イスラム協力機構

イスラム協力機構
منظمة التعاون الإسلامي (アラビア語)
Organisation of Islamic Cooperation (OIC) (英語)
Organisation de la coopération islamique (OCI) (フランス語)

Flag_of_the_Organisation_of_Islamic_Cooperation.gif

イスラム協力機構(以下、OIC)は、世界各地に存在するイスラム諸国の団結と連携、そしてイスラム教徒に対する抑圧の打破を目指して1969年9月に結成された国際組織です。組織結成の直接の動機は、結成前月の1969年8月21日にエルサレム旧市街の「神殿の丘」と呼ばれる場所にあったモスク(イスラム教の礼拝所)が襲撃され、これに対するイスラム教徒の抗議が世界的な運動として拡散し、にわかに盛り上がりを見せたことで、イスラム諸国の各首脳はこうした民衆の動きを重視し、9月25日にはモロッコの首都ラバトでイスラム教徒の権利防衛を話し合う国際会議を開催。その場でイスラム諸国会議機構(略称は今と同じくOIC)の設立を宣言しました。更に背景には、キリスト教国が大半を占める西側先進国と、そのリーダーたるアメリカでロビー活動を通じて強力な影響力を保持するユダヤ系財閥、そしてその支援を受けるイスラエルに対する根強い反発心も作用し、イスラム世界の団結が急務と考えられていたことも影響していたとされます。1971年にはサウジアラビアのジェッダに常設の事務局(事実上の本部)が、そして加盟諸国の主要都市に各種委員会が設置され、定期的に首脳・外相会談や開催するようになるなど、より国際組織としての形が整うようになり、OICの決議は世界第二の信仰数を誇る巨大なイスラム世界の総意として、国際社会に大きな影響を与えるようになりました。1975年からは国連総会にオブザーバーとして参加することも認められています。

もちろんイスラム諸国の中にもそれぞれの利害があり、イラン・イラク戦争や湾岸戦争など国際的に大きな問題となった事案に関しては、OICとしての統一的な意見表明が出来ない場合も多かったのですが、少なくとも広大なイスラム世界に存在する数々の意見を議論する場としては評価されており、各国の政策をある程度すり合わせ、一定の協調意識を醸成するのに一役買っています。また、OICに属する諸組織の中でもイスラム開発銀行の活躍は目覚ましく、イスラム法(シャリーア)の規定によりインフラや社会基盤の整備のためであれば無利子での融資が可能であることから、貧富の差の激しいイスラム諸国が協力し合って経済発展を実現していくという、OICの活動目的を象徴する機関となっています。組織力の強化も近年は重要な課題となっており、2008年にはセネガルの首都ダカールで開かれた首脳会議で人権拡大、基本的自由の尊重、加盟国政府の統治改善を目指したOIC憲章改正が行われ、2011年には現行のイスラム協力機構へと組織名を改称。過激なテロリズムには反対しつつ、国際社会にイスラム世界の声をより広く発信し、また反映させるための機関として、活動を続けています。

現行のOICの旗は2011年、組織名がイスラム協力機構へと改称されたのに伴い制定されたもので、組織旗としては2代目に当たります。この旗はイスラム教徒の純粋な信仰心と清らかさを表す白地に、全信徒が一生に一度は巡礼するよう義務付けられているメッカのカーバ神殿、地球を表す球儀、そしてイスラム最大のシンボルである月が配された紋章を配したものとなっています。それぞれの意匠にも意味付けが成されており、カーバ神殿は全世界のイスラム教徒の団結を、それを囲む球儀は世界各地に散らばる加盟国が多様な国民性や文化を持つことを、月はイスラム世界の道しるべにして、統一とイスラム防衛の決意をそれぞれ象徴します。球儀と月は緑で彩色されていますが、緑は預言者ムハンマド(マホメット)のターバンの色とされ、イスラム世界で最も神聖視される色です。また、これらの意匠全体で、OICが全世界のイスラム教徒の声を代表して発信する機関であることを示します。

縦横比:2対3

【旧組織旗】
Flag_of_the_Organisation_of_Islamic_Conference.png
1981年に制定された初代OIC旗です。この旗はイスラムの聖なる色である緑を地色とし、純粋な信仰心を表す白い円、敵対勢力との戦いで流された血を意味する赤で描かれた月が配され、その中に戦いの勝利を象徴する黒いアラビア文字で「アッラー(神)は偉大なり」と書かれた意匠でした。また緑、白、赤、黒は伝統的に汎アラブ色と呼ばれる4色で、OICの中でもとりわけイスラム教徒の比率が高く、中核的な存在となっていたアラブ諸国を表す色でもありました。2011年、組織名改称に伴い現行の旗に移行。


イスラム協力機構
منظمة التعاون الإسلامي
Organisation of Islamic Cooperation (OIC)
Organisation de la coopération islamique (OCI)

【加盟国】
Member_states_of_OIC.gif
57ヶ国。後日、大陸別の加盟国一覧を記載予定。
※加盟資格は必ずしもイスラム教徒が多数派の国に限定されてはおら
  ず、少数派でもある程度まとまったイスラム教徒人口があれば、少数
  派たるイスラム教徒への支援を目的に加盟が認められる。

事務局:サウジアラビアのジェッダ (Jeddah, Saudi Arabia)
公用語:アラビア語、英語、フランス語

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter