沿ドニエストル

沿ドニエストル
Приднестровье (ロシア語)
Нистрянэ (ルーマニア語、注1)
Приднiстров'я (ウクライナ語)
Transnistria (英語)

Flag_of_Transnistria.png

沿ドニエストル(ドニエストル川の沿岸)地域はもともとソ連時代のモルダビアの一部であり、ロシア系住民が多く住む地域でした。しかしソ連解体が迫ってきた1990年、モルダビアがモルドバとして独立し、更にはモルドバ人と民族的に極めて近いルーマニアとの統合を目指すと、沿ドニエストル地域は危機感を強め、同じく独立を宣言します。1991年に独立を達成したモルドバは、翌1992年に沿ドニエストルとの戦争状態に突入。しかしロシアやウクライナが支援する沿ドニエストルは独立を守り、現在でも未承認国家として存続しています。

沿ドニエストルは比較的ロシア系住民が多い地域であり、ロシア系住民の権利保護という名目で独立したという側面もあります。しかしそうした名目云々よりは、むしろソ連型の国家体制を維持したいからこそ独立した、と言えます。実は沿ドニエストルの最大民族はモルドバ人ですしね。民族問題というよりは国家体制をめぐる対立なのです。

国旗にもソ連型の体制が如実に表れています。すなわち、この国旗はかつてモルダビア・ソビエト社会主義共和国で用いられていたものとほぼ同じで、ソ連の象徴である鎌と槌、そして星の標章を現在でも使用しています。民間では標章を省くことも多いようですが。

縦横比:1対2


沿ドニエストル・モルドバ共和国 (注1)
Приднестровская Молдавская Республика
Република Молдовеняскэ Нистрянэ
Приднiстровська Молдавська Республiка
Pridnestrovian Moldavian Republic


Map_of_Transnistria.gif

統計データは原則として2013年時点のもの。

[地理]
位置:ヨーロッパ
面積:約4163km² (石川県とほぼ同じ)
人口:約50.8万人
首都・最大都市:ティラスポリ (Tiraspol)
主要民族:ルーマニア系モルドバ人32%
       ロシア人30%
       ウクライナ人29%
       ブルガリア人3%
       少数のガガウズ人、ポーランド人、ユダヤ人など。
主要言語:ロシア語、ルーマニア語、ウクライナ語の3公用語。各民族は
       それぞれの母語を持つが、ロシア語が民族をまたぐ共通語と
       なっており、実質的には筆頭言語として扱われる。
主要宗教:キリスト教(正教会が大半。一部にカトリック)95%
       少数のイスラム教、ユダヤ教など。

[政治・軍事]
独立:1990年9月2日
国連加盟国からの国家承認:0ヶ国
政治体制:共和制、半大統領制
元首:大統領
    直接選挙制。任期5年。再選制限なし。
政府:内閣
    首相と閣僚は大統領が任命するが、議会の承認が必要。
議会:一院制の最高会議
    43議席。直接選挙制(小選挙区制)。任期5年。
政党制:多党制
国政選挙権:18歳以上の国民全て
兵役制度:不明
国防費:不明
軍組織:沿ドニエストル軍
     総数7500人。陸軍と空軍の二兵種で構成されるが、内訳は
     不明。半数以上は陸上戦力と推計される。有事の際の国防
     は事実上、駐留ロシア軍が責任を負う。

[経済・その他]
中央銀行:沿ドニエストル共和国銀行
通貨:沿ドニエストル・ルーブル (ruble, 通貨コード無し)
国内総生産(GDP):不明 (8~10億米ドルと推計される)
1人当たりGDP:不明 (1000~2000米ドルと推計される)
GDP構成比:不明
労働人口:不明
失業率:不明
輸出額:不明 (5億米ドル前後と推計される)
輸入額:
輸入品:不明 (7~9億米ドルと推計される)
貿易相手国:ロシアを含むCIS諸国とモルドバが大半。
ccTLD:なし
インターネット利用者数:不明
車両通行:右側通行
国別電話番号:373-2、373-5

(注1)
通常、ルーマニア語の表記にはラテン文字が使われるが、沿ドニエストルにおいてはキリル文字が使用される。


《国歌「我ら、沿ドニエストルを賞賛せん」》
制定:2000年 (1990年から事実上の国歌。2000年に法制化)
作曲:ボリス・パルメノフ/ニコラス・ボジュコ/ヴィタリー・ピシェンコ
作詞:ボリス・アレクサンドロフ

我ら、沿ドニエストルを賞賛せん。
友愛に満ちた人民の地は、強靭だ。
我らは子が(親に)抱くような愛と共に、
この地と永久に結び付いていこう。
庭園を、工場を、住居を、田畑を、都市を賞賛しよう。
これらは労働に心血を注いだ成果である。
母国の利益のために。

さあ、幾年でも保とう。誇り高き祖国の名を。
我らは自由な共和国に対し、真に誠実であろう。

《国名の由来》
ロシア語ではПриднестровье(プリドニエスローヴィエ)、ルーマニア語のキリル文字表記ではНистрянэ(ニストレニア)、ウクライナ語ではПриднiстров'я(プリドニスローヴィヤ)と表記される。文字通り、ドニエストル川の流域に沿うように領土が広がっていることから。ロシア語の公式国名を略してПМР(PMR)と表記されることも多い。

ドニエストルの由来は、紀元前4世紀頃から紀元後4世紀頃までウクライナ南部で活動していたサルマタイ(サルマティア)人というペルシア系遊牧民の言葉で「近くの川」を意味するダーヌ・ナジャから。

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter