートナーの姿。もはや負けることなどありはしない。心血を賭して築いた大帝国は、幻想郷の輝かしい未来を夢見ながら、今、"歴史"の幕を下ろす。

Civ4ScreenShot0444.jpg
なんと当てにしてなかった人間の里が東岸のイルクーツクを占領。小町の力が大きそうですね。本当に強い。敵にするとキーボードクラッシュしたくなるぐらい腹が立つけど、味方になると頼もし過ぎるぜ!

Civ4ScreenShot0445.jpg
神子ちゃんの次に文化水準が高かったのは早苗さんだったらしい。そういえば妖怪の山も基本的に内政向けな文明だったね。まぁあと2都市全盛になるまでには間違いなくゲーム終わるけど。

第1隊が防衛していたプリズムリバー邸を星蓮船の現代機甲部隊5体が急襲し、各ユニットが傷を負ったので休憩。第2、第3隊はそれぞれ感情の摩天楼サマラに向けて進攻中。

Civ4ScreenShot0446.jpg
うげげ、レッドUFOがいる。星蓮船の固有ユニットであるUFOは原作と同様、レッド、ブルー、グリーン、虹色の4種類が存在します。レッドはスタンダードな攻撃型(略奪不可)、ブルーは略奪型(攻撃不可だが略奪の利益が2倍)、グリーンは都市で少しばかりですが文化を産出でき、またUFOの中で唯一ステルス性能を持つ不可視ユニット、虹色は都市の定住偉人を取り出して使用することが出来ます。レッド~グリーンは封獣ぬえが召喚しますが、虹色だけは固有技術「未確認飛行幻想物体」の開発完了と同時に自動で与えられます。全てのUFOは基本的にヘリコプターユニットとして扱われるものの、グリーンだけは航空ユニットのように都市から都市へ一気に移動(いわゆる基地移動)することも可能。その代わり視界が他のUFOより狭いのが難点、といった特徴があります。

サマラの北東にある、UFOで表示が隠れて読めない都市は信貴山。ようやく広大な星蓮船領の半ばまで来ましたね。そろそろ停戦会議には応じるようになると思うのですが、まだ降伏には遠いでしょう。次の攻撃目標を確認しつつ、まずは眼前のサマラを攻略です。

Civ4ScreenShot0447.jpg
サマラを占領。都市防御中の機械化歩兵は強いですねぇ。現代機甲部隊が徐々に削られてしまってます。東のムルマンスクから戦車が迫ってるので、今度はこちらが防御陣営をとる。

Civ4ScreenShot0449.jpg
感情の摩天楼攻防戦。うっかりステルス爆撃機を北上させるのを忘れていたため、久しぶりに天子ちゃんで都市防御を破壊。以前は乾坤「荒々しくも母なる大地よ」という名前でしたが、レベルが上がると天地「世界を見下ろす遥かなる大地よ」となり、更に最高レベルの現在では「全人類の緋想天」と名前が変わっています。天子ちゃんのスペカ名ってどれもかっこいいよね。

Civ4ScreenShot0450.jpg
悠々と占領。東方ユニットがいると戦闘の気楽さが段違い。向こうにもいる場合はその限りではありませんが、心情的な支えになりますね。

Civ4ScreenShot0453.jpg
ゆかりんのために削っておいてやろうと、前回占領されたブレストに向かったら占領してしまったでござる。空挺部隊1体しかいないとか守る気ありませんな。じゃあ何故攻めた。とにかく白玉楼に返還しておきます。それにしても機体がボロボロ過ぎるw

Civ4ScreenShot0454.jpg
猫の隠れ里も占領。元白玉楼の都市ですが、士官学校があったのでここは返還しない。あと返還すると大階段やプリズムリバー邸などが白玉楼の文化押しに合って使い物にならなくなる恐れもあります(最初の所属国に返還すると一気に文化圏が元の大きさまで広がってしまう)。

Civ4ScreenShot0455.jpg
早苗さんがムルマンスクを占領。ってなんだあの空挺部隊!? マークからして妖怪の山軍のようですが、ムルマンスクの更に東にある法界という港湾都市をぐるりと囲んでいます。早苗さんの戦略は常識に捕らわれないなぁ。

ところで通常のCiv4でも東方叙事詩でもいつも思うのですが、AIって空挺部隊と騎兵隊好き過ぎじゃないですかね。あと海兵隊。個人的にはどれも微妙ユニットなんですが…。たまたま? 群島マップの場合は海兵隊もよく使いますけどね。

Civ4ScreenShot0457.jpg Civ4ScreenShot0458.jpg
元白玉楼の都市ストラスブール、並びに星蓮船中部の港湾都市雲山格納庫を相次いで占領。この間に人間の里がブレスト北東のバイヨーヌという都市も占領しており、超大国星蓮船も瓦解の運びとなる。雲山格納庫には星蓮船の固有施設命蓮寺とジン発祥の碑があり、文化出力は高い。あと1、2都市落として降伏させられそうなら終戦といきましょう(次ターン、早苗さんが空挺部隊の集団で法界を占領。えげつない)。

Civ4ScreenShot0460.jpg
ストラスブール北方の都市夜の空に接近。西隣のマガダンにぬえがいるのが気がかりですが、ここまで来て退却などで出来ません。ここを占領したら和平交渉と行きましょう。それ突撃!

Civ4ScreenShot0461.jpg
2ターン掛かりましたがなんとか夜の空を占領。ぬえの介入も受けず事を進められました。ここにはウイスキー発祥の碑があり、これで我々は龍宮のビール派、香霖堂の蜂蜜酒派、人間の里(都市)の中国酒派、雲山格納庫のジン派、そして夜の空のウイスキー派と、世界7大酒のうち5つの聖地を抑えることになりました。さて、停戦といきますか。

Civ4ScreenShot0462.jpg
聖白蓮、降伏! 世界を牛耳る二大超大国を屈服させ、天界・妖怪の山同盟は名実共に世界の覇者としての地位を確固たるものとしたのです。あの小さくて、弱くて、貧しかった天界が遂に…。感無量。

Civ4ScreenShot0463.jpg
なんか、都市反乱とレジスタンスが鎮圧出来たら制覇勝利出来ちゃいそうですね。人口は既に要件を満たしており、あとは鎮圧後の領土拡大を待つだけ。外交勝利とどっちが早いかな。

Civ4ScreenShot0465.jpg
644ターン目、遂に制覇勝利達成! 旧ワイン勢とついぞ戦うことが無かったのが心残りですが、あそこはレミが抑えるまで延々と内紛やってたので迂闊に手を出せませんでした。紅魔館が軍事面においてどれだけぶっ壊れ性能なのかも解説したかったですねぇ。


Civ4ScreenShot0470.jpg
Civ4ScreenShot0471.jpg
スコアグラフの最終結果はこんな感じ。だいたい永遠亭を飲み込んだ辺りからようやく一人前の国になっていきましたね。経済・生産力も世界トップ。ただ軍事力だけレミの激烈な軍拡によって2位。今やったら陣営全体でも負けそうだなー。そしてなんだこの絶望的な貿易赤字は。アメリカかっ! これ収支に影響するの? だいたい研究80%でプラスを維持できたんだけど。

Civ4ScreenShot0472.jpg
歴史的評価はなんとも微妙。長々とやりすぎたかなー。都市防御からのカウンターであればもう少し兵の損失も少なく済んだかもしれませんが、何せ根っからのせっかちなので、攻撃できそうなところはドンドン攻めちゃいます。おかげで現代機甲部隊は178ユニットも失っていたことが発覚。南無南無。

Civ4ScreenShot0473.jpg
だいたいの国境が決まった頃、天界はこんなにも小さな辺境の国だったんですよねぇ。それが…

Civ4ScreenShot0474.jpg
最終的にこうなるなんて。手当たり次第に取ってったせいで西の国境が複雑になりすぎています。属国にしたから良いようなものの、対等講和だとこの国境線のせいで宣戦を受けていたかもしれません。

今回のプレイ、思い返せばどこからも宣戦布告をされない、非常に恵まれたゲームでした。もっとも、宣戦してくる可能性がある国、もしくは我が国の外交関係をこじれさせる可能性のある国に先立って宣戦して、序盤から中盤にかけて2ヶ国を滅ぼすところまで行ってしまったのが一番大きな要因だと思います。あとは早い時期の永久同盟締結で、妖怪の山さんの技術力と天界の軍事力が合わさり、一気に国力が伸びたことで、宣戦フラグが立ちにくくなったのも理由の1つでしょう。ワイン派3ヶ国の内紛も、帝国志向のレミの対外膨張を抑えるうえで非常に意味があったと思います。正直、輝夜を飲み込む辺りまでは負け回の覚悟もしていたので、後半の「上手くいった」感もひとしお。Civ4の華である戦争ラッシュを堪能できて、とても楽しいゲームでした。

この第19回をもちまして、東方叙事詩プレイレポを終了と致します。キリが悪いな。もし最初から最後まで読んだという物好きな方がおられましたら、ありがとうございます。感激の至りです。今後はまた旗関連記事の執筆に戻りますので、そちらも良かったらご覧になって下さい。ではまた次の記事まで、ごきげんよう~ノシ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter