ガイアナ

ガイアナ
Guyana (ガイアーナ) (英語)

Flag_of_Guyana.png

ガイアナは南アメリカ大陸北東部のギアナ高地に位置する国です。内陸部を中心に国土の大半が未開発の熱帯雨林となっており、人口の90%は首都ジョージタウンなどカリブ海沿岸部に居住しています。そのためガイアナには豊かな自然が数多く残されており、「水源」を意味する国名の通り、国内には幾多の河川・滝が存在します。特に、ナイアガラ滝の5倍(一筋の滝としては世界最大)の落差を持つカイエトゥール滝は世界的に有名で、高地と川という2つの要素が織りなす天然の絶景を見るため、多くの観光客や研究者が訪れます。一方、文化的にはイベリア半島の2大言語(スペイン語とポルトガル語)が主流の同大陸の中で唯一、英語を公用語とし、伝統的にカリブ海の旧イギリス領諸国との深い関係を築いてきました。これはスポーツでもよく表れており、同大陸で絶大な人気を誇るサッカーでは南米サッカー連盟ではなく、北中米カリブ海サッカー連盟に所属しています。そもそもガイアナではサッカーはあまり盛んではなく、イギリスの国技であるクリケットが最も人気であることからも、周辺諸国とは違った特異な文化を持つ国だとわかりますね。

ギアナ地方の主要部は東端のフランス領ギアナを除き、17世紀よりオランダ領ギアナの名で植民地支配を受けてきました。しかしオランダは19世紀初期のナポレオン戦争で本土が疲弊している隙に、最も重要な植民地である東インド諸島(現インドネシア)をイギリスに占領されていたため、それを返還してもらう代わりに、優先度の低いギアナの西部をイギリスに割譲しました。こうして新たにイギリス領ギアナが設立され、これが現在のガイアナとなったのです(ちなみに残ったオランダ領部分は現在、スリナムとして独立)。以後、砂糖の生産地として急速にプランテーション農業が普及し、イギリスは労働力の確保のためアフリカから黒人奴隷を導入。奴隷制廃止後は同じくイギリスの植民地だったインドから大量の移民が遠く離れたこの地に押し寄せました。第二次大戦後、住民の政治的権利が段階的に拡大され、1953年にまずは自治権を獲得。1966年には英連邦王国(独立国ではあるものの、イギリス国王に引き続き自国の元首としての地位を認めている国)として正式な独立を達成し、1970年には独自の大統領職を設置して共和制に移行しました。しかし最大民族であるインド系住民と2番目に大きいアフリカ系住民との間で国家の主導権をめぐる対立が続き、現在でも社会問題としてしばしば取り上げられます。

ガイアナは独立に当たって、アメリカの旗章学者であるホイットニー・スミスに国旗の作成を依頼。スミスの提案したデザインに基づき、1966年の独立と同時にこの旗を国旗として制定しました。この独特な意匠はThe Golden Arrowhead(黄金の矢じり)と呼ばれ、緑は国土の80%以上を占める森林と主要産業である農業を、黄はボーキサイト(アルミニウムの原料)や金といった豊かな鉱産資源を、白は国内を流れる多くの川と水資源を、赤は国家建設にかける国民の情熱を、黒はそのために国民が忍耐強く努力することをそれぞれ表しています。また全体の意匠で、ガイアナが輝かしい未来に向かって邁進する様子を象徴します。国旗としての正式な規格では縦横比は3対5とされていますが、より横長な1対2の比率の旗も海軍旗として認められているとのこと。

縦横比:3対5


ガイアナ協同共和国
Co-operative Republic of Guyana
(コーポレイティヴ・リパブリック・オブ・ガイアーナ)


Map_of_Guyana.gif

統計データは原則として2015年時点のもの。

[地理]
位置:南アメリカ
面積:約21.5万km² (本州より少し小さい)
人口:約80万人
都市人口率:28.6%
首都・最大都市:ジョージタウン (英:Georgetown)
主要民族:インド系44%
       アフリカ系黒人30%
       混血系(白人と黒人の混血が主)16%
       先住民(インディオ)9%
       少数のヨーロッパ系白人、中国系など。
主要言語:英語が公用語で、政府機関、教育、メディアといった公共性
       の高い場では共通語として用いられるが、ほとんどの国民は
       日常言語としてガイアナ・クレオール語を使用する。これは英
       語をベースに、西アフリカとインドの諸言語の語彙が融合した
       クレオール言語である。他に先住民系の言語も一部で用いら
       れる。
主要宗教:キリスト教57%
        ペンテコステ派31%
        ローマ・カトリック教会8%
        聖公会7%
        セブンズデー・アドヴェンチスト教会5%
        メソジスト派1~2%など。
       ヒンドゥー教28%
       イスラム教(スンナ派が大半)7%
       無宗教4%
       少数の仏教、バハーイー教など。

[政治・軍事]
独立:1966年5月26日
国連加盟:1966年9月20日
政治体制:共和制、半大統領制
元首:大統領
    議会選で最も得票率の高かった政党の党首が
    大統領に就任する。任期5年。再選制限無し。
政府:閣僚評議会(内閣に相当)
    首相と閣僚は大統領が任命する。
議会:一院制の国民議会
    65議席。直接選挙制(比例代表制)。任期5年。
政党:人民進歩党と人民民族会議による二大政党制
国政選挙権:18歳以上の国民全て
兵役制度:志願制
国防費:4500万米ドル
軍組織:ガイアナ国防軍
     陸軍900人
     海軍100人
     空軍100人

[経済・通信・その他]
中央銀行:ガイアナ銀行
通貨:ガイアナ・ドル (dollar, GYD)
国内総生産(GDP):30億9700万米ドル
1人当たりGDP:4112米ドル
GDP構成比:農林水産業21.8%
        鉱工業25.3%
        サービス業52.9%
労働人口:32万人
失業率:不明 (10%前後と推計される)
輸出額:11億7000万米ドル
輸出品:金、米、ボーキサイト、貨物コンテナ、砂糖、蒸留酒、魚介類、木材、ナッツ類
輸出先:米国28%、カナダ14%、トリニダード・トバゴ8%、英国6%、パナマ6%
輸入額:15億5000万米ドル
輸入品:機械類、精製石油、有機化合物、医薬品、自動車、小麦、乳製品
輸入元:韓国31%、米国19%、トリニダード・トバゴ14%、中国6%、日本3%
固定電話回線数:15万4000回線
携帯電話回線数:54万3000回線
国別電話番号:592
ccTLD:.gy
インターネット利用者数:約31万人
車両通行:左側通行
平均寿命:68.5歳 (男性65.4歳、女性71.5歳)

[日本との関係]
国交樹立:1967年6月6日
相手公館:無し (駐中国大使館が兼轄)
駐日相手国人数:15人 (永住者5人)
相手輸出額:580万米ドル
相手輸出額:ボーキサイト、銅くず、家畜、蒸留酒、木材
日本公館:無し (駐トリニダード・トバゴ大使館が兼轄)
在留日本人数:9人 (永住者2人)
日本輸出額:5330万米ドル
日本輸出額:自動車と部品、機械類、鉄鋼、ゴム製品、有機化合物
現行条約:2005年 技術協力協定


《国歌「親愛なるガイアナ、川と平原の国」》
制定:1966年
作曲:ロバート・ポッター
作詞:アーチバルド・ルーカー

親愛なるガイアナ、川と平原の国。
太陽と河川の恵みは、山々と海の間に、
宝石の如き麗しの土地を生み出した。
そなたの子供たちは称える。
親愛なる自由の地を。

緑豊かなガイアナ、我らの英雄たる保証者と自由の地。
彼らの骨はこの国に眠る。
神聖なるその土壌は、我々を生んだ。
全ての息子たちの母は、自由なるガイアナである。

偉大なるガイアナ、多様な出自を持つ我らは、
犠牲となった英雄たちの苦痛を受け継ぐ者として生まれた。
我らは、英雄たちがついぞ見ることのなかった栄光を手にした。
それは6つの人民(注1)が、統一と自由のもと、
1つの土地で結ばれていることだ。

《国名の由来》
もとはイギリス領ギアナ(British Guiana)と呼ばれていたが、独立に伴いガイアナ(Guyana)に表記を改めた。ギアナ、ガイアナも共に先住民アラワク族の言葉で「水が豊富な地」や「水源」を表す。その名の通りガイアナ国内には熱帯雨林を分けるように無数の河川や滝が存在する。

公式国名にある「協同」とは、協同組合制を軸にしたガイアナ独自の社会主義のことで、独立以来、首相や大統領として権力を握り続けたフォーブス・バーナムの基本政策だった。しかし1985年にバーナムが死去し、そのような政治体制ではなくなったため、協同を外した「ガイアナ共和国」が使用される場合もある。ただし憲法改正等の公的な手続きを経て正式に国名を変更したわけではないため、公式国名はあくまでもガイアナ協同共和国である(国民議会でも協同が用いられている)。

旧国名
1966-
1970
 ガイアナ
(英)Guyana


(注1)
ガイアナ国民を構成する6民族、すなわちインド系、アフリカ系、混血系、先住民(インディオ)、ヨーロッパ系、中国系を指す。

コメント

非公開コメント

プロフィール

嫁ドリル

Author:嫁ドリル
国旗と酒をこよなく愛する関西女。
カイロ、ドバイ、カルガリー駐在員を経て、現在は関東で働きながら旦那と1女1男の4人暮らし中。

国旗に関しては、まずは基礎知識カテゴリを熟読して下さい。

ツイッターやってます。基本的に更新情報はここでつぶやいてます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外部リンク
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Flag counter